ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ピアノのせんせい > トピック一覧 > 生徒さんの楽器は何ですか?

ピアノのせんせいコミュの生徒さんの楽器は何ですか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

こんにちは!

生徒さんのお持ちの楽器のことで質問です。

電子ピアノが多いですか?

アコースティックが多いですか?

私の生徒は、1人がグランドピアノで、残りの生徒はアップライトです。

今、電子ピアノの生徒はいませんが、

生徒を少し増やしたいので、電子ピアノの生徒も受け入れるか考え中です。

生徒側からすると、電子ピアノでもOKのほうが習いやすいと思いますか?

コメント(30)

インコ先生

うらやましいです。

うちは大半が電子ピアノ。
アップライトは指折り数えるほど。
グランドピアノは皆無です。

最近は電子ピアノならまだマシで、キーボードや紙鍵盤、絵本についているボードなど、年々ひどくなる一方です。

あまりにもひどいので、最近電子ピアノも買わないなら入会禁止にしました。
生徒サイドからすれば、どんな楽器でもokの先生の方が敷居は低くなりますよね。でも、これは教える先生が何を目指して指導するかによると思います。音楽の楽しさ、キーボードとしての知識・弾き方、ピアノテクニックを重視したレッスン…等まだまだ内容はたくさんあると思います。インコ先生の目指す教室としての、これだけは譲れないとの考えに即した募集をしてください。結果として生徒は増えてもストレスフルの教室になってしまいますよ。
>>[1]

絵本についるボードですか。

すごい発想の方もいるんですね。

あんまり酷いと、規制するしかないですよね。

近所の楽器店では、電子ピアノよりキーボードを買う人が多いと聞きました。

でも、実際どうなんでしょうね。

ピアノコンクールも盛んですから、ピアノは売れている?

ちょっと疑問に思いました。
>>[2]

写真のワンちゃん、かわいいです犬

そうですね、教室のポリシーは大切にしたほうがいいですね。

最近、ピアニストの方が電子ピアノの生徒さんを教えていたのを知って、

考えるきっかけにはなったんです。

それと、アップライトピアノを持っているからといって、

常識的なマナーを守ってくれるとは限らない!ということを経験しているんです。

でも、なんでもOKだといろんな人が来るでしょうね!





赤松先生が、電子楽器店で電子ピアノでの指導法の講座をされたので行きました。
今の電子ピアノは進んでるので、弾き方で変わるから有効活用できるというものでした。

確かに弾き方は反映していましたが、これは上位機種だからじゃないのかな?
というのが私の疑問です。
先生に質問は受け付けられなかったのが残念です。
詳しいことを楽器店の人に聞いても要領を得ませんでした。

電子楽器店としては、突っ込まれたら困るのかな・・・?
>>[6]
そんな講座あるんですか!
羨ましい。行ってみたいです。
うちもほぼ電子。
アップライトが3割いるか?
電子ピアノだとコンクールなどやっぱり級が上がるにつれて太刀打ち出来なくなってきてます。
でも電子ピアノ買うだけマシなのかもです。
卓上キーボードの生徒もいると知り合いの先生嘆いてます。

入会の時点で楽器をまだ買っていなかったら、電子ピアノはいくら高くても本物には叶わないくらい言っちゃってますが、皆さんやっぱり電子ピアノかいますね。

インコ先生は、入会時に電子ピアノ不可にされているんですか?
>>[7]

私も、そんな講座があるなんて初めて知りました!

全国で電子ピアノのほうが多いんでしょうかね。

今、私は電子ピアノは不可にしてます。

やっぱり、電子だと音とか・・・・。

ピアノを買ってもらうのに、半年や一年かけて説得した人もいます。

よくあるのが、お母さんは買いたいけど、お父さんが・・・・。

というケースが多いです。


ただ・・・・ピアノを持っていても、とんでもない親もいるんですよね。

遅れるのが当たり前、欠席でも連絡なし、子供は全然練習しない。

爪がいつも長いから優しく言っても、切ってこない。逆切れする。

こういう人は自然と辞めて行きました。辞めて行き方も、やはり凄いものでした。

ピアノも持っていても、どこの教室へ行っても上達はしないと思ってます。


今、リトミックの子がピアノを検討している子がいます。

一戸建てでピアノが置ける環境なので、

電子ピアノよりアップライトピアノをススメています(^^♪










>>[6]

そういう講座があるんですね!

