ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > PUNDAMAN HUNTERS > トピック一覧 > ダイビングボム動力について雑感

PUNDAMAN HUNTERSコミュのダイビングボム動力について雑感

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ルアーを下に叩く様に、ラインを張って瞬時に緩める様に動かすと、
ルアーが水面直下に潜る様に動きます。
その際の鋭さによって生じるポップ音を
ダイビングボムと呼ぶのは
本当にアフォなパンダマンハンターズの中では常識かと思います。
※HYENA社GNASHの説明文にありましたネ
これは基本的な話デス。続きがあります。
じゃあ、スポーンヘッドでやるとどうなるでしょうか?
流線型のいわゆる普通のルアーは水抵抗が弱いので鋭く入水しますが、
板形状の横浮きのスポーンヘッドは
パンダマンハンターズが知る
パンダマンユナイテッド史上
最高抵抗ダイビングボムとなりますネ。
それはそれで良いのデスが、
あえてダイビングボムさせずに、潜らせ切らずに、
下に叩くように始めつつラインを張ってやると、
下にいったん押し付けられた板系ボディが反発し
テイクオフし出します、水面に出ようとし出します。
ヘッドが若干ウィリーするとテールが水面直下に引っかかります。
引っかかるとヘッドが下がり水平姿勢にテイクオフします。
その際、ボディ側面のウネウネ板形状添いに水流が走りますネ。
まるで車の周りを走る気流の様に。
すると、複雑な水流がビュルビュルと音を出したり、あぶくを出したりしますネ。
完全に水面上に上げきるとボディ体側を走る水流は無くなり※水が当たらなくなるから
お腹だけで水面に接面する様になり飛ぶようにスケートします。
これはスケボーでいうところのパワースライドの理論デスネ!
いわゆるスライス波動?なのでしょうか?
薄いボディの抵抗分のアピールで
複雑なノイジーな水流&サウンド。
釣れそうデスネ!
って、便利グッズルアー探している昨今の釣り人に言っても仕方ない話だったので、
ここに書いてみました!
面白いのでお見逃しなく!

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

PUNDAMAN HUNTERS 更新情報

PUNDAMAN HUNTERSのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済