ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 臨床検査技師さん集まれ〜! > トピック一覧 > 日臨技が推奨する病棟検査技師、...

臨床検査技師さん集まれ〜!コミュの日臨技が推奨する病棟検査技師、検査説明についてどう思われますか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

私は、反対です。もう少し細かく言うと反対というか病棟検査技師や検査説明ばかりを推奨する事に反対です。
私は血液検査に従事していますが、血液検査だけをみても血液検査で頑張ってる方をたくさんみます。現状の頑張っているものを無視して目新しいものばかりを押し出すより現在頑張っているものに対して保険点数が付いたり、検査技師しか出来ないようにしてほしいと思っています。 皆さんどう考えられますか?

コメント(19)

私は賛成かな。。
うちの病院の体質もありますが、検体が不適切な状態で来たりする事があります。
看護師さんへの指導が足りていないというのが問題なのですが…
検査技師が、検体採取に従事することで看護師さんの負担が減るし、患者さんへの検体取り直しが減るので、患者さんの負担も減ると考えます。また、検査の説明に関しても、患者さんが納得した上で検査を受けられるようになるため、後々のトラブル回避にもなるのかな?って思います。(これもうちの病院の体質で、患者さんが看護師さんに検査内容の説明を求めても、わからないから検査行った時に担当の人に聞いてって言ったりして、トラブルになることも…)
検査のスペシャリストとして、患者さんに寄り添い、少しでも患者さんに安心して検査を受けてもらう事が、患者さんはもちろん、検査する側にとってもメリットかなって思います。不安な状態だと正しい結果が出ないような検査もありますし。
私は、現状で頑張っているものを無視して目新しいものを押し出しているわけではなく、チーム医療をする中で、チームの一員として患者さんに関わっていく事がこれから必要になると示しているのかなと感じます。
>>[1]
貴重なご意見ありがとうございます。参考になります。
すみません、個人的な意見を書くので、アインスさんが気分を害してしまったら申し訳ありません。
検体の不備や検体採取に関して、勿論仰る通り私達の力も生きると思います。しかし、検体採取が一日中あるわけではない病棟に従事する必要があるのか?それにいつ実務である検査をするの?と感じます。
検査説明についてですが、私も名前を聞いた時は検査の説明を行うと思っていたのですが、大臨技医学会で一般の方も対象に検査説明について説明していました。みてビックリしたのですが、検査説明と名乗っていますが、内容は採血結果をみてどういうことが考えられるかを患者さんに伝えるという内容でした。私は、ネーミングが悪すぎるやろexclamationそれなら、採決結果説明とすればいいのにと思いました。それに画像所見や他の結果を見ずに患者さんに説明する(大臨技医学会の模擬検査説明では、疾患も言っていました。)
のは、とても恐ろしい事だし、患者さんの心情などや担当医師の考えと違う事を言ってしまったらどうするの?とか採血結果の説明なら個別ではなく、各病院が行なっている健康講座などで良いやんexclamationと思いました。ただ、大臨技だけが検査説明に対してそういう方針なのかはわかりません…
チーム医療に関しても日輪技がいうほど検査技師関わってないか?と思います。整理検査でも患者さんと直接関わるし、そんなに検査以外の事で寄り添わないといけないのかとかいろいろ思ってしまいます…
職域を広げる事は良い事だと思うのですが、これらの方針に関して検査技師の検査のスキルは上がらないと感じているので日輪技のこれらの方針に関しては、反対です。
皆さんそれぞれご意見もあるでしょうし、ぜひ実際に病棟検査や検査説明をされている方のご意見を伺えれば幸いです。
>>[2]
なるほどです。こちらも参考になりました。ありがとうございます。
うちの病院は病棟検査技師と言うものの、一日中、病棟にいるわけではないのでバギーさんの言われるのとは少し概念が異なるかもしれませんね。それに始めたばかりでまだまだ足りない点はたくさんあります。
うちの場合は、病棟に半日(朝の病棟検査が終わる2、3時間くらい)検査技師を当番で回しています。採血などは、看護師さんに混じってやっている事もあって、完全に管理できているわけではないのが実情ですね。なので、未だに不適切な検体が出ることが多々…
ただ、検査技師がいる事で、特殊検査の際のスピッツ、採血方法、検査の概要なんかをすぐに聞けるという事で、看護師さんからは評判も上々かなと思ってます。実務に関しては、うちは検査科にパートさん合わせて8人いますので、検査を検査室に下ろしたら、あとの処理は当番以外の検査技師7人がやっている状態ですね。検査説明は、患者さんから要望が出た時に、ドクター立ち会いのもと、検査内容、結果説明を行います。まぁ、このドクターは担当のドクターではなく、検査室専任のドクターですが。。ここも、まだまだ改良点があると考えてます。やはり、患者さんの中には申し出る事を遠慮したり、何を聞いたら良いかわからないという患者さんもいますので。あとは、担当ドクターが立ち会うわけではないので、色々と問題かなって思う点もあります。

