ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 馬が好き! > トピック一覧 > 18年度もワクワクがとまらない...

馬が好き!コミュの18年度もワクワクがとまらない!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

山形から3年ぶりに関東復帰、カミサンからは「また観たくない競馬を観せられるのね」とうんざりされながら、娘に「録画した番組を観るから」と問答無用にチャンネルを変えられようとも、毎回ダメダメな予想が続いても競馬へのワクワクはとまりません。
18年度も充分に競馬を楽しみましょう。

コメント(44)

今週はG1が2レース。今日4月14日は、私の大好きな障害レースの中山グランドジャンプが行われます。
早速予想ですが本命はアップトゥデイト。3月に行われた阪神SJを逃げて圧勝。中山GJも大逃げを打てば、順調さからオジュウチョウサンに勝つことも可能では。
対抗はオジュウチョウサン。当レース2連覇、重賞8連勝中。スタミナあり飛翔も上手。死角は大障害から直行で休養明け。体が緩んでいる可能性あり。
直線大逃げを打ったアップトゥデイトにオジュウチョウサンが一気に伸びて来てゴール鼻差の決着、と言う予想でこの二頭両頭共に負けることは想像出来ず、二,三着候補は筆頭サイレンデューク、マイネルクロップ、ニホンピロバロン。
なんとか天気も持ちそうで良いレースが期待出来そう、オラァ、ワクワクすんぞ。
いやぁ、オジュウチョウサンは強かった。アップトゥデイトは出脚が伸びず鼻に立つまで一寸苦労。鼻切っても大逃げを打てず随時後ろからつつかれ、レース運びも辛すぎ。
かたやオジュウチョウサンはスタートポンと出て好位置の3,4番手で終始そつなく進み、最終コーナー廻るころから追い出し直線は追う毎に伸び、2着のアップトゥデイトに大差でゴール。パドックはパッとしない感じだったのにあれは王者の風格、全くどんだけ強いんだ。結局人気通りに決着で障害レースの勢力図は変わらなさそう。
中山最終日、4月15日に皐月賞が行われます。
風はもう強く吹いており雨の状況次第では、コースの状態も最悪かも。
今回先行馬が結構いて、通常ならハイペースかスローペースの両極端でも、差し脚鋭い差し馬を買うのですが今回は。
本命はタイムフライヤー、調教も良く母父からパワーは受けついているはず、馬場が荒れる予測で選択。
対抗はオウケンムーン、血統的には長距離ですがオヤジと母父から重になれば直線で鉈の様に徐々に伸びるのでは、最近の有力な共同通信杯優勝馬。
単穴はジャンダルム。マル外で父親は判りませんがカーチャンがビリーブで母父はお馴染みサンデーサイレンス。きっとパワーとスピードを兼ね備えているはず。
連下はワグネリアン、サンリヴァル、ジェネラーレウーノ。
ステルヴィオは父がロードカナロアで基本マイラーと思います。2000はギリギリ、普通なら本命ですが、大きく馬場が荒れる予想なので瞬発力がある差し馬は切りで。
皐月賞は、基本の馬場予想自体が大きく外れ雨は止み芝はやや重。
アイトーン、ジュンヴァルロ、ジェネラーレウーノの大逃げも予想外。
先行4番手を駆けるエポカドーロが実質逃げている展開で、直線そのまま脚を伸ばし勝利。
6番手を追走していたサンリヴァルが2着、先行して粘ったジェネラーレウーノが3着。
今回強さが光ったジェネラーレウーノはこの後も注目、 ステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルは上り後方から34.8秒の脚を使い4,5,6着で一寸記憶に留めておきます。
私の本命、対抗、単穴のタイムフライヤー,オウケンムーン,ジャンダルムは現段階での力の差でしょう。
さて、春の天皇賞の予想です。
本命はトーセンハジル、斬れる瞬発力はないですがじりじり伸びる脚は、スタミナ勝負になれば活きるのですは。
対抗はシュバルグラン、瞬発力+スタミナで実績も上位。懸念は前走大阪杯の惨敗、ステイヤーとしては2000mは短すぎたのか。
単穴アルバート、斬れる脚はないですが長い良い脚を使うのが魅力。G2大将で超ステイヤーですがスタミナ勝負になれば出番あり。
連下はレインボーライン、クリンチャー、チェスナットコート。
淀はダンスインザダークの血ですが今回ヤマカツライデンとアルバートの2頭。ヤマカツにはいくら単騎で行けそうとはいえ家賃が高そうで、アルバートに期待です。
さて、今回は海外競馬クイーンエリザベス鏡ぅップが香港シャティン競馬場で行われます。
私の本命はタイムワープ、スタートして直ぐコーナーは内の逃げ馬に有利。同厩舎が他に2頭出走しており、外から被せられるのを防いでくれそうで最有力。
対抗はダンビュライト。ゲートを上手く出で前に付けマイペース行ければ押切れるのでは、瞬発力勝負は分が悪いのでベリー騎手の手腕が鍵。
