ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > アイヌモシリ一万年祭 > トピック一覧 > 私の出す本の出版フライヤー(チ...

アイヌモシリ一万年祭コミュの私の出す本の出版フライヤー(チラシ) たどりついたアイヌモシリで 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

私の出す本の出版フライヤー(チラシ)
たどりついたアイヌモシリで 
サブタイトル :ウレシパモシリで育まれて
はる書房
水谷和弘[著]

1972年、ある地方都市で起こった連続で起きた事件。犯人として捕まったのは16歳の少 年だった。
8年間の長い裁判、下獄25歳、出獄30歳、待ち受けていた苦難の人生……。
乗り越え、たどりつい たアイヌモシリで20年のいま。

四六判並製・224頁・予価1,500円(税込) ISBN978-4-89984-177-7
【著者プロフィール】
水谷和弘(みずたに・かずひろ)
1955年9月27日、埼玉県生まれ。
現在、精神障がい者2級の手帳を持つ同居人を6ヶ所の病院付き添いボランテアバイト介護する傍ら約3反の畑とホダ木(茸栽培)をともに有機無農薬・農業に取り組む。
著書に『獄中日記̶16歳の罪と罰̶』(三樹書房、2001年)がある。
※裏面にも案内あります

はじめに伝えたいこと
 あるりょうしのはなし
 ノッカマップ・イチャルパの前日に記す
機,△覆燭凌瓦砲修辰反┐譴燭
 すばらしい挨拶
 アイヌ先住民族とネイティブアメリカンが
 伝えてくれるもの
 『アイヌ神謡集』と「アシタカせっ記」のこと
供^蕕濆腓ぐ蕕討訛臙呂
 アイヌモシリ一万年祭
 オキクルミカムイは宇宙人なの?
 森町の環状列石と私の夢
 縄文・アイヌ文化を伝える土地に住む
 ”民族”として根源で繋がっていればいい
 伝統儀式か無用の殺生か、生きることは殺すこと
 季節を知るアイヌの星座
 聖なる地、コタンコロカムイが来るところに
 狩猟民族・先住民族から見た「私たち」
掘ゞ杁淹態を知らせよ!
 良き隣人ではなかった和人
 ノッカマップの叫び声
 ヘイトスピーチと平和憲法
 炎の中の祈り
 「文明」と「文化」私論
 「聖地の伝説」は人類への警告
検,海寮い北鯡椶鬚發辰得犬泙譴
 ゴールデンカムイと火の鳥
 自己紹介、あるいはきのこの話
 偉大なる師ナナオサカキ
 アイヌ古老女性からの贈り物
 生きることの意味を死刑から考える
 オオカミの役目
おわりから始まること
 私からの伝言
 おわりから始まること、あるいは光の色で見ること

チラシ裏面
このはなしはむかしのはなしもあり、
このはなしはいまのはなしもあります。
うえがつづいたあるむらにひとりのりょうしがすんでいた。
そのりょうしはもりのなかでおおきなクマをいとめた。
りょうしは、そのクマにたいへんかんしゃしてよろこび、や
がてそっといのりをあげた。にくなどはむらにもちかえり、
かぞくとむらのひとにわけあたえた。
かぞくとむらのひとびとは、それはよろこび、かんしゃして
いのりをあげてから、たべた。あまったにくはむらびとみん
なで、ほしたり、しおづけにしたそうだ。
またほかのむらのはなしだが、
そのむらにもりょうしがすんでいた。そのりょうしはもりの
なかでおおきなクマをいとめた。
りょうしは、
「おれがしとめたえものだ、ひとりでたらふくくって、のこり
は、ほしにくとしおづけにくにして、とっておこう」
とかんがえた。
でもクマのにくはあまりにもおおく、とってもひとりで、ほ
したり、しおづけにできません。そればかりか、のこりのにく
がくさり、あたりいちめんに、そのくさいにおいがうつるし
まつです。
さらに、そのにおいにつられてきたのでしょうか、おおくの
キツネとオオカミがあつまってきて、そのにくをむさぼりく
います。
りょうしは、キツネとオオカミをおいはらうのですが、あま
りにもおおくのかずのまえに、りょうしじしんキツネとオオ
カミのえさになりました。
のちにわかったことですが、そのりょうしのことが、かぜの
うわさでしょうか、おおきなクマをたおしたとつたわり、そ
のりょうしがすんでいるむらのひとが、そのにくをすこしで
もわけてほしいとりょうしのところにいくと、
そのりょうしは、
「おまえらにはくさったにくでもわけられない」
といいながらくさったにくをほおばっていたそうです。
りょうしはそのせいでしょうか、びょうきになり、キツネと
オオカミをおいはらえず、えさになったのだ、と。
さらにほかのうえがつづいたむらにも、ひとりのりょうしが
すんでいた。
そのりょうしは、もりでおおきなクマをいとめた。りょうし
はよろこび、むらにもちかえり、にくをほしたり、しおづけにして、
おかねやたからものとこうかんするのだといいだし、
にくをわけてくださいというむらびとにただでくれるもの
などないといったそうな。
そのはなしをきいたむらのおさは、
「こまっているときはおたがいに、たすけあうのだ。ずーっと
むかしからそうしてきたのにどうした?」
とりょうしにきくと、
そのりょうしは、
「おれがびょうきでしにそうだったとき、だれもたすけにこ
なかった、それだけだ!」
という。
むらのおさは、
「それはみんながしらなかったからだ。しっていたなら、ひと
りにさせてはおかなかった。そのことはすべておれのせきに
んだ」
といってかえった。
いくときがすぎただろうか、むらのおさはりょうしのところ
にまたたずねてきた。むらおさのうしろにはおおくのざいほ
うがあった。
「おれのすべてのもちものだ。これでにくをわけてくれ」
といった。
りょうしは、
「わかった。にくをすべてむらおさにやる」
といいながら、しばらくかんがえごとをしているようだっ
た。
りょうしはいった。
「むらおさよ、ほんとうにこまったときにこのもちものがひ
つようだろう。おれひとりではそのまねはできない。にくは
ひつようなぶん、おれはおれでとった。あとはひつようでな
い。むらおさのもちものも、おなじだ」
むらのおさとむらびとはたいへんよろこび、そのりょうしに
かんしゃして、のちによいよめさんをせわして、りょうしは
しあわせにくらしたそうな。
まだまだりょうしのはなしはあるそうな。いまいえるのは、
「よくばりもほどほどに」
「わけあうこと、よくはなしあうこと、たすけあうこと。あい
たがいにしあわせになることをかんがえること」
そして、
「かんしゃを」
もうひとつわすれないで、これだけは。
「あいたたかわずいきることを」
(「はじめに伝えたいこと」より)