先生だからこそ分かることなので、定員さんは分からなかったかもしれないですね


クラビノー○で、一番高いものと、二番目に高いものの違いを聞いたことがあります。

私が聞いた店員さんは、中に入っている音の種類が多いか少ないか。

と、仰ってました。

(本当にそれだけの違い?)



















まさに今悩んでいる問題です。
私も教室スタート時には、「最低でも電子ピアノを準備してください。」と言っていました。

自分の指導経験が上がってくると、電子ピアノでは練習しきれていないであろうことが
分かってきました。

その後入会してくる生徒さんには、「最低でもアップライトピアノを準備してください」と言うようにしました。
現在、計算したら、70%アップライトピアノです。

しかし、それぞれのご家庭の事情があるので、「絶対に」とは言えません。

最近は、おうちが電子ピアノの生徒さんには、家での練習に期待できないので、ある程度教室で練習をさせ、
家での練習の仕方を指導し、教室のピアノである程度できたら合格。
多少家での練習が電子ピアノという事を考慮するしかありません。

また、弾かせる曲も、厳選せざるを得ません。

でも、仕方ないのかな・・・
と感じています。

ピアノを弾いている生徒さんが「これ以上は上達しないな・・・」と悟ると辞めていくのでしょうね。

以前、電子ピアノ(と言っていたけれど、キーボードだったかもしれません)の生徒さん、
同音連打が、教室のピアノできれいに弾くことができず、発表会の曲を変えることになりました。
「家だと弾けるのに」と本人納得しない様子。生徒さんと母親に説明しましたが、母親は「ピアノは買いません」とかたくなに拒否。

その生徒さんは、小学校で伴奏者を務めることになりましたが、3人いるうち自分が下手であることを悟りました。
右のメロディーも左の伴奏も、同じくらい気合い入れて弾くので、一言「うるさい演奏」なのです。

とても練習熱心なので、教室で「右のメロディーをよく聴いて。左は(音量)おさえてね」
と言っても、家で沢山練習すると、元に戻ってしまうのです。

可哀想に・・・本人は伴奏がやりたいけど、きれいに弾けないし、親が聴きに言っても、やはりよくないし、(親が)才能もないと感じ、
「テニスに力を入れるので。」と言って、5年生で辞めていきました。

楽器が原因なんだけどね・・・

なかなか難しい問題です。

>>[11]

同じような経験があります。

我が子が小さくて、まだ教室をしていないとき、ひとり近所に人に頼まれてレッスンしてました。

その子の親は、ピアノがあると言っていたのに・・
キーボードだったことが後々分かりました。

全然、上手くならなくて、ミスタッチが多すぎて、おかしいな、
私の指導が悪いのかなと、結構悩んでいたのです。

そしたら、ボタン押したら電源が入って音が鳴る!と言い出したので
キーボードだったと判明しました。

子供は、正直ですね!

でも、お母さんは上手くさせたいと思っている方だったので
困ったもんでした。

その生徒は、自分で悟っていました。親よりもよく分かっていたのです。

家では弾けるのに。と。。。本人が辛かったと思います。

一年くらいで辞めて行きました。

私はその経験が忘れられず、ピアノをお願いしています。



住宅事情は仕方ないですが、親が 電子では無理な部分があると理解して

始めさせるならいいけれど、習い始めると親も欲が出てくるんですよね。

お友達の○○ちゃんみたいに上手にさせたい。とか。。

そういわれた時は、・・・・・・です。




教室で少し上手くなって帰しても次のレッスンには戻ってしまっている。。

同じ状況でした。選曲も同じです。

進度も変わってきますよね。

子供が一番分かっているんですよね。


住宅事情で、中古アップライトで消音機能付きを買った生徒がいます。

タッチなど今のところ問題ないです。

ヘッドホンをする時、しない時、両方あるみたいですが

今のところタッチ等問題なく、頑張り屋さんなので毎回上達しています。

住宅事情の人には、

まず、消音機能付きをおススメしようと思います。



ピアノ持っている子とは、同じようには進めないことを

親も理解しているなら電子もいいのかな(*^_^*)