単穴ゴールドマウントで末脚確実らしい。スタート出がわるいピンハイスターや気持ちにむらがあるパキスタンスター同じく折合いが難しいアルアインよりは、素直なレースが出来るのでは。
連下は先にあげたピンハイスター、パキスタンスター、アルアイン。
ゴールデンウィークも競馬を大いに楽しみましょう。
私事で宮城県の実家に帰っております。所用もあり手短に先週のレースから振り返りたいと思います。
シュヴァルグラン は先団4,5に着け絶好のポジション。パドックで1番良く見えたレインボーラインは後方待機、クリンチャーはシュヴァルグランをマークする位置。直線に入りシュヴァルグランが馬群から抜け出しそのままゴールかと思われたら、最内からレインボーラインが上がって来てシュヴァルグラン の首差先着、岩田騎手の好騎乗が光り見事勝利も右前肢球節後面の腱・靱帯損傷の疑いがあり経過観察中。
無事である事を祈ります。
シュヴァルグランは勝つ競馬をして一歩及ばず、今回はレインボーラインに上手く乗られた感があり巻き返しは充分あり。3着クリンチャーはシュヴァルグランをマークする形で、直線良く追い上げたのですが前の2頭にはまだ及ばないと言うところでしょうか。
私の本命トーセンバジルはクリンチャーと同じ位置にいながら届かないので、距離も長く力差もあったのでしょうか。
クイーンエリザベス鏡ぅップはタイムワープとダンビュライトが遣り合う形で逃げには苦しい展開、最内パキスタンスターがその後に着け先行し直線タイムワープとダンビュライトが力尽きたところを悠々抜け出して勝利、2着は外目を追い上げてきたゴールドマウント、3着ノーマークのイーグルウェイとなりました。
両レースとも結局予想はダメダメでした。
色々と用事を済ませいたら、NHKマイルカップの発走が刻々と近づいてきました。
早速私の予想を、本命はタワーオブロンドン。重賞2勝、G1朝日FS3着。このメンバーなら実力上位、無理して皐月に出走しなかったのも好感がもてます。
対抗カツジ。トライアルのニュージーランドトロフィーを出遅れながら外目を長く良い脚を使い勝利。後方からの差すレースも出来る事みせ注目
単穴パクスアメリカーナ。この馬も追って長く良い脚を使うので府中向きでは、左回りが課題と厩舎コメントも新馬戦1回では分からす。意外と良く走るかも
連下はテトラドラクマ、プリモシーン、ロックディスタウン。
連休最終日ですが、大いに競馬を楽しみましょう。
今日は朝から色々あり、もう12時45分。手短に先週の結果を。
NHKマイルカップ、後方2頭目を追走していたケーアイノーテックが直線に入ると大外を怒濤の追い込みで牛蒡抜きし勝利。2着ギベオンは先行して粘り、3着レッドヴェイロンは中団後方から差して来ました。私の本命、対抗、単穴は馬群の中で前が開かず行き場がなくそのまま沈みました。
では懲りずにヴィクトリアマイルの予想を。
本命はアエロリット、府中とは相性が良く先行して粘り込み出来るスタミナあり
対抗はリスグラシュー。瞬発力があり斬れる末脚大外も包まれず追走出来そう。
単穴はミスパンテール、4連勝中で勢いあり。オヤジがダイワメジャーなのがちょい不安。
連下、レッツゴードンキ、ソウルスターリング、アドマイヤリード
天候が良くないですが競馬を楽しみましょう。
ヴィクトリアマイルは天候雨、馬場は稍重。カワキタエンカの逃げで淀みない流れ、私の本命アエロリットは先行して3、4番手を進行。直線で一旦は先頭、然し中団を追走していたジュールボレールが抜け出し勝利、2着は後方から最速の上がりをマークしたリスグラシュー、3着はレッドアヴァンセ。
私の本命、対抗、単穴は4着以降。馬場が合わないとかより力の差ではないでしょうか。
今日、5月20日は娘とかみさんが遊びに行ったため、家事をしながらため手短にオークスの予想を。
本命はリリーノーブル。桜花賞のレースを観たときからこいつと思っていました。
対抗はサトノワルキューレ、距離実績あり斬れは少々落ちますが長くいい脚を使えるのが魅力。
単穴はラッキーライラック。世代屈指の実力あり、スーと先行して直線無理なく抜け出すレースセンスの良さが買い。
連下はアーモンドアイ、バイオニアバイオ、オールフォーラブ。
快晴で洗濯して布団を干したので、これから競馬を楽しみます、あ、掃除するの忘れてた!
5月27日は日本ダービーがあるので、オークスは早めに振り返ります。
パドックでのアーモンドアイは少々気合い乗りすぎの様に観え、発汗も他馬より一寸多そう。ラッキーライラックは桜花賞と同等の気配だ。
そう思った私は早速リリーノーブルを頭で馬券を購入。しめしめ、アーモンドアイは直線ととかず〜、で3着以下だと美味しい。とゲスの考えを浮かべゲート前の輪乗りを観るとあれあれ??何でアーモンドアイはこんなに落ち着いているの?
