ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 地球維新 天声会議 日本 > トピック一覧 > 綾の光時通信393:「神の法則...

地球維新 天声会議 日本コミュの綾の光時通信393:「神の法則」にまつわる記事を3つご紹介!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

綾の光時通信393:

「神の法則」にまつわる記事を3つご紹介!


映画「奇跡がくれた数式」、
皆さん、観られましたか?

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1445881&id=80951258

http://kiseki-sushiki.jp/

映画では、
彼の数学的発見の理由を「直感」としていますが、
彼はそれを「女神の導き」とも表現していました。

つまり自分の直感は、「神が与えてくれた」という事。

全ては、神の法則として、数式あり・・・


さて本日は、「神の法則」にまつわる記事を3つご紹介!

・真空崩壊
・ 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)と地震
・死ぬ時に後悔するな!


【消滅】全てを一瞬で崩壊させる「真空崩壊」
という現象が起こりえることが判明

http://jishin-yogen.com/blog-entry-9299.html

ボールを落とすとしばらく跳ね続け、やがて安定して静止することは、
誰でも知っていることですが、何もしていないのに、
再びボールが激しく動き始めることがあれば、
存在しなかったエネルギーが発生したことになります。

もしそのような現象が起きれば、物理学が根底から覆され、
すべての物質が、今まで持っていなかったはずの大量のエネルギーを放出することになり、
ボールが動き出した次の瞬間に、地球は消滅してしまいます。

この現象は本当に起こるかもしれない
「真空崩壊」と呼ばれているのですが、
一体どのような仕組みなのかが、
誰にでもわかりやすくムービーで説明されています。


わかるかな〜
わかんねえだろうな〜

https://www.youtube.com/watch?v=ijFm6DxNVyI


【地震】イタリア中部で発生した地震は「CERN」が原因…
CERNからイタリアのグラン・サッソ国立研究所までは
ニュートリノ・ビームラインが敷かれおり、その直線上が震源地だった!

■複数の海外メディアがCERNと地震の相関を指摘

7月27日付の英「Daily Express」紙が、
今年4月、LHCの稼動わずか15分後に、
バヌアツ共和国マレクラ島でマグニチュード7の地震が発生、
運転を停止したというニュースを報じている。

イタリア中部地震は「CERN」の仕業だった!?
実験装置と震源地がピッタリ一致、日本も危険か?

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201611_post_11400.html

今年8月、イタリア中部を襲った「イタリア中部地震」(マグニチュード6.2)。
死者298人を出した痛ましい大災害だったが、天災はどうしても起こってしまうもの。

防御策を講じるより手立てはない……が、
実は人災だったのではないかという噂が、
実しやかに流れている。

なんと、「CERN(欧州原子核研究機構)」が
地震を引き起こした可能性があるというのだ!

CERNは、
世界最大級の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」を
保有していることで有名だ。

LHC実験の中では、光の速さに近い速度で粒子を衝突させることで、
マイクロブラックホールやパラレルワールドの謎を解明する糸口が、
日々探求されているが、どうも思わぬ副作用がありそうなのだ。


生きるために知っておきたい、
人が死ぬ前に後悔する17のこと

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=190&id=3377367

「いつか死ぬのはわかっているけれど、それは遠い未来の話」・・・?

命あるものはいつか死ぬ、とわかっていても、
それがいつなのかなんて、誰にもわかりませんし、
私たちの多くが、今を楽しく生きるために、
自分自身や家族、友人の死についてできるだけ考えないよう、
死から目を背けているのではないでしょうか。

どんなに望んでも、決して避けられない死。

ですが、
「死への準備をするということは、良い人生を送るということである」
とトルストイが述べたように、

自分の「死」について考えることは、
自分の「生」を考えることでもあります。

もうすぐ死ぬと悟った人たちが、何を後悔しているのか。

それを知ることは、
私たちに、より良い人生を送るための、
大きなヒントとなるのではないでしょうか。

◆他人がどう思うか、気にしすぎなければよかった
◆他人の期待に沿うための人生ではなく、
 自分が思い描く人生を歩めばよかった

◆あんなに仕事ばかりしなければよかった
◆もっと一瞬一瞬に集中して生きればよかった

◆喧嘩別れしなければよかった
◆もっと他人のために尽くせばよかった

◆もっと家族と一緒の時間を過ごせばよかった
◆友達との時間を大切にすればよかった

◆もっと旅をすればよかった
◆リスクを恐れずにいろいろ挑戦すればよかった

◆もっと自分の情熱に従って生きるべきだった
◆あれこれと心配し過ぎなければよかった

◆もっと自分を幸せにしてあげればよかった
◆周りの意見よりも、自分の心の声を信じるべきだった

◆愛する人にもっとたくさん気持ちを伝えるべきだった
◆もっと幸せを実感するべきだった

◆もっと時間があれば・・・


追伸

「三笠宮崇仁さま逝去」につきまして、
11月11日より、来年の建国記念日2月11日まで、
綾の光時通信も、喪中とさせて頂きます。

関係者各位の皆様、
ご了承、ご理解くださいませ!