あとは、NST、ICT関連にも即時対応出来るようになっているので、その部分でもチーム医療を意識出来ているというメリットがあります。至らぬ点は日々実感するところですが…

最後にこれは、個人的な意見なので考え方がそれぞれあるとは思うのですが、検査のスキルアップに関しては個々人で努力していくものかなって、私は感じます。ですから、職域が広がったところで検査のスキルにはなんら影響ないかと思ってしまいます(生意気言ってすいません…)
私個人に限って言えば、病棟に行くようになって、病棟業務の問題点をより身近に感じるようになりました。これは、検査関連だけでなく看護業務など他の分野に関してもです。問題山積みですが、メリットは沢山あると思ってます。
検査技師の力量で出来ることに差が出てしまっていたり、仕事量が増えたのに手当てが出るわけではないので、検査室内でも賛否両論あるのは否定できませんが…
>>[4]
私は賛否両論あるのは仕方ないと思いますよ。それぞれの病院で環境は違いますし、他の医療職とのパワーバランスもあるのですから。まして、今までとは切り口の違う考え方なので慎重になるのは当たり前ではないでしょうか?
それを、まるで検査技師がチーム医療を無視しているように言われるのは残念です。
>>[5]
丁寧な説明ありがとうございます。

私自身も少しですが、外来採血をしているので患者さんと接する事が検査に生きているなと感じています。
私の周りのDr.やNSの意見を聞いて、自分達に求められている事って本当にこういうものなのかという疑問とこれから遺伝子検査が増えていき、さらに自動化が進んでいく中での不安から同じ検査技師の方の日輪技の方針について意見を聞いてみたくて投稿しました。
アインスさんのお陰で視野が広がりました。 ありがとうございました!
>>[7]
いえいえ。うちも稼働してから4ヶ月くらいしか経過してませんし、病棟での滞在時間も大した事は無いので、病棟検査技師と言って良いのか怪しいところもあります。。問題も山積み、メリットもデメリットもたくさんありますし…
ハギーさんの病院と、うちの病院とでは環境が全く違うと思いますので、色々とな事を言いましたが、当てはまらない事も多々あると思います。(偉そうな事ばかり言ってすいません)
また、日臨技の方針が、全て正しいとも私自身思っていません。ある程度は、現場での判断かなと思います。

同じ検査技師として、トピを通して意見をお聞きできて良かったです。ありがとうございました。
>>[3]

副管理人です。受信範囲設定で、メッセージが送れなかったので、やむなくここに書きます。

>こういう事を言い出す人物は頭がおかしいのではないか?

まぁ軽いお気持ちで書かれたとは思いますが、受け取る側が「誹謗中傷」だと言い出したら、そうではないとは言い切れないので、「頭がおかしい」とか、その類の表現はご遠慮くださいね。

ネットの世界では、すぐ隣で「こういう事を言い出す人物」が読んでいたりしますので。

よろしくお願い申し上げます。
そもそも検査技師の人数自体が少ない病院でわざわざ病棟にまで出張ってまでやる価値があるのかという疑問。
導入するならば検査技師数が多く余裕のある大学病院や総合病院の一部にするべきですね。
人手が足らなくて日常業務が火の車という部署とてあるのだから少なくとも病棟検査技師が患者に有益であろうが現状「余計な」業務を増やすべきではない。と思う。

