ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > シアトルマリナーズマニアックス > 2016年オフシーズン

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

2016年オフシーズン

2016年オフシーズン 2016年11月24日 15:22
mixiユーザーmixiユーザー
もうすぐ12月。このオフシーズンも昨年に続きディポトは色々と早めに動いていますね。ここまでは野手陣の補強が主に進んでいます。捕手のルイーズ、1塁、3塁、ライトを守れるヴァレンシア、そしてショートにセグラ。ウォーカー、マーテ、ニューノ、ウィルヘルムセン、ローリンズ、ブラックバーン、ベンディット等がロースターから外れました。これからもいくつかの動きがあるでしょうけど、ディポトは投手陣の層の厚みにかなり自信がある様な感じですね。多分それは若手の部分でいけると思われる所があると見ているのでは無いかと思います。そうだと良いですね。かなり期待されている若手プロスペクトの放出はここまでは無いので、そこは良いかなとも個人的には思っています。結果はどうなるかは分かりませんが、これからの動きも興味深いですね。

コメント(116件)

[77]2016年12月29日 15:17
このオフシーズンのここまでの動きは個人的にはエキサイティングでは無いです。バレンシア、セグラといった良い野手は獲得したものの、ブラックバーン、ウォーカー等の若手の先発候補をそれなりに放出していて、先発陣の若手の層は薄くなってしまった感じ。ハニガーが大きく貢献してくれたり、パクストンがやっと先発陣の核になる活躍をしてくれたり、ミランダ、カーンズなんかが成長してくれないと、戦力的にバランスの良いチームにはなれないと思います。まあこれから先発一人は補強するでしょうけど、最低一人は若手で先発の核になってくれる投手が現れないと、来季も厳しい気がします。でもそういう投手が見当たらないですよねー。ディポトは誰に期待しているんだろうか。
[78]2016年12月29日 15:39
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000212-ism-base