ゲート入りも各馬すんなり。スタートもポンと出て好位置につくし、レース中の折り合いも文句なし。
直線リリーノーブルが抜け出し先頭に立つも、あっさり追い抜かれ2馬身も差をつけられるしまつ。
桜花賞で見せた瞬発力とロードカナロアを父に持つことで、2400mは長いと思いましたが、驚異の強さをアーモンドアイには見せられました。
第85回東京優駿が5月27日に行われす。
早速私の予想を。
本命はジェネラーレウーノ、皐月賞では大逃げの先団にいながら、直線良く粘り3着。皐月賞では1番強いレースをしたのではないでしょうか。
対抗はワグネリアン。オヤジから受け継いだ斬れる差し脚、皐月賞は馬場が脚質に合わなかったか。良馬場でCコースなら直線で差し脚炸裂。
単穴ステルヴィオ、トップギアに入る早さで父親譲りの差し脚。重の皐月賞で4着なら良馬場で一層伸びるのでは。
連下は、エポカドーロ、ダノンプレミアム、ブラストワンピース。
エポカドーロは馬場と展開に恵まれた感のある皐月賞ですが、何かサニーブライアンに被るんで押さえる必要あり。ダノンプレミアムとブラストワンピースは調教を観る限り人気がでるのは当然。
ダノンプレミアムは3か月弱の休養明け、勝っても当然だが距離が長くても当然。
ブラストワンピースは3連勝ながらもレース経験も3レース。能力は経験の浅さを補えるか。
競馬の祭典を多いに愉しみましょう!! 
予想でも書きましたが、5月26日(土)の競馬番組で放映された日本ダービー出走馬の調教を観たら、ダノンプレミアムとブラストワンピースが良い脚を使っていたのでやっぱりこの2頭かと思ったのですが。
当日5月27日(日)のパドックではダノンプレミアムは気合いが入りすぎ、気性的にスプリンターかマイラーでしょうか?
ブラストワンピースはいい感じでしたが、経験が浅いせいか思ったほど斬れなかった感じでもしかするとパワータイプ。
私の本命ジェネラーレウーノもワグネリアンもステルヴィオもパドックでは雰囲気良かったのですが。
ゲート入りも特に嫌がる馬も無くスタートも大きく出遅れる馬もなく、第一角を回る時にはエポカドーロが鼻で番手にジェネラーレウーノが着き各有力馬達は先団を走る。四角回るまではこれは取れると思ったのですが、直線に入ってずるずる後退するジェネラーレウーノ。粘るエポカドーロに追い上げるワグネリアン、福永騎手念願のダービー騎手となるに相応しい叩き合い。
1着ワグネリアンと2着エポカドーロ、いやぁ3着に来たコズミックフォースを拾えると予想屋冥利に尽きるのですが、ダメダメな予想でしたがキタサンブラックもダービーはダメダメだったので秋に期待です。
今日6月3日は府中で安田記念が行われます。5〜7歳が馬券に絡む率が高く人気馬同士の決着が少ない、荒れるG1の1つ。
そこで私の本命はスワーヴリチャード。斬れる差し脚、連対率100%の東京競馬場。初めての距離ですが、大阪杯の勝ち方から1600mに短縮しても大丈夫では。
対抗はリスグラシュー。後方追走して追い出して長く良い脚を使うのが魅力、マイルの実績も府中との相性も良く狙い目充分。
単穴はペルシアンナイト。前走の大阪杯はスワーヴリチャードより上がり0.4速く、マイルはベストの距離。のり代わりが多い馬ですが今回鞍上の川田騎手とは2連対。
連下は、サングレーザー、レッドファルクス、アエロリット
これから梅雨が始まりますが、今日は晴天競馬を大いに楽しみましょう。
レーヌミノルがスタート良く鼻に立ちレースを引っ張るのかと思いきや、ウインガニオンが押して先頭に立ちます。速いペースのレース展開、馬群はかたまり進みます。直線に入り横一列で一斉にスパート、スワーヴリチャードとアエロリットが馬群から抜け出し叩き合いするなか、内から上がって来たモズアスコット、スワーヴリチャードとの追い比べを制したアエロリットを追い抜いて一着。全くノーマークでした。
対抗のリスグラシューも単穴のペルシアンナイトも差し脚が伸びずに八着と六着とダメダメでした。
