ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 元気の出る聖書の言葉 > トピック一覧 > 死の陰の谷を歩く時

元気の出る聖書の言葉コミュの死の陰の谷を歩く時

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私は災いを恐れません。あなたがわたしと共におられますから。詩篇23:4

+++

この詩を歌ったダビデは、大きな恐れに押しつぶされそうになりながら生きた人でした。嫉妬に狂うサウル王に命を狙われ、逃亡生活を続けました。また、王となった後も、息子アブシャロムに追われ、命からがら逃げ出さなければなりませんでした。

「災いを恐れない」というのは、自己を鼓舞するものでも、決意の表明でもありません。

「わたしが恐れる時、わたしを支え、守ってくださったのはあなたです。あなたは、わたしが恐る時の励まし、慰めでした。勇気を与え、歩む力を与えてくださったのはあなたです。神様、あなたがわたしと共にいてくださいました。今も共にいてくださいます」という、神様への応答、告白なのです。

誰も、恐れの感情を自分でコントロールすることはできません。しかし、天におられる神様が御座を離れ、恐れる私たちの側にやって来て、包んでくださる。恐れる心をご自身で満たしてくださる。そのとき、私たちは歌い始めるのです。

「死の陰の谷を歩くことがあっても、わたしは、災いを恐れません。あなたが共におられます。」

九州の大雨と土砂災害の中にある方々のことを思い、祈ります。主が、共にいて守り、生かしてくださいますように。恐れる心を包んでくださいますように。救助と支援の働きをしている方々を強めてくださいますように。被害に遭っていない者たちは、自分の持てるものを差し出し、この時を共に生き抜くことができますように。

岩本遠億

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

元気の出る聖書の言葉 更新情報

元気の出る聖書の言葉のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。