あとは病院の経営の兼ね合いですかね。
病棟検査技師の枠を導入して経営が赤字転落に繋がるなら入れないし、将来的に検査点数加算入りが導入した方が経営黒字化に繋がるというなら導入すれば良いって感じですかね。

結論、現状反対。


まぁ僕は病理検査以外をやるつもりはありませんしそもそも患者と接する(臓器や遺体は別)のが嫌いなのでやりませんが。ですので自分のような偏屈は外に出て害悪振りまくより部屋に引きこもって裏方に徹してた方がいいと思いますね。
私も反対ですね。
臨床検査技師の現状は政治的な力や先人の行ってきた歴史の結果と思います。
もちろん頑張って道を切り開こうとしている人が多くいますし、
そういう方には頭が下がる思いです。
ここでは、病棟検査技師の件は少し置いておいて

検査説明の件ですね。
単独の項目での説明は確かに出来るかもしれませんが、
たとえば血液検査や血栓止血領域、微生物領域などは
多くの関連項目や基礎疾患、治療、薬剤、患者背景などが分かっていないと
本当の説明できないと思います。
これに関しては筆記試験および口頭試問等の実技試験を設けた
認定資格を設けるのであれば納得できますが
一般の国家試験を取得したレベルでは上記理由で私は反対と思います。
また、診療報酬に反映されなければ国家試験レベルの知識では
真の臨床検査技師の地位向上にはつながらないと感じます。

当方、400床未満の総合病院勤務ですが
検体採取に関しては
地道な周知徹底および指導で概ね適切な採血は実施されていると感じています。
また、5〜10年かかりましたが、
反発を買いながらも地道な周知徹底で医師をを始めとする
看護師および他のメディカルスタッフの理解も得られていますよ。

ただでさえ業務範囲の広い我々の臨床検査技師業務。
右往左往して本来の業務をおろそかにする前に
本来の業務の価値を向上させる努力をすべきと考えます。
我々が本気で取り組めば
医師が検査室に足を運び意見を求め、
看護師がカルテを持って相談にきます。

以上、私見ですので気分を害する方がいましたら
この場を借りてお詫び申し上げておきます。
>>[11]
言い方は乱暴ですが、現状のまま施行ですと、行き場のない技師の有効活用にも見えます。必ずしもそうではないと補則しておきますが。
あくまでも私見ですが。
>>[10]
貴重なご意見ありがとうございます!
確かに日輪技から刊行されている病棟検査技師の特集を観ても大学病院などは観たことがないですね。
仰るように大学病院などが実施をして指針を出せば見方も変わるかもしれませんね!
>>[11]
貴重なご意見ありがとうございます。
じゅん1さんの地道な活動に敬服します。
素晴らしいですね。
私は、血液検査に従事していますが、前任者が突然辞めてしまい、引き継ぎがないまま任される事になったので、血液内科の先生達に迷惑かけないように必死に勉強していたら、いつのまにかDr.からも意見を求められる様になりました。 血液疾患を勉強すればするほど、じゅん1さんの仰る通り検査結果説明をするには、患者さんの状況を深く確認する必要があると思います。それこそDr.や看護師と連携を取らないといけない仕事だと感じます。今の日輪技が推奨している検査説明は、軽薄すぎる様な気が私はします。
>>[14]
私と似たような苦労をされているようなので思わず書き込みました。
私も前任者の一人が退職、同時期にもう一人が産休の中で、少しサポートしていた程度ですが血液の担当になりました。
当時、病理や一般検査を中心に輸血と生化学のサポート、私主導で剖検まで入っていました。
当院は血液内科はありませんのでAMLは紹介で他院へ行きますが、MDSやリンパ腫などのマルク依頼はあるので要望を必死で受けているうちに、何とか出来るようになった感じです。無論、相談する相手は当時施設内にいなかったので毎日夜遅くまで勉強していたのは、今となっては良い思い出です。
勉強会に行った際は都道府県の著名な技師について情報交換会〜2次会〜3次会と時に飲み歩き、顔と名前を覚えてもらい、次に色々教えてもらう。など結構あの手この手を使って人のつながりと相談の伝手を見つけたものです。
また、ファーストステップとして28歳の時に北海道から九州まで試験を受けに行き、緊急臨床検査士の取得をし、昨年38歳で3度目の挑戦で認定血液検査技師を取得しました。また、上記認定は頼まれたわけではないですが、施設内および技師会の地区内では初の取得で、後者の方は血液内科のない中で、かなり苦労しました。ただ、近隣の血液内科がある施設で血液担当技師が3人いる施設より、何年もセクション掛け持ちしながら孤軍奮闘して取った資格の喜びは格別でした。
また、若かりし20代のころは正論を言うと看護師や他のスタッフに嫌われたり虐められたり大変でしたが、5年10年と信念を曲げすに続けると効果は見えてくるもので、特に仕事の出来る医師や看護師が味方になってくれるようになりました。
ちなみに一番辛かったのは、夜中までの勉強でも大枚を叩いて資格取得や人の伝手を作ったことではなく、大変な時に多くの上司や先輩方が全く協力してくれなかった事です。今では検体検査部門で唯一の認定技師ですので、「勉強させる」ために反撃を開始しています。