コメント(6)

映画「奇跡がくれた数式」、
皆さん、観られましたか?

http://kiseki-sushiki.jp/

映画では、
彼の数学的発見の理由を「直感」としていますが、
彼はそれを「女神の導き」とも表現していました。

つまり自分の直感は、「神が与えてくれた」という事。

全ては、神の法則として、数式あり・・・


さて本日は、「神の法則」にまつわる記事を3つご紹介!

・真空崩壊
・ 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)と地震
・死ぬ時に後悔するな!
【消滅】全てを一瞬で崩壊させる「真空崩壊」
という現象が起こりえることが判明

http://jishin-yogen.com/blog-entry-9299.html

ボールを落とすとしばらく跳ね続け、やがて安定して静止することは、
誰でも知っていることですが、何もしていないのに、
再びボールが激しく動き始めることがあれば、
存在しなかったエネルギーが発生したことになります。

もしそのような現象が起きれば、物理学が根底から覆され、
すべての物質が、今まで持っていなかったはずの大量のエネルギーを放出することになり、
ボールが動き出した次の瞬間に、地球は消滅してしまいます。

この現象は本当に起こるかもしれない
「真空崩壊」と呼ばれているのですが、
一体どのような仕組みなのかが、
誰にでもわかりやすくムービーで説明されています。


わかるかな〜
わかんねえだろうな〜



【地震】イタリア中部で発生した地震は「CERN」が原因…
CERNからイタリアのグラン・サッソ国立研究所までは
ニュートリノ・ビームラインが敷かれおり、その直線上が震源地だった!

■複数の海外メディアがCERNと地震の相関を指摘

7月27日付の英「Daily Express」紙が、
今年4月、LHCの稼動わずか15分後に、
バヌアツ共和国マレクラ島でマグニチュード7の地震が発生、
運転を停止したというニュースを報じている。

イタリア中部地震は「CERN」の仕業だった!?
実験装置と震源地がピッタリ一致、日本も危険か?

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201611_post_11400.html

今年8月、イタリア中部を襲った「イタリア中部地震」(マグニチュード6.2)。
死者298人を出した痛ましい大災害だったが、天災はどうしても起こってしまうもの。

防御策を講じるより手立てはない……が、
実は人災だったのではないかという噂が、
実しやかに流れている。

なんと、「CERN(欧州原子核研究機構)」が
地震を引き起こした可能性があるというのだ!

CERNは、
世界最大級の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」を
保有していることで有名だ。

LHC実験の中では、光の速さに近い速度で粒子を衝突させることで、
マイクロブラックホールやパラレルワールドの謎を解明する糸口が、
日々探求されているが、どうも思わぬ副作用がありそうなのだ。
生きるために知っておきたい、
人が死ぬ前に後悔する17のこと

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=190&id=3377367

「いつか死ぬのはわかっているけれど、それは遠い未来の話」・・・?

命あるものはいつか死ぬ、とわかっていても、
それがいつなのかなんて、誰にもわかりませんし、
私たちの多くが、今を楽しく生きるために、
自分自身や家族、友人の死についてできるだけ考えないよう、
死から目を背けているのではないでしょうか。

どんなに望んでも、決して避けられない死。

ですが、
「死への準備をするということは、良い人生を送るということである」
とトルストイが述べたように、

自分の「死」について考えることは、
自分の「生」を考えることでもあります。

もうすぐ死ぬと悟った人たちが、何を後悔しているのか。

それを知ることは、
私たちに、より良い人生を送るための、
大きなヒントとなるのではないでしょうか。

◆他人がどう思うか、気にしすぎなければよかった
◆他人の期待に沿うための人生ではなく、
 自分が思い描く人生を歩めばよかった

◆あんなに仕事ばかりしなければよかった
◆もっと一瞬一瞬に集中して生きればよかった

◆喧嘩別れしなければよかった
◆もっと他人のために尽くせばよかった

◆もっと家族と一緒の時間を過ごせばよかった
◆友達との時間を大切にすればよかった

◆もっと旅をすればよかった
◆リスクを恐れずにいろいろ挑戦すればよかった

◆もっと自分の情熱に従って生きるべきだった
◆あれこれと心配し過ぎなければよかった

◆もっと自分を幸せにしてあげればよかった
◆周りの意見よりも、自分の心の声を信じるべきだった

◆愛する人にもっとたくさん気持ちを伝えるべきだった
◆もっと幸せを実感するべきだった

◆もっと時間があれば・・・
追伸

「三笠宮崇仁さま逝去」につきまして、
11月11日より、来年の建国記念日2月11日まで、
綾の光時通信も、喪中とさせて頂きます。

関係者各位の皆様、
ご了承、ご理解くださいませ!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

地球維新 天声会議 日本 更新情報

地球維新 天声会議 日本のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。