ロシアワールドカップ予選でコロンビアに2対1でまさかの勝利、今日のセネガル戦に勝利すれば予選通過も濃厚になりサポーターの方々は盛り上がっていると思いまが、夏競馬唯一のG1第59回宝塚記念が阪神競馬場で行われます。
多くの競馬ファン、最大関心事項は馬場。いったい馬場状態はどうなのかだと思います。当然馬場状態で取捨選択が大きく変わってくる今回のメンバー。
阪神昨日まで雨のため馬場は重、然しレースの時計は平均的で馬場が荒れた感が無かった気がします。夕方から雨が止み今日はやや重、これからの天気に依っては良まで回復するのでは。
そこで私の本命はサトノクラウン。道悪巧者で馬場が回復したらマイナスの感がありますが、斬れより力が優先されると思います。人気もいい感じでなく狙い目。
対抗はヴィブロス。距離は少々長い感がありますが、牝馬がよく絡む宝塚。ディープインパクト産駒ながら斬れよりもパワータイプて馬場は合うと思います。
単穴ワーザー、21年ぶりの外国馬参戦。香港2000m以上の重賞で好成績、緩い馬場も得意と言う事で馬場がこのままなら一層狙いが立つのでは。
連下はサトノダイヤモンド、ゼーヴィント、パフォーマプロミス
昨日から高配当が続出、夏競馬も大いに楽しみましょう。
6月24日晴れで迎えた第59回宝塚記念。馬場はやや重の発表だが、昨日の夕方から雨が上がり影響なし。
ゲートが開き一斉にスタート、サイモンラムセスの逃げレース展開は遅めでやや団子状態で進軍。ミッキーロケット中団最内、中サトノクラウン、外サトノダイヤモンドで後ろにノーブルマーズ。4角からダイヤモンドが進出し直線先頭にたつも伸びず、内からきたミッキーロケットが後方一気の追い上げのワーザーを振り切り勝利。
ミッキーはできも良かったのでしょうが、和田騎手が内をロス無く回る好騎乗。2着ワーザーはー27Kgでパドックでも細く見えたのに、やはり力あり。
私の本命サトノクラウンはもう少し馬場が緩くないと駄目か。サトノダイヤモンドは距離か馬場か直線脚が止まった、もう終わりとは思いたくないが。ヴィブロスはパンパンの良馬場の馬か。キセキも伸び斬れずじり脚でパワータイプが集まった割に各馬注文がつくメンバーでした。まあ、予想はダメダメ出したがね。
今日6月27日は帝王賞、交流ダートのG1。
後1時間位で始まるので早速予想を。
本命はサウンドトゥルー、フェブラリーから4ヶ月の休養明けも差し脚斬れる。大井外回り2000mは客質的に有利。
対抗はケイティブレイブ、昨年の覇者。先行力ありバテぬスタミナが魅力。長い距離が得意なのでこの馬も大井外回り2000mは持って来い。
単穴アポロケンタッキー、去年暮れから調子を上げていて鞍上内田。ひけはとらないと思うのですが、どうも展開に左右されるのか、印象薄いのが玉に瑕。
連下はケイティブレイブ、リッカルド、サブノクロヒョウ。
結構蒸し暑いですが、夏の夜のG1を大いに楽しみましょう。
ゴールドドリームは2000mは少々距離が長いと思い切ったのですが、流石ルメール騎手、内の経済コースを巧く回り直線に差しきる脚を残しました。
2着ケイティブレイブは先行争いを避け3,4番手に付け直線は上手く抜け出したのですが、1着馬に決め手が一寸劣っていたのでしょう。然し2着は力のある証拠。
3着サウンドトゥルーは追い込み一辺倒なので展開に大きく注文がつきましが、今回はお誂え向きとなり差し脚を活かせました。
予想は対抗と連下にケイティブレイブを入れどんだけ好きかをアピールするも、ゴールドドリームがおらずダメダメな予想となってしまいました。
今日7月11日は大井競馬場でダート交流G1ジャパンダートダービーがもう直ぐ行われます。
全く、健康診断で引っかかり要検査だったので、今日再検査の予約を入れたら30分以上も待たされて時間切れで受けられず、大きなロスとなりました
取り急ぎ予想馬だけ上げ馬券を買いに行きます。
本命はドンフォルテス
対抗ルヴァンスレーヴ
単穴オメガパヒューム
連下テーオーエナジー、クロスケ、グレートタイム
以上急いで穴場に突進じゃ〜!!