トピックには反しますが、何かの参考や励みになれば幸いです。
長々と失礼致しました。
>>[15]
貴重なご自身の経験談を教えて頂きありがとうございます。
じゅん1さんの経験に比べれば私なんて大した事ないのがわかります。
頑張っている方の経験談は、本当にありがたいですexclamation励みになります!ありがとうございました。
個人的な一意見として流してもらえればと思います。
基本的に、日臨技として 業務範囲を拡大して推奨する傾向にあります。
それは、検査技師としてもっと他の内容に眼を向けて頑張れ!と・・・
いう後押しと考えています。
自分の仕事の範囲を自分で決めていないでしょうか?、
自分の専門は一般だからとか、生化学だからとか・・・
医療従事者なのですから、出来る範囲が増え、それに対して保険点数が付き
仕事に対する責任が増える事は良いことと思います。
今後、検査はISO等でガチガチに固められAI導入で自動化が進みます。
ということは、医療に従事するなかでも検査技師は患者さんと直接かかわる
事が少ない職種のため、機械の操作だけなら誰でも出来ると思われ、
特殊な技術・知識・能力をもった人以外は不要とされてしまいます。
検体の採取方法についての不備を医師に伝えて改善したり、
保険点数の計算や請求方法等、検査技師が知って事務側に修正を
かけさせたり、意見をいう事が出来るような人材ばかりであれば、
こんな話もでなかったのでは無いかなと思います。

色々な意見はあると思いますが、私はどんな事でも新しくチャレンジする事は
必要ですし、今回の内容も賛成です。
既にやり甲斐搾取詐欺資格と落ちぶれてしまった検査技師資格は意味の無い学会認定ばかり増える方向。
ユー○ャンとかの通信教育で取れるナンチャッテ資格みたいな自己満足認定資格取れても世間的にはふーん、って感じ。。

検査技師なのに何故新しい検査法や機器の研究をしないんだろうか?
アメリカの学会に行った時の熱気は凄かったです。
検査技師は努力の方向性を間違えていると思う。
>>[18]

たかちゃんさん、貴重なご意見ありがとうございます。
マクロ(大局的)で見た場合の本邦の技師会や検査技師のあり方へのご批判であることは理解できました。
ところで、本スレは
「日臨技が推奨する病棟検査技師についてどう思うか」という主旨のスレです。
ご意見の主旨からみて、たぶん、病棟検査技師にもご批判があるのかなぁと想像いたしますが、そのあたり、実際のところどうなんでしょうか。スレの本旨に沿った、たかちゃんさんのこれまでのご経験・ご見識を踏まえた、病棟検査技師に関する、もうすこしミクロなご意見を賜れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

※本投稿は、副管理人としてのスレの交通整理です。よろしく、ご理解のほど、お願い申し上げます。>all

ログインすると、残り2件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

臨床検査技師さん集まれ〜! 更新情報

臨床検査技師さん集まれ〜!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済