難しい問題です。












うちのお教室は20年前には、電子ピアノの生徒さんは多分いなかったと思います。

私が大けがをして、14年くらいピアノ教室を閉鎖して、6年くらい前に再開しました。

再開時に、電子ピアノの生徒さんは、初回からタッチが荒くてピアノをたたくように弾いていました。

再開後は、ホームページを作るまでは生徒さんは1~3名で、2人は兄弟で親のピアノがありました。

去年ホームページをつくってから入った人は、全員最初はピアノを持っていませんでした。去年の秋に入会して、鍵盤ハーモニカで練習していた幼稚園の子は、親の希望ソルフェージュをさせてほしいというので、音とりに鍵盤ハーモニカを使ってのレッスンでしたが、限界を感じたようで、半年でやめました。
私も、ずいぶん苦労して教えて、他の子の3倍以上下調べをして準備してレッスンをしていたので、すっかり落胆してしまい、レッスンをするきが一時失せてしまいました。

それで、今年の4月からは、入会時アンケートに「2年以内にピアノを用意することができますか」という欄を設けました。

ご父兄は「ピアノあります。電子ピアノ買ったばかりです」と、最初は驚いていましたが、レッスンをするにつれて、違いがわかるようになり、「何も知らなかったから、電子ピアノを買ってしまって」というようになりました。「教室では音がでなくても、家では音が出てしまったり、逆に教室で出した音が家では出ない」とのお話です。

その後、夏をはさんで9月入会が2人と、11月希望の体験レッスン予約者がいますが、最初から電子ピアノとピアノの違いを説明して、9月からの子は2年以内にピアノが用意できなければ、入会を見合わせる。つまり実質的にお断りしています。

問い合わせだけで終わる人もいますが、全員が親のピアノを移動して持ってくるということで、最初からピアノでのスタートです。

春に入った3名が電子ピアノですが、ピアノを買わないと言っているわけではなく、時期を見ているらしいので、私も急いではいません。

ホームページを作ってから、この春一気に人数が倍になり、秋には3倍になったので、これ以上生徒さんを増やそうという気がなくなり、ホームページにも楽器のことをかいたり、入会前にきちんと説明して、すぐにではなくても、2~3年でピアノを用意できる人でないと、今後も入会をお断りしていくつもりです。

別に生徒さんをとらないというわけではなく、ピアノを将来的に用意する覚悟がある親の子どもさんを増やしたいのと、それだけでなく、ほぼ最初は100%ピアノがないわけで、こちらも言いにくいことを最初に言うわけですから、親も個性の強い親は入会を足踏みするという効果もあるかなと思います。

お教室を再開したばかりの頃に、来ていたようなご家庭の方は今はいないので、ストレスがぐっと減り、毎回楽しくお稽古しています。生徒さんも楽しみに来ているようで、とてもいい関係が築けています。

説明の仕方もあると思いますが、私は口で言ってもわかってもらえないと思って、私が弾きます。
2回とも、リズム音程は間違いなく弾きますが、1回目と2回目でタッチを変えます。

電子ピアノは、パソコンと同じで、強弱はできても、音色を変えることができないこと、ただ弾くだけで騒音でしかないことを説明します。正しい音程を正しいタイミングで弾いただけでは音楽にならないということをわかっていただいて、ここでできても家の練習でできないと、お子様に無理なことを教える結果になるので、そんなかわいそうなレッスンはできない。
正しい音だけ弾いていれば、オッケーというお教室も多いことを説明します。


但し、大学生でアパートにすんで、資格試験のために習う人は例外で、キーボードでもいいことにしています。
>>[13]

大けがをされた後、ピアノも再開されて、素敵なピアノライフが伝わってきました!