昨日(8/11)、東京足立区から宮城栗原市まで車で帰省。今日は朝から家の草取り、家の掃除、お墓の草取りと大変だったのに、海外G1を発売すると〜しかも日本馬が回避したにもかかわらず〜。
早速、前回(7/11)(それ以外交流G1があったら御免なさい)のジャパンダートダービーを振り返ると、私の本命ドンフォルテスは不甲斐なし。2着3着のオメガパヒュームとグレートタイムと同じ位置にいて、勝ったルヴァンスレーヴ と同様のタイミングで追出したのに差し脚伸びず、結局馬券も予想もダメダメでした。
って、事で早速ジャックマロワ賞の予想。
って言っても全く出走馬の事は知りません。それでも競馬新聞とJRAの情報より
本命はインテロジャント、理由は単純フランス調教馬で前走より斤量が軽くなるから
対抗はカスカディアン理由は上記と同じ、只前走吾が本命に負けていたから。
単穴はレコレスタで鞍上がペリエだから。
連下はアルファセントーリ、トレスフリュオースって事で宜しく。
全くダメダメで、とうに馬券の発売が行われた事すら忘れていました。
まぁ過ぎたダメな予想は忘れ、秋のG1緒戦スプリンターズステークスが9月30日に中山競馬場で行われます。
今年は台風24号の影響が何れ位かにより、レースが大きく変わります。
9月29日夜JRAホームページによると芝は稍重ですが、土曜の中山最終レースでは見た目はもっと荒れていたと思います。スプリンターズ発走時の馬場状態によりどの馬にも勝つチャンスが有るか、やはり地力が上の馬が勝つか、ここが予想の分かれ目。
そこで私の予想ですが、本命はナックビーナス。
中山1200m6連対と得意、高松宮3着なら他のメンバーと比べても遜色なし。親父ダイワメジャーなら荒れた馬場もこなせるはず。何と言っても鞍上モレイラ騎手が最大の魅力。
対抗はファインニードル。
今年に入り高松宮を勝利するほど地力アップ。前哨戦のセントウルSは休み明けで斤量58kgを背っての重馬場を快勝、上積み充分で今なら馬場状態関係無く力を出せるはず。
単穴ムーンクエイク。
前走は出遅れと初めての距離でペースが合わず大敗ですが、2回目なら鞍上ルメール騎手も巧く立ち回るはず、差し馬は少々不利な馬場になるかもしれませんが、脚をタメ直線で馬場の良い所を通り活かせればあるかも。
連下
ラッキーバブルズ、キャンベルジュニア、ワンスインナムーン
これからのG1戦線を大いに楽しみましょう。
先週急いでスプリンターズの予想をアップする事だけを考えて、武騎手の4000勝の事をアップし忘れました。
記者会見で淡々と、通過点の1つと言う姿に武騎手らしさを感じました。騎乗数が段違いですが的場文男騎手の記録を破ってもらいたいものです。
さてスプリンターズの結果ですが、ナックビーナスが思ったほど伸びなかったのと、ファインニードルが思った以上に強かった(これで燃え尽きて欲しくない)
ラブカンプーとラインスピリットはパドックでは全然良く見えなかったのに。全くノーマークで本当にだめだめな予想でした。
全く凱旋門賞迄一時間切ってしまい、慌てて予想だけアップします。
本命はキューガーデンズ
対抗シーオブクラス
単穴パタスコイ
連下カプリ、ヴァルトガイスト、エネイブル
結構買いたい馬たちが外枠に行き、内枠有利の凱旋門賞では、またエネイブルが良い枠に入り2連覇かとも思いますが、今年1レースのみで斤量58kgは辛いきがし連下まで。
続いて南部杯
本命はゴールドドリーム
対抗ルヴァンスレーブ
単穴ノンコノユメ
連下ベストウォーリア、アリッサ、ノボバカラ
ここはどちらが好きで本命対抗が入れ替わる、実際来るこないは別物、ノンコノユメは好きな馬なので単穴、ノボバカラは勝ちまでないにしても、馬券圏内は凄く有りそうな気がします。
昨日はカミサンの誕生日で飲み過ぎ、気づいたらもう秋華賞当日の10月14日。
早速先週の結果を、凱旋門賞はエネイブルが強かったの一言、2着シーオブクラス、斤量が有利だった事もあるでしょうが強烈な末脚で2着、3着クロスオブスターズは昨年の2着馬だったのをすっかり忘れて切ってしまいました。
南部杯は、メイショウウタゲがノーマークで馬券は外れ。今回はルヴァンスレーヴが勝利しダートの勢力図も変わるのでしょうか。
では速攻で秋華賞の予想を。
本命はアーモンドアイ、桜花賞とオークスの強さは別格。調教もよく動き死角は休み明けのみ
対抗はラッキーライラック、すーと好位置につけるレースセンスの良さが魅力。オークスでは惨敗だったが雪辱をはらすチャンス。
単穴はミッキーチャーム、もっか3連勝で先行力ありしかもスピードが持続するので、押し切る可能性あり。
連下はサラキア、ランドネ、ダンサール。
秋華賞も大いに楽しみましょう。
名牝と呼ばれる疾走りを観させて頂きました。
アーモンドアイは出脚が伸びず後方中団外目追走。
ミッキーチャームが鼻に立ち終始レースを引っ張ります。
