ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ユング心理学研究会 > トピック一覧 > 2016年12月15日(木)ユ...

ユング心理学研究会コミュの2016年12月15日(木)ユングサロンのご案内

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ユング心理学研究会からのご案内です。

【2016年12月15日(木)ユングサロンのご案内】

後期テーマ『人間の文化供拌茖飢鵝丙能回)
 ユングは、人類に普遍なイメージとしての元型概念を示す一方で、心の臨床医としては個人の持つ文化的背景を条件として考慮に入れなくてはならない、ともしていました。2016年度を通してのテーマであった「人間の文化」シリーズの最終回では、哲学者の岡野利津子氏に、神秘主義と文化との関係についてお話をしていただきます。

■タイトル「神秘主義と文化」

<講師コメント>
 スピリチュアリズムやオカルティズムを含む広義の神秘主義と、宗教や哲学の伝統の中に見られる狭義の神秘主義とがあると思いますが、後者の意味での神秘主義を取り上げます。それは、宇宙の究極的一者との「合一体験」に基づく宗教的世界観だと言えます(心霊的な領域は、この究極的一者と現象の世界との中間領域に位置すると思います)。「合一体験」は個人の内的な体験で、そこには時代や民族、文化の違いを越えた普遍的な共通性が見られます。たとえばルドルフ・オットーは、「神秘主義は人間精神の最深部分から現われる」とし、そこに「民族や風土あるいは時代には全く関わりのない、人間精神の究極的な神秘に満ちた内的統一性もしくは一致」、「統一的本質」を認めています。文化と無縁な神秘主義の本質と、それが文化と結び付く現象面とを考えてみたいと思います。

■ 講師:岡野利津子
 1991‐92年CNRS(フランス国立科学研究所)UPR76客員研究員、1996年学習院大学大学院人文科学研究科博士課程修了(哲学博士)、1996-98年日本学術振興会特別研究員(PD)。現在学習院大学講師。新プラトン主義協会理事、西田哲学会、宗教哲学会会員。
主な専門は、プロティノス(205 - 270年)と西田幾多郎(1870 - 1945年)の哲学。比較思想。
 主著『プロティノスの認識論〜一なるものからの分化・展開』, 知泉書館, 2008年.
 HP: 「神秘主義哲学手稿」http://ritsukookano.wix.com/architect-portfolio

■ 日時:12月15日(木) 19:00〜21:00 開場:18:45
■ 会費:1,000円
■ 会場:中野区産業振興センター (中野駅南口下車、徒歩5分)
■ 主催:ユング心理学研究会 http://jung2012.jimdo.com/
■ お申込み・お問い合わせ: jungtokyo_info@yahoo.co.jp(研究会事務局)

※ セミナー時に撮影した写真・映像を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

※当会facebookコミュニティ(写真等はこちらをご覧下さい):
https://www.facebook.com/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-281102485276364/?hc_ref=NEWSFEED

コメント(2)

ユング心理学研究会からのリマインドです。

【2016年12月15日(木)ユングサロンのご案内〜リマインド〜】

 次回のユングサロンのリマインド情報です。ユングサロンはご予約なしで当日参加も可能です。ぜひ、いらしてください。

後期テーマ『人間の文化供拌茖飢鵝丙能回)

 ユングは、人類に普遍なイメージとしての元型概念を示す一方で、心の臨床医としては個人の持つ文化的背景を条件として考慮に入れなくてはならない、ともしていました。2016年度を通してのテーマであった「人間の文化」シリーズの最終回では、哲学者の岡野利津子氏に、神秘主義と文化との関係についてお話をしていただきます。

■タイトル「神秘主義と文化」

<講師コメント>
 スピリチュアリズムやオカルティズムを含む広義の神秘主義と、宗教や哲学の伝統の中に見られる狭義の神秘主義とがあると思いますが、後者の意味での神秘主義を取り上げます。それは、宇宙の究極的一者との「合一体験」に基づく宗教的世界観だと言えます(心霊的な領域は、この究極的一者と現象の世界との中間領域に位置すると思います)。「合一体験」は個人の内的な体験で、そこには時代や民族、文化の違いを越えた普遍的な共通性が見られます。たとえばルドルフ・オットーは、「神秘主義は人間精神の最深部分から現われる」とし、そこに「民族や風土あるいは時代には全く関わりのない、人間精神の究極的な神秘に満ちた内的統一性もしくは一致」、「統一的本質」を認めています。文化と無縁な神秘主義の本質と、それが文化と結び付く現象面とを考えてみたいと思います。

■ 講師:岡野利津子
 1991‐92年CNRS(フランス国立科学研究所)UPR76客員研究員、1996年学習院大学大学院人文科学研究科博士課程修了(哲学博士)、1996-98年日本学術振興会特別研究員(PD)。現在学習院大学講師。新プラトン主義協会理事、西田哲学会、宗教哲学会会員。
主な専門は、プロティノス(205 - 270年)と西田幾多郎(1870 - 1945年)の哲学。比較思想。
 主著『プロティノスの認識論〜一なるものからの分化・展開』, 知泉書館, 2008年.
 HP: 「神秘主義哲学手稿」http://ritsukookano.wix.com/architect-portfolio

■ 日時:12月15日(木) 19:00〜21:00 開場:18:45
■ 会費:1,000円
■ 会場:中野区産業振興センター (中野駅南口下車、徒歩5分)
■ 主催:ユング心理学研究会 http://jung2012.jimdo.com/
■ お申込み・お問い合わせ: jungtokyo_info@yahoo.co.jp(研究会事務局)

※ セミナー時に撮影した写真・映像を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

※当会facebookコミュニティ(写真等はこちらをご覧下さい):
https://www.facebook.com/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-281102485276364/?fref=ts
ユング心理学研究会から、年内最後のご報告です。

【ご報告】
 12月15日(木)ユングサロン、「神秘主義と文化」(講師:岡野利津子氏)では、たくさんの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
 プロティノスや西田幾多郎の研究を中心に活動されている岡野氏による、合一体験に基づく「神秘主義」についてお話。認識の域も超えて言葉でもイメージでもない合一体験とは何か。心の不思議に触れた大変有意義な2時間でした。
後半は、当会会長代行の白田信重氏と当会顧問の檜垣清志氏とのパネルトークでユング心理学との相違にも触れました。
 本年のユングサロンは、今回にてすべて終了致しました。お忙しい中、会場にお越しいただいた皆様に改めて感謝申し上げます。
 来年のユングサロンもよろしくお願い申し上げます。
皆様、よいお年をお迎えください。
ユング心理学研究会:http://jung2012.jimdo.com/

※当会facebookコミュニティ(写真等はこちらをご覧下さい):
https://www.facebook.com/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-281102485276364/?fref=ts

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ユング心理学研究会 更新情報

ユング心理学研究会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済