大けがから回復されて良かったです。



やはり、はじめが肝心ですね。

ピアノを用意しないと習えない教室へは、親も覚悟して習わせますよね。


しかし、地域的なこともあり、安物好きな人が多いので、

ピアノのことを理解してもらうにはとても大変です。

やっと、今の生徒たちを集めました。




ピアノがないと教えないというスタンスは生意気かもしれません、

大学で教えている肩書はありませんので・・・



ただ、思うところはみゆ先生と同じです。

最近、入会者が減ったので考えるきっかけになりましたが、

今の教室のカラーをガラッと変えると、自分もストレスになるし、

在籍している生徒にも迷惑がかかるかもしれないので、

やはり、ピアノは用意してほしいという考えは崩さないまま、

臨機応変に対応していきたいと思います。



才能があるとか、ないとか関係なく

まずは楽器で変わりますよね。










>>[15]

子供の友達が大手の音楽教室へ通ってるんですが、
キーボードで家での練習は週一だそうです。

でも、その子は学校の音楽会で、楽しそうにリズム感よく木琴を担当していました。

そのとき、色々思いましたね。
ピアノは弾けないんでしょうが、
音楽が大好き!っていう気持ちは伝わってきたのです。
こういう感じでもありなのかなーと。


そのおばあちゃんの家にグランドピアノがあるという生徒さんも
そういうタイプかな?
しかし、おばあちゃんの家が近いのか遠いのか分かりませんが
勿体ないですね。


指導者は上手くなってほしいから、購入の話をしても
親によりますね。

私の場合、本格的にさせるつもりはないから。と言われたこともあります。
その人は、電話だけで終わりました。

アップライトピアノ=本格的?
と思いましたが、そう思ってしまう親御さんもいるんですよね。



「習字教室に筆を持って行かず、鉛筆で行くようなものよ。
そんな人いないでしょ?」
と、ある先生がおっしゃっていました。

確かに。ごもっともです!(でも全ての人には通じません。)

例えば、サッカーはサッカーチームのユニフォーム、サッカーシューズを、
バスケットボールならバスケ用のシューズを
野球ならバットとグローブを用意しますものね。

でもピアノは高いから・・・。音も出るし・・・。
置き場所がないし・・・
でしょうかね。


親御さんの方針で随分とかわりますね。。


>>[17]

吹奏楽で伸びるかもしれないですね!

ママ友の娘さんが、ピアノは辞めたけど吹奏楽部に入って、

頑張ってるって言ってました。

高校行っても続けてるらしいです。

ピアノって孤独だけど、部活は友達いるし、楽しいでしょうね(^^♪


ピアノの生徒が合唱部に入って、ピアノが上手になりました。

練習時間は減ったんですが、色々な経験がピアノ上達に繋がったのかな。



生徒さんの成長、楽しみですね(*^_^*)





最近、地元のホールでピアノ教室の発表会を見学に行ってきました。その発表会は生まれたばかりの音楽教室のようで、その発表会は「第1回発表会」と銘打っていました。発表会終了後、簡単な懇親会が開かれ、最近のピアノ学習者の練習環境についての話題が出ました。その話題の一つに、「電子ピアノとアップライトピアノは、練習環境としてどちらが好ましいか」という問題がありました。その懇親会に臨席して先生、生徒さんの大半の意見では、「電子ピアノのほうが好ましい」と言うのです。

詳しい話を伺うと、まず究極の理想は当然グランドピアノです。で、「電子ピアノとアップライトピアノとを比較すると、どちらがグランドピアノに近いか」ということが評価の基準になるようなのです。そしてこの評価基準に基づいて評価すると、電子ピアノに軍配が上がるというのです。

私はこの意見にちょっとびっくりしたのですが、しかし、最近の電子ピアノが技術的にかなり進歩してきたのかもしれません。このため、電子ピアノでグランドピアノにかなり近いタッチが再現できるようになり、「グランドピアノの代替物」という観点からは、電子ピアノのほうが好まれているのかもしれないと思います。
録音の仕事の関係で、カ●イの電子ピアノの最上位とグランドピアノ、アップライトピアノを持っています。
電子ピアノの音はグランドピアノを録音したものでとても綺麗ですが、録音なのでどんな弾き方でも綺麗なグランドピアノの音が鳴ります。
安い電子ピアノとは比べものにならないほどタッチは近いものがありますが、どんな弾き方でも綺麗な音ということは、綺麗な音を出すための工夫をしなくていいという事だと思います。
同じタッチでグランドピアノで弾いても当然ながら同じ音は返ってきませんし、電子ピアノでしか練習していない生徒はグランドピアノで綺麗な音が返ってこないことに苦労しています。
>>[21]

