ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > アルビレックス新潟 > トピック一覧 > 2018 J2 第38節 vs...

アルビレックス新潟コミュの2018 J2 第38節 vs 京都サンガF.C.(A)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

試合日時:10月20日(土)15:00キックオフ

試合会場:京都・西京極競技場

前回対戦:△1−1(3/11@第3節)

甲府での試合は、DFは良かったんですが、もう少し攻撃を仕掛けても良かったかなという気がしました。

次は下位のサンガ相手ですが、得点にこだわって戦ってほしいです。

コメント(11)

今日、試合だったのに誰も投稿しないんですね。
いつも試合途中でも投稿があったのに。

まあ今回はJ1復帰が消滅してモチベーションが下がるかと思ってたけど全然そんな事なかったですね。特に戸嶋のだめ押しの、あのプレーは良かった。
これで次はホームで試合が出来るexclamation ×2
残り、4試合勝ち点12取って締めくくろうexclamation ×2
>>[1]

J1復帰消滅は残念ですが 今日の勝ち点3で J2残留は決まりました。
一時は降格もあり得る状況だった事を考えると 最悪の事態は回避された事に 個人的には安堵してます(^^;
ここ数試合は来期に繋がるような戦いぶりも見えていると思いますし 来期こそ 必ずや復帰を果たしてほしいですね!

どんな状況でも無駄な試合なんて無いです。毎試合楽しみだから。
>>[2] 昨シーズンも終盤、連勝を重ね「来季に繋がる試合をしよう」っと言って今シーズンは、この有り様だから、まずは残り全て勝つ事、そしてどう言う選手を残して、どう言う新加入を加えて、どう言うチームカラーを作っていくかまとめておかないと、今年と同じ事になりますよね。
俺としては片渕続投で良いと思ってる。あとは、しっかりしたヘッドコーチを付ける事ですね。
俺はウッチーをヘッドコーチで良い気がする。
キーパーコーチに木寺でもいいかな。
降格した昨年、他チームサポの友人から「アルビは(J1復帰に)3年かかる」と言われました。
今年はまずチームを立て直すことが必要ですね。
現在J2最強と名高い甲府に引き分け
残留争いで状態の良い京都に勝ち

これは十分に評価して良いと思いますよ。
残りの相手はそう難しくないので何としても全勝してシーズン勝ち越して一桁順位で終わりたいです。
ところで・・・昨日の試合は森保さんが観に来てたらしいのですが、お目当は誰だったんでしょう?

話の流れをブッタ切ってすみません!
>>[7] 多分、原テルキじゃないかな?(いなかったけど)もしくは、河田?
来年は降格救済金の1億3000万円がなくなります。
早くも野澤が来年加入することになってます。これを考えると、GKは現行+野澤は考えにくいので、誰かが出ていくかもしれませんね。
現状だと、言いたくありませんがムラーリャの可能性が高いかなと。なぜなら、期限付き移籍だから。

それから期限付き移籍で新潟に来た選手、それから出て行った選手はどうか。新潟に来た選手で絶対に残ってほしいのは、満場一致でカウエ。最初はフィットしていなかったですが、今では欠かせない存在ですね。梶山は・・・正直戻るでしょうね。選手としてはいいのですが、けががちで戦力に数えられてないので、正直いらないかなと。坂井も正直いらない。

それから出て行っている選手。ブルーノ・メネゲウ。端山、期限付きを延長している平松、西村。来年の資金の減少を考えると全員どこかに行く可能性はありますね。

それから現有戦力では誰が出ていくのかexclamation & question現状では安田は年俸も高そうなので出ていく可能性は高いですね。それ以外は全然想像がつかない。

一番の問題は来期の監督です。個人的には片渕さん続投がいいかなと。監督にお金もかけられないし、新潟イズムを一番理解しているし、体現してくれるのが片渕さんなんでこのままが望ましいですす。
>>[9] 梶山、すっかり忘れていました冷や汗
今活躍している若手にも残って欲しいです!
原君は狙われるでしょうねー(長音記号1)
俺がいらないと思うのはジュフン、坂井、メネゲウ、安田、小川、高木、柳、長谷川はいらないですね。これで新加入+新人+達也や戸嶋、河田など今活躍できてる選手を残せば十分だと思う。
あとはヘイスを残すかですね。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

アルビレックス新潟 更新情報

アルビレックス新潟のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。