マリナーズ打線はMLB7位の評価。今年はもともと打線は良かったですが、セグラが加わったことでリーグではBOS、CLEに次いでの3位にランクインしましたね。
一方、先発ローテは厳しい現状ですね。下位ローテにフィスター、もしくはメッツのニースが故障して8月以降投げてないみたいですが、来年投げられるのであれば獲得してほしいです。
[79]2016年12月29日 16:18
打線どうでしょうかねー。数字的に見ればセグラの出塁率はマーテより大きく上回ります。バレンシアも悪く無い。ただ、レフトで多く起用されそうなハニガーが未知。青木は守備と走塁で足を引っ張った感じがありますけど、出塁率は悪くは無かった。メジャー2年目で移籍して来たハニガーがどれだけ出塁出来るのか。同じくレフトで期待されて居るギャメルも未知。1塁はヴォーゲルバックがどれだけ出塁出来るのか。これも未知です。クリーンアップ打者、セグラ、スミス、バレンシアと、それなりに高い出塁率が残せそうなラインアップですが、終盤の接戦で下位打線の出塁率が低いと競り合いで勝てないという事が起きます。このシーズンも、得点チャンスの大事な所で、マーテ、ズニーノが連続三振という場面が見られましたが、こういった部分の改善が出来ないと、来季も終盤の競り合いをものに出来ない試合が多くある可能性があります。個人的には若手が中心で、渋い補強をしたアストロズの方がマリナーズよりも打撃的に強くなる可能性が高い気もします。
[80]2016年12月29日 18:33
若手でポジション争いとなりそうな外野陣はどれだけ打てるか不透明ですが、多少打力が劣ってもとにかく堅い外野のロースターを組んでほしいなと思います。心配なので捕手と1塁手ですね。今年のボーグルバックを見る限り、打撃もそうですが特に守備が心配です。。
[81]2016年12月30日 09:23
>>[80]
確かに若手をつかうことはリスクになるとは思います。ただどこのチームも予算や、チーム状況などにより補強出来ないポジションがあり、低予算のベテランや若手を育てチーム作りをしているのも実情だと思います。数年前まで最弱打線であった我がマリナーズが、 評価されるオーダーになって来た今だからこそ(カノー、クルーズが元気な間)若手を育てる必要があると思います。ハニガー、ボーグルバック(守備目をつぶる)に期待したいと思います!
かなり先発陣には不安要素しかありませんが
[82]2016年12月30日 15:22
僕も、ハニガー、ボーゲルバック、ギャメルといった若手に期待はしたいですが、あまり期待感が高く持てないのが正直な所です。他の強いチームを見ると、やはり生え抜きの若手が台頭している事が多い様に思います。テキサスも、オドア、アンドュラス、モーランド、ルア、プロファー。皆トレードで獲得した若手では無く自前で育った生え抜きです。ヒューストンもクリーブランドもしかり。生え抜きの選手がチームの核になるのが何故良いかというと、核になる選手を得る為に誰かをトレードで放出する必要が無くなるんですね。ハニガーの獲得はウォーカーの放出によるもの。ボーゲルバックはせっかく花が咲いた感じのモントゴメリーの放出によるもの。もちろんウォーカーの放出でセグラとカーティスも獲得していますが、何の出血も無しで自前の生え抜きの選手が核の選手になってくれるのが、チームを強くする為には最善です。ジャックZのフィスターとピネダのトレードは結果的にはワークしなかったと言って良いと思います。トレードって難しいですよね。状況にもよりますけど、基本的に相手チームが将来要らないと思う選手を取る訳ですから、上手くいかない事は間々あるでしょう。ディポトがこれまでに獲得した若手達がどこまでやれるのか、来季は興味深いシーズンです。
[83]2017年01月03日 14:15
明けましておめでとうございます。
毎年クリスマスから新年のこの時期は動きがないのでつまらないな〜。一年で一番つまらないな期間ですわ。
[84]2017年01月03日 17:29
明けましておめでとうございます!
今年のマリナーズはどうなるんでしょうかね。僕はベテラン達が多少へこんでも、若手達が伸びてチームが持ち上がる事を願っています。
[85]2017年01月03日 19:45
あけましておめでとうございます門松
私はスターターの獲得ニュースが待ち遠しくて仕方ありません^ - ^
[86]2017年01月04日 11:33
あけましておめでとうございます!
パクストンが今季ブレイク候補投手5人の内の1人に選出されていましたね。数年前はマリナーズの未来だったウォーカー、ハルツェンがいなくなってしまった今、彼には今季こそ活躍してほしいですね。
[87]2017年01月07日 02:22
明けましてオメデとうございまする。
血中MLB濃度が極端に低下するこの時期、皆さん目まいなどありませんか?とりあえず3月のWBCでお茶を濁して禁断症状はちょっと楽になるかもしれませんが、4月まで頑張りましょうw
[88]2017年01月07日 08:06
レンジャーズのルイスはどうでしょ〜。
[89]2017年01月07日 08:30
ガヤードとダイソンを獲得したみたいですね。
交換要員はスミスとカーンズらしいです。
[91]2017年01月07日 11:29
[92]2017年01月07日 11:44
野手はこのトレードで、走・守備を確実にグレードアップしましたね。マリナーズには走力が乏しいかったので、セグラとダイソンの加入で相手のバッテリーはヒヤヒヤ。そこでメジャー屈指のクリーンナップとなれば、普通に計算すれば、アストロズ、レンジャーズと十分に戦える戦力になるのではないでしょうか!
ガヤードは奪三振率、防御率の低下が著しく不安要素もありますが、復活すれば儲け物と捉えて長い目で観ようと思います。
このトレードでマリナーズの補強は終了となりそうですね!
[93]2017年01月07日 11:52
ダイソン マーティン ハニガーだとイチロー グティ チャベス以来の守備の安定感でしょうか?
やっとセーフコらしいアスレチックな外野陣になってきましたね。
ガヤードもいつぞやのミルウッドぐらい投げてくれてスターター陣の助けになってくれると良いのですが果たして?
[94]2017年01月07日 12:53
外野は青木、グティ、スミスがといったベテランが居なくなり、ハニガー、ギャメル、ヘレディアといった若手の台頭に頼る感じになりましたね。ダイソン、ヴァレンシアはベテランですが、皆さんの言われる通り、守備と走塁に関しては大きく改善される事が期待出来ると思いますし、これが終盤の接戦で多く勝つ事が出来る様になる可能性は十分あるかなとも思います。ただ、若手の出塁率に関してはまだ未知の部分がある感じです。
先発ローテは、フィリックス、パクストン、岩隈、ガヤード、ミランダといった構想でしょうか。
とにもかくにもパクストンに頼る所は大きいと思います。非常に優れた先発陣とは言えないと思うので、序盤の戦いがポイントになって来る気がします。先発陣と打撃陣が試合の終盤で接戦に持ち込める展開を作れるかどうか。昨年は終盤で満足に勝てなかった試合が多かったのですが、今年は序盤で試合を作れるかどうかの方が懸念される感じです。
[95]2017年01月07日 18:29
>>[90]