>どんな弾き方でも綺麗な音ということは、綺麗な音を出すための工夫をしなくていいという事だと思います。

私、この点がすごく気になっていました。電子ピアノから出る音がどうのこうのではなく、奏者の楽器に対する働きかけに対する反応が、本当に「生ピアノ」を再現しているのだろうかという点でした。らりあさんのお話を伺って、「やはり…」という感慨を持ちます。
>>[22]

私は、カシオの最高機種を持っています。モニターをしているのです。
夜遅い時間に練習する時にこちらを使うのですが、らりあさんと同じようなことを感じました。
音源はとてもいいのですが、良すぎてうまく聞こえてしまう、と、生徒も言っていました。この生徒は大人の方で、実家ではアップライトピアノで練習をしていた人です。結婚して住んでいる住居が制約があり、電子ピアノを新たに購入した(元々お母さんの持ち物で持ち出せないという理由もあり)という人です。

「家でなかなかよくできてると思って、先生のところのグランドで弾くとガッタガタですね」
だそうです。

生徒の大半は電子ピアノです。住居問題はなんともしがたく、近隣に音に過敏な方が住んでいる場合は気を使います。

実際持っていて感じますが、ペダルは全く満足行っていません。
電子のペダルは上級機種でも雑に踏んでも上手に聞こえてしまうため、今ペダルをはじめて使う(しかもいきなり曲全体で)生徒に指導するのに苦労しています。
合唱伴奏も効果的にペダルを使わなければならないのですが、こちらも指導が難しいです。
はじめまして!
大変興味深くコメント拝読しました。
私はまだ講師歴数年の若輩者ですが、やはりデジタルかアコースティックかで、生徒の伸びや感性に差が出てくるのは痛感しております。
本当に、理想は全員アコースティック、といきたいところですが…このご時世、初期投資やメンテ費、騒音の問題がありなかなか難しいですね。

ただ一つ困っていることがあります。

生徒さんにあらたにピアノを購入してもらう場合、メーカーや機種のアドバイスを先生方はなさいますか?
一口にアコースティックといっても、なかにはまさかというぐらいヒドいものもあります。
私はとにかく楽器が好きで、街の楽器店、試弾会、折々の大規模なピアノフェア等に可能な限り足を運び、アップライトもグランドも、国産&輸入品、中古&新品、といろいろ味わい、比較するのが趣味なのですが、特に大規模フェアなどでは「これはないでしょ…」と絶句モノの個体に出くわすことがあります。
その日の特別提供品、目玉商品、というものにも、良心的な調整がされてるものはあまり出会ったことがありません。
通常の状態のはずなのに、マフラーペダルをふんでるかのごとくこもりまくったモコモコのピアノ、高音域と低音域でダイナミクスや音色がまったく違うもの、全音域ムラがなくても、音量がmezzo pianoから mezzo forte までしかでないもの、そもそも音が割れてるもの、タッチが重すぎor軽すぎで、調整可能なことながら別途お直し費用がバカにならなそうなもの…
私個人の経験値ですが、30万以下のアップライト購入はかなり博打かと思います。
大切に保管されてた中古の30万ならよい個体もなきにしもあらずですが、楽器屋での表示価格が最初から特価品、という個体群は、あいにく講師諸氏が生徒様に伝授なさりたい「表現」「情感」に応えられる繊細さを持ち合わせていないように思われます…
それは、録音されたデジタル音とは全然別モノの、フェルトのハンマーで弦を打つほんもののピアノ音が鳴ることは確かで、その点は魅力ですが、例えば、これが自分のための選択で、今使える楽器代が30万で、目の前に問題満載の中古アップライトと、新品のデジタルピアノが同額で(30万のデジタルは上級クラスです)が売られていて、必ずどちらかを選んで日々練習に励めと言われたら、多分高級デジタルを選んでしまうと思いますあせあせ(飛び散る汗)

