ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 情熱大陸 > トピック一覧 > ★植野広生・雑誌編集長 ...

情熱大陸コミュの★植野広生・雑誌編集長 2017.6.25放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

http://www.mbs.jp/jounetsu/2017/06_25.shtml

あの人気食雑誌“dancyu”新編集長に密着!「胃袋と地球はひとつ」食を極める54歳の日常とは?

出版不況の逆風を押しのけ、発行部数を伸ばしている創刊27年目の雑誌「dancyu」。“男子厨房に入ろう”から取ったユニークな名前だが、食をテーマにこだわりを持って追求する情報誌として、一般読者だけでなく料理人たちからも絶大な支持を得ている。
今年4月、その新編集長に就任したのが、創刊直後からdancyuに携わってきた植野広生(うえの こうせい)だ。「同じお金を払って同じものを食べるのなら、隣の人より絶対おいしく食べたい」と、食いしん坊を地で行く植野。その口から取材中、よく飛び出すのがダジャレ。「どんな頑固店主でも5分で仲良くなれる」と言うほど植野の現場は常に笑いで包まれている。
だが植野には、創刊27年の重責とスケジュール通りに進まない現実が差し迫っていた。番組では編集長就任後、初担当となる7月発売の最新号をめぐって愚直にネタやお店探しを続け、一日5軒ともいうハードな試食を重ねながらこだわりの雑誌を完成させて行く過程に密着する。普段あまり雑誌取材を受けないという銀座の老舗割烹や、岩手の海に潜む“絶品食材”の取材など、日本の食を知り尽くした男が今、狙う“美食情報”とは?怒濤の1か月半を追った。

■植野広生プロフィール
1962年生まれ、栃木県出身。法政大学法学部に入学。上京後すぐに、銀座のグランドキャバレー「モンテカルロ」で黒服のアルバイトを始める。その後、鰻屋や珈琲屋など多数の飲食店などでアルバイトを経験。卒業後は新聞記者や、経済誌の編集担当などを経て、2001年「dancyu」を発行するプレジデント社に入社、今年4月に編集長に就任。趣味は料理と音楽という54歳。

コメント(2)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

情熱大陸 更新情報

情熱大陸のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。