僕は打撃の方はトランボがここに入ったら完ぺきになりそうな気がします。
これから先発とバットあと二枚は入ってくると思います。恐らくFAの選手から
[96]2017年01月10日 17:50
基本的に、レギュラー選手全員が1年間通じて故障しないという事はまず皆無です。誰が故障をするかは予想出来ないけど、故障した時に大きな穴を作らないロースターを作るのがGMの大きな仕事だと思います。ダイソンの加入で外野の層はそれなりに厚くなったと思います。外野陣の長打力は昨年より落ちる可能性が高いと思いますが、少なくとも、マーティンが故障離脱した時にセンターの守備を任せられる選手は増えましたよね。外野は誰かが故障しても、守備力と走力はそれなりに維持が出来る様に思います。層が薄いと思う一番の箇所は1塁。バレンシアが故障したらどうするのか。ヴォーゲルバックはどこまで頼れるのか全く分からない。守備力もイマイチ。マイナーで控えているのはピーターソン。彼も全く読めない選手。1塁の選手層は薄いと言って良いでしょう。先発陣の層も非常に薄いと言って良いと思います。そう言った選手層の薄い所で、おお〜やるじゃ無いか、と言わせる選手が出てくるのが強いシーホークス。シーホークスと同じ様な事が見られる様になればマリナーズも強くなると思います。そこは、自分では何とも予想がつかないですが。
[97]2017年01月10日 17:57
ちなみに、シアトルシーホークスは先週末プレーオフのワイルドカード戦で勝利して生き残りましたが、この先は厳しそうです。プレーオフ時に、二人の大きな戦力であった主力を欠いていたら、やはりどこかでしわ寄せが来ます。これはもう運が悪いとしか言いようが無い。まず無いと思いますが、これで勝ち進む様だったら驚異的ですね。
[98]2017年01月10日 23:39
>>[97]
アトランタには負けないと思います。
ディフェンスはオフェンスに優ります。

シーホークスみたいなプレーオフ常連になって欲しいですね、マリナーズ
[100]2017年01月12日 07:01
こんなかんじでしょーか??