ピアノというものについて、細かく説明するのは音楽にあまり慣れがない親御さんに対してはあまり気が進まないと申しますか、なかなかに言いづらい感じがします。
講師の先生方は、専門教育を受けられてらした過程の中で、グランドピアノ購入(友達もみんなグランド)、教授のレッスンはワンレッスンで万札、なんてことを普通に経験されてるかと思いますが、ごくごく一般的な家庭で、小さな子供の習い事の初期費用に30万では多分足りないですよなどと申し上げると普通は驚愕されます。少なくとも私の周りはそういう感覚ですので、楽器購入の相談にのる際は慎重にならざるを得ません。
どうしてもデジタルしか用意できない、というご家庭には、88鍵+ペダル付は当たり前として、ざっくりとした目安としてできれば15万以上のものをお選び下さいと申し上げてます。メーカーにもこだわりつつ。
カシオのgp500、ヤマハのnu1まで頑張って頂くとかなり嬉しいですが…もうアコースティックが買えてしまう価格帯ですので、その先は家庭の事情と好みの問題かと思ってます。
問題はアコースティックなんです…
「お母さんが昔使ってたピアノ」等を数十年振りに復活、ちゃんと調律師にも一定額払って再調整してもらった、という個体ならまあまあ安心かなあと思うのですが、楽器店の特価品、フェアの目玉品を選ばれてしまうと…もちろん、そういう個体が全部だめというわけではありませんが… 私としては正直微妙なんです。
どのご家庭も、ピアノ購入に専門店に出向かれた際、店に置いてある中価格帯からそれ以上のものを、ちゃんと1台1台音を出してよく聞きながら、心をこめて選んでくれればいいんですけどね。

長文の駄文で申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)
不適切な点、ご不快な点がありましたら削除致します。
ご意見伺えれば幸いです。
>>[25]

>例えば、これが自分のための選択で、今使える楽器代が30万で、目の前に問題満載
>の中古アップライトと、新品のデジタルピアノが同額で(30万のデジタルは上級
>クラスです)が売られていて、必ずどちらかを選んで日々練習に励めと言われたら、
>多分高級デジタルを選んでしまうと思います

大変興味深いご意見です。[19]番でお話したピアノ発表会の先生方も、「電子ピアノとアップライトピアノとを、どちらがグランドピアノに近く聴こえるか」という観点から比較すると、電子ピアノに軍配が上がる、という見解が出されたというお話をさせていただきましたが、このときの先生方はもうひとつ「電子ピアノとアップライトピアノとでは、どちらがコストパーフォーマンスが良いか」という観点からも、電子ピアノに軍配が上がるということをおっしゃっていました。
>>[25]

フェアのことは私も行ってみて驚いたのでよくわかります。

私の場合は、実際に生徒の購入に付き添いをします。指導者が付き添いに来る場合は、店員も下手なものは勧めないように思います。

中古の場合は調律師経由でのご紹介のみです。
この調律師さんは私が高校生の頃からのご縁なのでもう30年くらいのお付き合いになりますが、顧客の生徒への販売なので変なものを売ると信用問題に関わるので、今までにダメということはありませんでした。

私が知らないうちに買ってしまった人はどうしようもないですね。
その生徒は短期で教室を変わってしまいましたが・・・。

ヤマハの営業さんからも、LIRAさんの所感と同じ話を聞きました。
「担当地域のお客さんには30万以下だったらリニューアルでもおすすめしない」と。
飛び込みのお客さんだったら在庫処分で売っちゃう人もいるそうです。

カワイの営業さんからも、
「懇意にしている先生の生徒さんに変なものを売っちゃったらいけないので慎重におすすめします」
と言われました。(私はどちらの営業さんともつながりがあります)