ラッキーライラックは中団内目を追走、内回りとは言え直線に入る時はバラけるので位置取りは十分。
普通息が入りにくいペースを平然と逃げるミッキー。直線に入ると一気に後方を突放しセーフティリードに入ります。これは独走だなぁと観ていたら、一頭だけ次元の違う脚を繰り出し後ろから伸びてくるアーモンドアイ。
あっと思った時は抜け出し悠々一着でゴール。二着は唖然のミッキーチャーム、三着は武騎手の巧さが光るカンタービレ。私の対抗ラッキーライラックは伸びきれず九着。パドックでは良く見えたのですが早熟か基本スプリンターかカンタービレがノーマークで全くダメダメ。
早速今日のG1コーフィールドカップ。って全く知らんレースで知らん馬だ多数。海外レース買えるのは嬉しいが、事前情報の取得が悪いと右も左も判らん。
ってことで本命はヤングスター、対抗キングズウィルドリーム、単穴ザクリフスオブモハー、連下ベストソリューション、サウンドチェック、ホームズマン
もっともっと海外レースを買えればいいなーと思う予想でした。
コーフィールドカップ、JRAデータ分析で52〜52.5Kgの連対率が高いとあったのでヤングスターとキングズウィルドリームを本命対抗にしたのに全くいいとこなしでダメダメでした。
かみさんと娘が朝から出かけ、愛犬と遊んでいたらもう11時。
早速今日のG1菊花賞の予想を
本命はジェネラーレウーノ、親父がスクリーンヒーローなので少々距離は長いかもしれませんが、菊花賞は先行前残りの印象が強いので、でも今回先行馬が多く流れは厳しくなるかも。
対抗グロンディオーズ、これも自分の印象ですが、菊花賞は上がりが速い馬が連に絡んでいるように思います。今回のメンバーで前走最速はブラストワンピースですが、新潟コースの最速を余り信用していないので次に速いグロンディオーズ。
単穴はエタリオウ。王道のトライアル神戸新聞杯で出走権を獲得、神戸新聞杯での上がりは最速で皐月賞馬エポカドーロに先着。まぁ神戸新聞杯の様にスタート直後に躓かなければエポカドーロが先行して押し切るかも。
連下はユーキャンスマイル、アフリカンゴールド、フィエールマン。
ユーキャンスマイル騎乗の武騎手は4000勝を越え乗っているので要注意。天高く秋晴れの空の下今日も競馬を楽しみましょう。
流石にクラッシク最後のレース菊花賞、どの馬も仕上がりは良好に見えましたが私が一番良く見えたのはエタリオウ。2番人気なので今年の菊花賞は固いかと思いながらレースを観戦。
ゲートオープンで各馬一斉にスタート、逃げ宣言のアイトーンは出脚が付かずジェネラーレウーノが鼻に立ちカフジバンガード、エポカドーロ、コズミックフォースが番手に回り位置取りはすんなり決まる。私としてはジェネラーレウーノが大逃げを打ち前残りを予想していたのですが、馬群が一団となって超スローペースでレースが進みます。あれだけ先行馬が揃えば激しい先行争いかハイペースになるかと思ったのですが、結局は直線入ってのヨーイドン。
瞬発力の斬れ脚勝負になったら親譲りの斬れ脚炸裂フィイエールマンが勝利、長距離シルバーコレクターのステイゴールドの子エタリオウが2着、母父がダンスインザダークの子ユーキャンスマイルが3着、私の本命ジェネラーレウーノも対抗のグロンディオーズも着外でダメダメな予想でした。
今年のダービー馬ワグネリアンが回避したのは残念ですがG1馬が7頭揃う好メンバー。さてさて早速秋の天皇賞の予想ですが、はっきり言ってレイデオロとスワーヴリチャードの一騎打ち。
両馬共府中で2勝馬券外無し、瞬発力よりバテない持久力が売り。東京の長い直線坂道を徐々に加速して駆け上る脚力が魅力。折り合い不安だったレイデオロ、瞬発力に屈してきたスワーヴリチャードですが4歳になり本格化。
そこで私の本命はレイデオロ。今絶好調のルメールが騎乗で一歩リード
対抗はスワーヴリチャード、10月27日昨日の土曜日はデムーロも好調で逆転もあり。
単穴はヴィブロス、牝馬が意外と馬券に絡む秋天。紅一点で瞬発力が冴え渡るか。
連下はアルアイン、キセキ、ステファノス。
平成最後の秋天を大いに楽しみましょう。
カミサンが仕事で外出、天気が余りにも良く布団を干し洗濯をし掃除を行い、娘が夕方外出して飲んだくれていたのですが明日はG1が3レースもあるではないですか。取り敢えず秋の天皇賞を回想します。
パドックで1番良く見えたのがスワーヴリチャード。キセキとヴィブロスそれとアルラインも良く見えました。レイデオロは掛かっていうように見えたのですが、まぁレースが終わってみるとあの状態が通常と言う事でインプット。サングレーザーはホントパッとしない様に見え距離も少々長いと思いばっさり切り。
結果は乗れているルメール騎手のレイデオロが1着、後方から追い上げたモレイラマジックのサングレーザーが2着、逃げ残りのキセキが3着。スワーヴリチャードは出遅れだの全てで私の馬券はスタートと共に終了。
