ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > カナダの歴史と政治 > トピック一覧 > 緑の党のメイ党首が婚約

カナダの歴史と政治コミュの緑の党のメイ党首が婚約

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 カナダ緑の党のエリザベス・メイ党首(64歳)が11月26日、婚約を発表した。お相手は、ブリティッシュコロンビア緑の党で活動しているジョン・キダー氏である。
 キダー氏は、ニューファンドランド&ラブラドル州ラブラドル市で生まれた。スーパーマンの恋人ロイス・レインを演じた女優マーゴット・キダー(2018年5月13日自殺)は、姉妹に当たる。2011年連邦議会総選挙では自由党からオカナガン-コキハラ選挙区に、2013年ブリティッシュコロンビア州議会総選挙では緑の党からフレイザー-ニコラ選挙区にそれぞれ立候補し、落選している。妻に先立たれ、3人の子と4人の孫がいる。
 メイ党首はコネチカット州ハートフォードに生まれ、1972年ノバスコシア州マーガリー・ハーバーに移住した。セント・フランシス・ジャビエル大学中退、ダルハウジー大学法科大学院で法学を、セント・ポール大学で神学を学び弁護士の資格を持つ。市民運動で注目され、2006年から緑の党党首、2011年には同党から当選した最初の下院議員となり、当選2回。娘が1人、継子が3人、孫が7人いる。

 メイ党首は、照れながら語った。
「独身の知人たちに、もう何回も言われました。『これは私に希望を与える』と。」
 二人が出会ったのは、メイ党首がキッダー氏の選挙応援のためブリティッシュコロンビアへ行ったのがきっかけだった。彼はメイ党首を「あらゆることがかわいらしい」と感じたという。二人はすぐに意気投合したが、メイ党首はブリティッシュコロンビアに滞在することは少ないし、休みは月に1日あるかないかだという。
 キッダー氏は「あなたの休日には、いつでもどこでも私はそばにいる」と約束し、ブリティッシュコロンビア州アシュクロフト在住にもかかわらず、彼女の休日には必ず会いに行き、10月にプロポーズしたという。
 メイ党首はバンクーバー島のサーニッチ-ガルフ諸島が選挙区だが、本土に住む婚約者のため選挙区を変えることはしないと語った。

 今年はメイ党首にとって、大きな出来事の多い年になった。キンダー・モーガン・パイプラインに反対するデモに参加し、工事現場から5メートル以上接近してはならないと命じられたにもかかわらず接近し、3月23日に逮捕され、5月28日侮辱罪と法廷侮辱罪で罰金1500ドルの有罪判決を受けた。
「私を連行した警官がとてもやさしかったので、彼にバージンロードをエスコートしてもらおうかと考えました。でも娘は、それは自分の役目だと言っています。」
 二人は、2019年4月22日に挙式する予定である。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

カナダの歴史と政治 更新情報

カナダの歴史と政治のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。