本に乗せていませんが、最近のアイヌに関しての書き込みの事。
カムイ送り(神々の世界に送り帰す)…イオマンテ
アイヌ(の世界観で)は、個人特定の人が日常使っていた道具はその個人がカムイの国に行った時(死を指す)その道具も一緒にカムイの国に行くように送ります=「壊します」特定される家(チセ)も燃やして送ります。
土偶の用途なども、安産と豊穣の祈りが込められたものでおそらく悲願願いがが達成された時、同じ様にカムイの国に送り届けると言う事で「壊したと」言われています。
我が家の畑から出てくる石器で丸みを帯びてる凸状のすり石(実を潰す、石臼が出来る前の型)なども明らかに意識的に壊して有ります。
もしかしたら、「もののけ」が入り込まない様にと言う意味も有ると思います。
執着を捨てると言う意味

「壊します」と言う事は始まりからと考えることが出来ます。
そこに無い、最初から作る(魂を入れる)と言う意味も。

無機物も道具として使うと使っていた人の(一部の)魂が宿るのでカムイの国に返すと言う意味も有るでしょう。
見える知る事の世界、思う感じる世界に全ての万物に魂が宿っている…宿らせることも出来ると言う世界感だと思いました。
魂は、見るものでは有りません感じる事です。
感じている事は、そのものと繋がっていると言う事でしょう。
カムイ送り(魂を神々の世界に送り帰す)…イオマンテ

(昨日は、シャクシャイン供養祭、旧来の銅像は撤去され新しくシャクシャインの像が作られて居た、その像は旧来の木の先二股になった杖を持ち上げ天にかざす蜂起の先頭に立つ像でなく。
二の足で大地を踏みしめ、来客者を招き入れる如く手の平を胸の前で上に向けている儀礼、オンカムイの終盤の姿勢の様に見えました。
身に着けている衣装は、アイヌ文様浮出るアトウシ(オヒョウ(シナノキが使われることもある)などの木の内皮の繊維を織ったアイヌの織物。)かなと思いました。
オンカムイ
( 拝礼する・おがむ・おじぎする)】. オンカムイは、両手の平を上に向けて、下から胸元に持っ. てきて下におろします。
アイヌが頭に巻くマタンプシは、髪がほつれない実用的な事も含みます、
模様の無い黒いマタンプシも有ります。(地方ごとに違います)
更に、喪に服している時には模様の無い黒いマタンプシを付けます。(地方ごとに違います)
マタンプシに描かれている輪が描かれている刺繍はアイヌ文様で、モレウと呼びます。
モレウ(水の輪若しくは魚の腸)古典的な基準で輪は二つで夜も見えて敵の存在を教えてくれて食料をくすねるネズミを食べてくれるコタンコロカムイ(シマフクロウ)の眼。
模様の先が尖っているのは魔除け(鬼に対するヒイラ木的なもの)で、ドリームキャッチャー的要素が有ります。
ですからお守り、魔よけです。
本来一針一針祈りながら縫い込んでいくと刺繍をするアイヌより聞きました。

コメント(2)

分断される大地と民族

先住民族サミット アイヌモシリ2008あれから、10年目になる今年です。

静内のシャクシャインの立像も古い物は取り壊されて、写真のように変わりました。

私ごとですが平取と札幌で参加し、平取では「環境」分科会で私が知っているイランカラプテと外来植物と動物の侵略の事を発言した、先住民族サミットを検索してみた。(下記3点が目に入りました)

先住民族サミット には「環境」「権利回復」「教育・言語」の三つの分科会が有りその情報も詳しく知りたかったのです。

何故なら独断と思い込みが激しく有る私は 民族共生象徴空間(象徴空間)は白老 内閣府 文部科学省所管 国土交通省所管と言う地域空間や政府ではなく全道だと私は思い調べたのです。

〜アオテアロアからアイヌモシリへ〜
「先住民族サミット」アイヌモシリ2008
http://amanakuni.net/Namaenonai-shinbun/Namae151-misa.html

先住民族サミット、あれからどうなった?(3)
2008-10-14 | アイヌhttps://blog.goo.ne.jp/blue77341/e/b5c767cb2cc93e2d538cae9b91b330f5

先住民族サミット アイヌモシリ2008 に参加して
http://db.csri.for.aichi-pu.ac.jp/journal/2-90.pdf…'

///ダム予定地見学ツアー、やはり出てた賛成と反対が

1枚は「イランカラプテ」シャクシャイン記念館入口ドアに張ってありましたので写しました。
より丁寧に、イランカラプテァー若しくはイランカラプテアンナーと平取地区では言います。
(謹んで申し上げますあなた様の心にそっと触れさて下さい)と

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

アイヌモシリ一万年祭 更新情報

アイヌモシリ一万年祭のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済