ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 地球維新 天声会議 日本 > トピック一覧 > MBA通信: マインドフルネス...

地球維新 天声会議 日本コミュのMBA通信: マインドフルネスとは何か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

MBA通信:

マインドフルネスとは何か?


日本マインドフルネス学会による定義

本学会では、マインドフルネスを、
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、
 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
と定義する。 


なお、「観る」は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、
さらに、それらによって生じる心の働きをも観る、
という意味である。

ヒューマンウェルネスインスティテュートによる定義

マインドフルネスとは、
「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、
現実をあるがままに受け入れることです。

1つのことに集中して行います。
いつでもどこでも実践できます。


マインドフルネスが注目を浴び始めたのは1980年前後からですが、
日本にはもっと古くから、やはり「あるがまま」にものごとを捉えることを中心に据える
「森田療法」というものがあります。

これは1919年に森田正馬という精神科医によって提唱されたもので、
不安神経症などの不安の低減を目指していました。

森田療法とマインドフルネスの違いが、
わかりやすく描かれている記事があります。


マインドフルネスと森田療法は、
どちらも対象を「あるがまま」に受け入れる点では同じですが、

マインドフルネスが対象を観察するのに対し、
森田療法では、観察せずに放っておく。
不安や恐怖が自分と共に在ることを許すが、
あえてしっかり見つめることはしない。

そこが異なります。

(以下、私見ですが)不安や恐怖の軽減にもマインドフルネスは使えますが、
ケースによっては、不安や恐怖を観察しない方がいい場合もあるのではないか
・・・と考えています。


要は、「今この瞬間」をあるがままに見て、
・認識する
・受け入れる
・検証する
・その事から離れる

その手法として、
・瞑想
・呼吸法
などがあります。


つまり、「中今の意識がすべてです」・・・ね!

・過去の出来事、その時の感情を、「今」にもって来て生きている方
・未来の不安を、「今」にもって来て生きている方

多いのではないでしょうか?

占いやマジナイに精を出しても、
「今の意識」が変わらない限り、
悩みや不安は、永遠に解消されませんね(笑)

対症療法ではなく、原因療法に、
変えてみてはどうですか?

「今この瞬間」のあるがままのあなたを、
見つめてみては、いかがでしょうか!


追記

私のオススメは、紙に書き出すワークです!

さわりを書きます。


「あなたの抱えている不安・悩み・問題」
をすべて明確にする・・・認識する!

【準備】

・使用していないA3用紙を数10枚用意する。
・鉛筆または黒ボールペン
※消しゴムは使用しない
※誰もいない静かな部屋で行います。
 (誰かが入ってこないような環境にします)
※電話や携帯はオフにしておきます。

【やり方】

会社、仕事、私生活、家族、友人・・・・・・
などに関するさまざまな問題を、
頭の中から、すべて吐き出します。

例えば、
家族が自分の仕事に反対しているとか、
子供が風邪をひいているとか
どんなに些細なことでもいいので、
・頭の中
・心の中
に何も残らなくなるまで、抱えている問題を、
すべて紙に書き出します。

誰かに見せるものではありません。
恥ずかしがったり、書き方にこだわったりする必要はありません。

自分のすべてを吐き出し(書き出し)ましょう。

1)まず2,3回大きく深呼吸をします。

2)頭に浮かんだ言葉、イメージ、事柄……を、すべて紙に書き出す。
・箇条書きでも、バラバラでもいいです。
・最初は、10分位を目安にして、ひたすら書き出しましょう。

※疲れたら休んでもいいです。とにかく書き続けます。
※書き出し中は「考えない」、直感的にひらめいた言葉をひたすら書き出す。
※決してその場では、グループ分けなど整理をしない。
※左脳(論理的思考)を使わず、右脳(直観・感覚)を使って書き出す。
※バカヤロー、など感情的な言葉もOKです。

A3用紙が、数枚になったかもしれません。
とにかく、自分の心や脳がすっきりとするまで、続けましょう。

例)あるワークショップ中に出てきた不安・悩み・問題の一部です。

【仕事】
・売上がダウンしている
・目標が達成できない
・自分に合っている仕事は何か
・会社の将来
・このまま続けていけるのか
・いやな上司がいる、部下が反発ばかりする

【家庭】
・両親の将来、健康
・住宅ローン
・パートナーとの性格の不一致
・結婚、離婚
・自分を理解してもらえない
・子供の将来、教育
・財政難

【自分】
・能力不足:知識をつけたい
・心の成長がしたい
・生きる目的がほしい
・ダイエット
・意地悪な心、人と比較する心、偽る心
・自分に自信がない
・劣等感
・プライドが強すぎる
・自分はダメな人間?
・健康不安

※多くの方とワークをしてきましたが、
 皆さんが抱えている不安・悩み・問題は、ほとんど同じです。
※あなたの不安・悩み・問題は、他の方の不安・悩み・問題でもあるのです。
※悩んでいるのは、あなただけではありません。