○獲得
マリナーズ         ブレーブス            レイズ
Drew Smyly(TB)     Luiz Gohara(SEA)       Mallex Smith(ATL→SEA)
Shae Simmons(ATL)   Thomas Burrows(SEA)     Ryan Yarbrough(SEA)
                                   Carlos Vargas(SEA)
○DFA
Cody Martin
[102]2017年01月12日 15:49
プロスペクト投手大量に出しましたがアレックスジャクソンでプロスペクト投手の補充もしてるのでそんなに問題無いんですかね?
ただ、シャッファーのトレードはなんだったんだろう?40人枠で無駄にDFA流出させただけだったのような…モッターに3人分の見返りがあればディポド凄いですけどね。
[103]2017年01月12日 16:40
有望株のゴハラとヤーブローという若手プロスペクト投手を放出して、即戦力の期待が出来るスマイリーとシモンズを獲得というトレードですね。読める選手がロースターに増えて、層が厚くなるという観点で見れば必然的な動きなんでしょうけど、果たして上手く行くかどうか。一昨年にマイリーを獲得したトレードは、その時は自分もこりゃ良いなと思いましたが、結果としてマイリーはワークしませんでした。先発の層が若手でなかなか築けない中で、スマイリーみたいな投手の補強はどうしても必要だと思いますが、上手く行くかどうかはやってみないと分からないと思います。
ディポトも頑張っていると思いますけど、やっぱり若手の躍進がもっと見たいです。パクストン、ティアズ、ズニーノなんかがチームの核として君臨する様な活躍をして欲しいな。
[104]2017年01月12日 22:50
ディポトGMがシーズンオフに11のトレードを成立!メジャーロースターの編成はほぼ完了
http://baseball.information0.com/major-baseball/mariners-roster-projection-170111/
[106]2017年01月13日 10:04
現在のマリナーズには関係ありませんが
NYYのダステイン・アックリーがいつの間にかリリースされていましたね。
2008年の全体2位指名。
かつてのプロスペクトも現在28歳。
メジャーリーグの厳しさを実感。
やはりアックリーを出したのは正解か?
(Zが出したのかどうかわ忘れてしまいたが・・・。)
[107]2017年01月13日 10:16
トランボの昨季は確変だっただけだと思うのでいらないですね!
本塁打王だけど、三振170は多すぎるし安定感を感じないです
今年も大型扇風機なるかなと
[108]2017年01月14日 15:45
AL西地区のここまでの先発陣の補強を見ると大きな補強は皆無ですね。FA市場がかなりの不作である事が大きく影響していると思いますが、ここまで先発の補強が静かなオフシーズンも珍しい感じ。この後、どこかのチームが残っているFA投手の獲得をするかもしれませんが、どこのチームも既存の先発投手に多くを頼る事になりそうです。まあ、チーム全体としての力は劣るかもしれませんが、先発陣に限って見るとオークランドは何か面白そうです。グレイ、グレイブマン、マネアとか若いし、マリナーズがバレンシア獲得で放出したブラックバーンとか、若手で楽しみな投手が居ますよね。アストロズも、カイケル、マキュラーズとか、若手が台頭して強くなった。うちは、パクストン、ウォーカーがずっと期待外れ。先発陣の上位に食い込む若手の出現が見らません。来季は少なくともパクストンが2番手としての位置に君臨する様になって欲しい。若手プロスペクトの先発を多く放出した中で、残ったモーアが貢献出来る投手になって欲しい。
[109]2017年01月15日 11:44
シーホークス完敗ですね。ファルコンズのNo.1オフェンスは伊達じゃなかった。シアトルにはシンデレラボーイの登場もありましたが、やはり主力の故障での戦力ダウンが響きました。パパイヤさんがおっしゃる通り怪我人だけは運の要素が強いですね。
WBCは楽しみではありますけど、マリナーズからはキング、カノー、クルーズといったチームの年俸上位3選手が出るので、なにより彼らには故障なく帰ってきてほしいです。そして心配なのはディアスで、去年結構酷使されていますし、負担は大きいと思います。プエルトリコにはほどほどに頑張ってほしいです(笑)
[110]2017年01月15日 13:57
シーホークスはやはりディフェンスの要のトーマスを故障で欠いて、自慢の強いディフェンスがそう強くは無くなってしまった。レギュラーシーズンの最後の方からもその影響は見られて居ました。アメフトは野球とは違って、主力の力がよりチーム力に大きく影響しますし、特にプレーオフではその影響は必ず出て来ますね。野球は例えば下位打線が活躍して勝つ試合もあったりするけど、アメフトはそういう事は少ないです。
来たるシーズンを考えると、マリナーズはそれなりに戦えると思います。各所にベテランがそれなりに居ますから、チームの安定感は期待出来ると思います。ただ、若手の台頭が見られないと、ベテランが故障離脱した時にその安定感が崩れる事が考えられます。
昨年のレンジャーズとの大きな差は、終盤の戦いに尽きます。レンジャーズは終盤の僅差の試合をことごとくものにして居ました。マリナーズも酷くは無かったけど、レンジャーズ程終盤の僅差の試合をものに出来なかったです。AL西地区の先発陣の力はどこもそう変わらないと思える中、今年のマリナーズが終盤の僅差の試合をよりものに出来るかどうか。走れる選手がロースターに増え、これをサーヴィス監督がいかに活用出来るのかといった事に関心があります。当然、ブルペンの使い方も非常に重要でしょう。セグラ、ダイソン、マーティンとかがスピードで相手守備陣をかき回す試合が多く見たいものです。
[111]2017年01月17日 11:20
スマイリ― 噂どうり確保しましたね。
彼については以下の様な情報もあります。