JBC3レースの予想を、早速JBCスプリントの本命からそれはマテライカ。対抗はキタサンミカズキ。単穴モーニン。連下はレッツゴードンキ、ノボバカラ、グレイスフループ。
JBCクラシックは、本命オメガパフューム。対抗はサンライズソアで単穴アポロケンタッキー。連下はケイティブレイブ、クリソライト、センチュリオ。
JBCレディスクラシックの本命はファンターナリーリ、対抗アイアンテーラー、単穴ファッショニスタ、連下ラビットラン、クイーンマンボ、プリンシアコメータ。
淀で行われるのは一寸違和感がありますが地方競馬も大好きなので、JBCをおおいに大いに楽しみたいです。あぁ酔っぱらいなので選んだ各馬の理由は割愛させて頂きます。
メルボルンカップの予想を、本命はザグリスフルオブハーモニー、対抗マルメロ、単穴マジックサークル、連下にユカタン、アヴェリス、ベストソリューション。
ふぅ、やっとアップ出来そう。家のわんこが遊んで攻撃を繰り出し入力がパァになり、速攻で入力。JBCDayの結果は馬券の買い方がダメダメでした。
メルボルンカップはデータ分析を見て内枠有利ってあったから、って外枠が来るとは、予想はダメダメですがあの多数頭が走るレースを現場で観てみたい。
と言う事でエリザベス女王杯の予想を、淀の長い距離は先行有利ってイメージがあって本命はレッドジェノヴァ。今期春から力を付けサトノダイヤモンドの2着につけた京都大賞典は想像以上に踏ん張った。
対抗はノームコア、紫苑ステークスを勝利しての秋華賞回避でここ。やっぱり先行してしぶとい脚質。鞍上はノリに乗ってるルメール騎手。
単穴はモズカッチャン。昨年の優勝馬で今年は牡馬とのレースで善戦しての牝馬限定、連覇を狙って欲しい。
連下にカンタービレ、クロコスミア、コルコバード。
リスグラシューは鞍上がモレイラ騎手で、血統的には長距離もイケそうな気はしますが、戦歴からマイラーと思い込みここは切。
華やかな女性達の戦いを大いに楽しみましょう。
いやぁ、リスグラシューはお見事でした。クロコスミヤはセーフティーリードの逃げ、岩田騎手の好騎乗で直線に入りこのまま逃げ切り勝ちかと思いきや、馬群からリスグラシューがホントに飛び出して首差でゴール。モレイラ凄い、内でじっくり脚を貯め直線前が開くと一気に追い出し斬れ脚を活かすなって。まぁ馬券はダメダメですが良いレースを観させて貰いました。
11月18日ミッキーの誕生日でツムツムが無料開放、ツムツムやり放題で時間が無くなったので、早速マイルチャンピオンシップの予想を。
本命はエアスピネル。淀は得意で距離もベスト、直前の熱発で人気を落としたなら狙い頃。京都はコースを熟知した関西の騎手から。
対抗はモズアスコット。先週でG1連勝記録が途切れましたが、乗れてるルメール騎手は買いでしょう。安田記念勝利のマイル王者で長く良い脚を使えるのが魅力。直線平坦なら向くのでは。
単穴、ステルヴィオ。本当は関西を主戦場としている騎手と馬を選びたいのですが、ここは外国名騎手ウィリアムビュイックとオヤジロードカナロアの血を信じる。戦歴を見ればマイラーは一目瞭然。パワー+瞬発力で四角から一気に駆け下りるか。
連下はペルシアンナイト、ロジクライ、アエロリット。
もう有力馬が多くどの馬にもチャンスがあるし、世界の名騎手が集っているしで全く予想が難しいレースですが、世界の名手達の騎乗を大いに楽しみましょう。
パドックで私的に良く見えたのはアエロリットとエアスピネル。ステルヴィオは最初はチャカついている様に見えたのですが、回週を重ねる度に気合が乗っていい感じ。ペルシアンナイトはぱっとしてない様に見えたのですが。
マイルチャンピオンシップがスタート、一団になって先行争い。鼻を取ったのはアエロリットで2番にアルラインが付き淀み無い流れでレースは進み、直線は地力勝負。一斉に追出した時内からスルスルと抜け出したステルヴィオがゴールし勝利、ペルシアンナイトは馬群が開いた時にスパートし瞬発力の差で2着、先行して残ったアルアインが3着。
いやこの3頭の地力が優ったってことでしょう。地力を見誤った私の予想はダメダメでした。
昨日はバーゲン行ってコート買い、寒かったので熱燗たらふくで寝てしまい、この時間になったので早速JCの予想を。
本命はサトノダイヤモンド。凱旋門賞参戦の為渡仏してから調子を崩しましたが、前走京都大賞典で復調と見たい。3才時キタサンブラックを破った有馬記念勝利の力は本物。
対抗はキセキ。逃げはキセキとウインテンダネス、乗れてる内田騎手とは言えウインテンダネスは格下、番手に付けてもスタミナ勝負なら充分に勝負になるのなら、瞬発力勝負になるなら分は悪いが。
単穴スワーヴリチャード。天皇賞は躓き出遅れ後方追走、4コーナーで窮屈になった事もあり予想もしない10着。オヤジにハーツクライでアルゼンチン共和国杯で勝利しスタミナも十分。