コメント(6)

日本マインドフルネス学会による定義

本学会では、マインドフルネスを、
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、
 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
と定義する。 


なお、「観る」は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、
さらに、それらによって生じる心の働きをも観る、
という意味である。

ヒューマンウェルネスインスティテュートによる定義

マインドフルネスとは、
「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、
現実をあるがままに受け入れることです。

1つのことに集中して行います。
いつでもどこでも実践できます。


マインドフルネスが注目を浴び始めたのは1980年前後からですが、
日本にはもっと古くから、やはり「あるがまま」にものごとを捉えることを中心に据える
「森田療法」というものがあります。

これは1919年に森田正馬という精神科医によって提唱されたもので、
不安神経症などの不安の低減を目指していました。

森田療法とマインドフルネスの違いが、
わかりやすく描かれている記事があります。


マインドフルネスと森田療法は、
どちらも対象を「あるがまま」に受け入れる点では同じですが、

マインドフルネスが対象を観察するのに対し、
森田療法では、観察せずに放っておく。
不安や恐怖が自分と共に在ることを許すが、
あえてしっかり見つめることはしない。

そこが異なります。

(以下、私見ですが)不安や恐怖の軽減にもマインドフルネスは使えますが、
ケースによっては、不安や恐怖を観察しない方がいい場合もあるのではないか
・・・と考えています。
要は、「今この瞬間」をあるがままに見て、
・認識する
・受け入れる
・検証する
・その事から離れる

その手法として、
・瞑想
・呼吸法
などがあります。


つまり、「中今の意識がすべてです」・・・ね!

・過去の出来事、その時の感情を、「今」にもって来て生きている方
・未来の不安を、「今」にもって来て生きている方

多いのではないでしょうか?

占いやマジナイに精を出しても、
「今の意識」が変わらない限り、
悩みや不安は、永遠に解消されませんね(笑)

対症療法ではなく、原因療法に、
変えてみてはどうですか?

「今この瞬間」のあるがままのあなたを、
見つめてみては、いかがでしょうか!
追記

私のオススメは、紙に書き出すワークです!

さわりを書きます。


「あなたの抱えている不安・悩み・問題」
をすべて明確にする・・・認識する!

【準備】

・使用していないA3用紙を数10枚用意する。
・鉛筆または黒ボールペン
※消しゴムは使用しない
※誰もいない静かな部屋で行います。
 (誰かが入ってこないような環境にします)
※電話や携帯はオフにしておきます。

【やり方】

会社、仕事、私生活、家族、友人・・・・・・
などに関するさまざまな問題を、
頭の中から、すべて吐き出します。

例えば、
家族が自分の仕事に反対しているとか、
子供が風邪をひいているとか
どんなに些細なことでもいいので、
・頭の中
・心の中
に何も残らなくなるまで、抱えている問題を、
すべて紙に書き出します。

誰かに見せるものではありません。
恥ずかしがったり、書き方にこだわったりする必要はありません。

自分のすべてを吐き出し(書き出し)ましょう。

1)まず2,3回大きく深呼吸をします。

2)頭に浮かんだ言葉、イメージ、事柄……を、すべて紙に書き出す。
・箇条書きでも、バラバラでもいいです。
・最初は、10分位を目安にして、ひたすら書き出しましょう。

※疲れたら休んでもいいです。とにかく書き続けます。
※書き出し中は「考えない」、直感的にひらめいた言葉をひたすら書き出す。
※決してその場では、グループ分けなど整理をしない。
※左脳(論理的思考)を使わず、右脳(直観・感覚)を使って書き出す。
※バカヤロー、など感情的な言葉もOKです。

A3用紙が、数枚になったかもしれません。
とにかく、自分の心や脳がすっきりとするまで、続けましょう。

例)あるワークショップ中に出てきた不安・悩み・問題の一部です。

【仕事】
・売上がダウンしている
・目標が達成できない
・自分に合っている仕事は何か
・会社の将来
・このまま続けていけるのか
・いやな上司がいる、部下が反発ばかりする

【家庭】
・両親の将来、健康
・住宅ローン
・パートナーとの性格の不一致
・結婚、離婚
・自分を理解してもらえない
・子供の将来、教育
・財政難

【自分】
・能力不足:知識をつけたい
・心の成長がしたい
・生きる目的がほしい
・ダイエット
・意地悪な心、人と比較する心、偽る心
・自分に自信がない
・劣等感
・プライドが強すぎる
・自分はダメな人間?
・健康不安

※多くの方とワークをしてきましたが、
 皆さんが抱えている不安・悩み・問題は、ほとんど同じです。
※あなたの不安・悩み・問題は、他の方の不安・悩み・問題でもあるのです。
※悩んでいるのは、あなただけではありません。
「書き出し」ワークは、
「お筆先」ワークでもあります!

数字が降りてきて、万馬券ゲットするかもよ・・・(笑)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

地球維新 天声会議 日本 更新情報

地球維新 天声会議 日本のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。