一番いいのは、LIRA先生が付き添いをして助言をされることではないかと思います。
tomtomさま
ことなりままっちさま

コメントありがとうございます!
先の、tomtomさまの書き込み拝見しておりました。
デジタルか、アコースティックかという比較は一口では断じられない微妙な問題ですよね。
グランドの代替機としては、アップライトよりデジタルというのは賛成です。そういう意味で、私の駄文中でも、おかしな例ではありますがあせあせ(飛び散る汗)ヘンなアップより高級デジタルと申し上げ、今もその気持ちは変わりません。 その上で、自分の中のひとつまみの釈然としない部分が残ります… すみません、しつこくて。
自分自身はピアノに打ち込んだ青春時代は親のお陰で良いピアノを準備してもらい、日夜その音色に慣れ親しみ、コンクールや大学生活、その後仕事の場で様々なピアノ、本当にピンからキリまでいろいろなピアノに触ってきて、私はあいにく下手くそなんですがそれでもタッチの差、奏者の感性の差でピアノは七変化の音色を出しうるし、そのキャパシティは個体の個性として大きく異なる、ということを肌身でもって経験してきました。そして、国内最大手のメーカーがだす70万超のハイブリッドピアノを触って、ああやっぱり電子音。と第一印象を持ってしまったことは否めず。それはそれは素晴らしい電子音ですし、センサーの効きは一流の仕事と思いますが。
アコースティックの持つ、言葉ではいいようのない発音の気持ちよさ、心地よさはどうやっても電子の力では再現できないものなんだなあと打たれてしまいました。N3はまだ触ったことがなく、ここまで行けばまた違う印象をもつのかもしれませんが。
なので、ピアノという楽器に心ひかれ、上手になりたい、あの曲を素敵に弾けるようになりたいと目をキラキラさせてる子供たちの、日々の練習の友がデジタル音、というのも一抹の抵抗があり… こう弾けばたいていこのぐらいこたえてくれる、という経験値があり、演奏の具体的な目標、一定の自己基準が確立している大人と、これから奏法を学ぶ子供たちでは事情が違うのが悩ましいところなんです。まっさらな耳と指にしつこくインプットされるのがデジタルのもつプラスチックと電気の感触、というのも残念なものがあります。
ああ、かといえやはり、残念レベルのアップで練習するくらいなら、普及機レベルですらデジタルの方がマシ、という感覚は私の中では不動です。

ことなりままっちさまの仰るように、購入の際は楽器選びに同行するのがまずは一番ですよね!さらにそれが、信頼できる調律師さんからの紹介ならばますます安心ですね。
生徒の家庭には数十万以上の出費をさせるわけですから、家庭の負担可能な予算内で最上の選択ができるよう、講師側も全力でバックアップすべきですよね。

>>[28]

>ピアノという楽器に心ひかれ、上手になりたい、あの曲を素敵に弾けるようになりたい
>と目をキラキラさせてる子供たちの、日々の練習の友がデジタル音、というのも一抹の抵抗があり… 

LIRAさんはご自分の文章を駄文と謙遜されていますが、実に詩情豊かな文章ですね〜。それはともかく、私は小さな子供たちが電子ピアノで音楽を学び、成人してからピアノを練習した幼少のころを振り返ったとき、心の中に「思い出の電子ピアノ…」という詩情が訪れるのだろうかと思うのです。

「大きな古時計」という歌があるでしょう。「大きなのっぽの古時計、おじいさんの時計、…♪」という歌詞の童謡です。この時計がもし振り子のない、クオーツで駆動するデジタル表示の時計だとしたら、このような詩情をかもしだしただろうかと思うわけです。


>>[23]

>音源はとてもいいのですが、良すぎてうまく聞こえてしまう、と、生徒も言って
>いました。この生徒は大人の方で、実家ではアップライトピアノで練習をしていた
>人です。結婚して住んでいる住居が制約があり、電子ピアノを新たに購入した
>(元々お母さんの持ち物で持ち出せないという理由もあり)という人です。

>「家でなかなかよくできてると思って、先生のところのグランドで弾くとガッタ
>ガタですね」だそうです。

「電子ピアノを使った練習」というものが「グランドピアノを使った練習」というものに完全には代替できないという現実を示すエピソードだと考えられます。すなわち、電子ピアノでいくら上手に弾けるようになったからといって、その技術レベルではグランドピアノで同じような演奏効果を上げることはできない。やはり演奏技術、楽器のハンドリング技術で未熟さを残してしまう、そういうことだと思うのです。

ところが、別の視点として、「電子ピアノは演奏者の演奏技術や楽器のハンドリング技術の未熟さを、うまく隠ぺいしてくれる」という見方もできるような気がしてきました。このため、もし生徒自身が、「電子ピアノで上手に弾けるようになりさえすればいい」という目標水準を設定しているのであれば、電子ピアノも時代のニーズに合っていて、ある意味いいのかなとも考えられるような気がしてきました。

ログインすると、残り6件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ピアノのせんせい 更新情報

ピアノのせんせいのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済