連下はアーモンドアイ、シュヴァルグラン、カプリ。
クラシック3冠牝馬のアーモンドアイは流石に切れませんが、牡古馬を負かすにはまだ力不足(と思はないと)、近年は強い外国馬の参戦が少なくとっても悲しいですが、国際的名騎手達の手綱さばきを大いに楽しみましょう。
パドックではおっとりして、覇気が足らない様な気がしたアーモンドアイ。気が1番乗ってる様見えたのがキセキ。スワーヴリチャードもサトノダイヤモンドもそこそこいい感じに見えました。
さて、レーススタートでゲートが開きましたが各馬バラついて直線から1角に向う中、鼻に立ったのがキセキ。2角を周る頃にはアーモンドアイが番手に付き平均ペースで周回を重ねます。
直線に入ると一気にキセキが突放しにかかりますが、先行勢が脱落していく中食い下がるアーモンドアイ、直線半ばでキセキを抜き去るとそのまま世界レコードで勝利。2着は前残りでキセキ、3着は先行して残ったスワーヴリチャード。このレースで自力順位が付いた様な感じがします。
アーモンドアイはレース後も自分が行った偉業も判らず、キョトンとした眼つき。いや何とも凄い天然少女です。
さて、チャンピオンズカップの予想を、
本命はルヴァンスレーヴ、瞬発力が抜群でコースを選ばぬ斬れる差し脚は、古馬の中に入ってもピカイチ。
対抗はオメガパフューム、瞬発力勝負だと少々分は悪いですが追って伸びるタイプ。中京の長い直線は歓迎。
単穴はケイティブレイブ、先行して押切るレースから、中団から差し斬る前走は本格化の証。
連下は、サンライズソア、ノンコノユメ、サンライズノヴァ
大いにダートの王者達の走りを楽しみましょう。
掲示板に載った各馬はパドックでも元気に見えたのですが、ケイティブレイブは完歩の幅が狭いように感じました。
アンジュデジュールの逃げ、ルヴァンスレーヴが2番手、逃げると思ったサンライズソアが先団後方に位置取りゆったりとレースは流れます。直線に入りヨーイドンでルヴァンスレーヴが抜け出してそのままゴール。2着のウェスタールンドは最後方を追走していて4角から内埒沿いを駆け上がって来ました、これは藤岡佑介騎手のファインプレイ。3着サンライズソアは逃げなくても競馬が出来たのはモレイラ騎手の騎乗なのか、馬が成長したのかは次走で確かめましょう。
さて今日はG1が5レースもあるので取り急ぎ予想を
阪神ジュベナイルフィリーズの本命はシェーングランツ、対抗はクロノジェネシス、単穴ダノンファンタジー、連下メイショウショウブ、レッドアネモス、ローゼンクリーガー
香港ヴァース本命はヴァルトガイスト、対抗プリンスオブアラン、単穴リスグラシュー、連下クロコスミヤ、ラトロープ、ミラージュダンサー
香港スプリント本命はディービーピン、対抗ホットキングブローン、単穴ミスタースタンニング、連下ファインニードル、ビートザクロック、リトルジャイアント
香港マイル本命はワンマスター、対抗ビューティージェネレーション、単穴ビューティーオンリンー連下ヴィブロス、ペルシアンナイト、シンガポールスリング
香港カップ本命はサングレザー、対抗ノーザンスーパースター、単穴ストミーアンタークテッィク
レースが多く忙しいですが大いに楽しみましょう
先週は一寸用事がありレースを観ていないので結果のみ、
阪神ジュベナイルフィリーズは私の本命シェーングランツが4着、3着のピーチサンバはノーマークで全くダメダメ。
香港バースはリスグラシューのみ
香港スプリントは本命ディービーピンが2着、単穴ミスタースタニングが1着、連下のビートザクロックが3着となかなかの予想
香港マイルは対抗ビューティージェネレーションが1着、連下のヴィブロスが2着も3着サザンレジェンドがノーマークで駄目
香港カップは本命対抗が4着5着で全くでした。
と、言う事で朝日杯フューチャリティステークスの予想を。
本命はアドマイヤマーズ、先行して粘る根性と追って伸びる差し脚が魅力。
対抗はファンタジスト、こちらも前で折り合え追って味がある脚質を買い。
単穴ケイデンスコールは斬れる差し脚の追込みで一気に駆け抜けそう。
連下にディープダイバー、ニホンピロヘンソン、グランアレグリア。
本命の父がダイワメジャー、対抗単穴のオヤジがロードカナロアなので少々距離に不安はありますが、まだこの時期なら素質で勝負になるのでは。グランアレグリアは先週ルメール騎手が香港だったので見送り、今週牡馬相手を選ぶ強気。実際前走では牡馬相手に勝っていますが、初輸送が不安。連下の残り2頭は阪神で連対してるのでピックアップ。
今年もあと僅かですが大いに競馬を楽しみましょう。

ログインすると、残り7件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

馬が好き! 更新情報

馬が好き!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。