ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 縄文族ネットワーク [太陽の道] > トピック一覧 > 縄文文化 はほろばの国

縄文族ネットワーク [太陽の道]コミュの縄文文化 はほろばの国

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

東北の縄文時代は、
豊かな暮らしが有った、
三内丸山遺跡、
海には大量豊富な魚介類
山には総獣類、
木の実が沢山実り、
裕福だった生活、
それを壊したのが、
稲作を強引にやった結果

コメント(4)

裕福な暮らしから一転した気候変動や火山の噴火など、生き方や暮らし方を変えないと生きながらえないような大自然の変化があったのが、初期の稲作への移行期だったと思います。
また、地域により一概にいえないと思います。
弥生の環濠集落に、縄文の集落が近接して共存していた遺跡もあります。
稲作そのものより、収穫物の貯蔵とそれを利用した支配者が現れるまでは、強引ではなかったのではないでしょうか。
縄文時代からあった稲作の起源と、弥生時代の線引きをどこで区切るかにもよりますが、低地ではじまった稲作と、高地に暮らす縄文人は敵対する必然がなく、むしろ共存関係にあったと思います。
わたちたちが縄文に憧れを持ったとき、稲作を敵視することではなく、稲作を受け入れた縄文人たちの精神文化にも共感し、それが今につながる日本の基層文化として育まれてきたのだと感謝しています。
稲作といっても、日本列島では初期の稲作は低湿地帯というよりは、河川の中流域で、地形の自然落差を利用して行われてたと考えられます。

初期の稲作弥生人と縄文人の対立といったものは、おそらく少なかったと思いますが、
根本的な、社会に対する発想の違いは有ったでしょうね。

稲作弥生人は、どうしても労働集約によって効率化する社会発想になるのに対して、
縄文人は、どちらかと言えば、適正規模で分散する方に労働効率性を見出だした。
縄文から弥生の大転換は何が原因で起きたのか。
稲作は土器の価値観にも影響するインパクトのある要素ですが、同時期に様々な条件が重なったと考えます。
一番の原因は、この日本へも支配者と戦争を生み出す、石文明から鉄文明という世界規模の大変革に飲み込まれてしまったこと。
>>[2] 大阪辺で戦った(人骨に損傷あと)形跡はあり。コメの伝搬は強い、組織ができるとろくなことはない。外来神に侵略された日本だが
ここまで混ざると(自分もコメすき)縄文100%といえないがその心を
継続したい。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

縄文族ネットワーク [太陽の道] 更新情報

縄文族ネットワーク [太陽の道]のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済