Smylyは優秀な3番手と見られるかもしれませんが、いろんな数字を見ていくとエースに近い投手のような気もします。ただし、2016年は7勝12敗、防御率4.88なんですけどね。

まず奪三振率が高く、キャリアで8.71。与四球率は2.54でK/BBは3.43です。コンタクト率も平均より低く抑えており、やはり空振りの取れる投手であると言えます。そしてハードヒットされる確率というデータもあるんですが、ここでもかなり良い数字を出しているようです。
もう1つの特徴はフライボール投手であること。MLBでも有数のフライボール投手であり、ゴロアウトよりも圧倒的に多くのフライアウトを取ります。HRになってしまっては意味がありませんが、今オフに大幅な入れ替えをした守備的OF陣の助けも期待できることから成績は良くなるはずです。
同じ左腕のPaxtonのファストボールと質もスピードも違いますが、魅力的な球質だと思います。

不安は他のマリナーズ投手と同じく健康状態。昨年の175.1イニングがキャリア最高で、規定投球回数を超えているのはこの1度だけです。

楽しみな選手ですね。
[112]2017年01月18日 15:43
フィリックス、岩隈、パクストン、スマイリー、ガヤード。開幕までにこの5人の誰も故障をしなければ、今の段階で先発ローテは確定の状態ですね。確か昨年の開幕ローテは、フィリックス、岩隈、マイリー、ウォーカー、カーンズ。5番手はカーンズとパクストンの争いでしたが、カーンズが勝ち取った形でした。昨年と比較すると、今年のローテは安定感が増す事が期待出来ます。ただ、個人的にはフィリックスが全盛期の様に戻るとは思えないし、岩隈とガヤードへの期待感は低い。特にガヤードは昨年のマイリーみたいになる可能性が高いと見ています。躍進が期待出来るのはパクストンですが、彼はこれまで期待を裏切り続けています。彼がついに160イニング以上投げてくれるかどうか。大きな関心事です。スマイリーは、パクストンの次にもしかしたら相当貢献してくれるかもという期待が持てる投手。年齢的にピークに向かっている所に居るし、健康を維持出来たら頼れる存在になれるかもです。いずれにせよ、ローテ全体的には突出した戦力では無いと思いますが、試合終盤でもっと勝てるチームになればそれで良いです。先発が多くの試合で終盤に勝てるチャンスを残し、打線が、パワー、スピードのどちらかで試合終盤に貴重な1点をもぎ取る事が出来て、ブルペンが踏ん張れる試合を多く見たいものです。
[114]2017年01月22日 16:03
僕は投手の部分では何と言ってもパクストンが大きな鍵を握って居ると思いますが、野手の部分では、やはり若手。特にズニーノ、ハニガー、ヴォーゲルバック。この選手達のパフォーマンスによっては、マリナーズはかなり強くなる可能性があると思って居ます。ズニーノは前GMの産物ですが、ハニガーとヴォーゲルバックはディポトの産物。この二人は他の若手とは違って、現GMの将来のレギュラー選手としての期待が大きい選手達だと思います。セグラ、バレンシアなんかは、すでにメジャーでの実績を出せて居る選手達なので、ある程度数字は読めると思いますが、ハニガーやヴォーゲルバック、加えてギャメル、ヘレディアなんかは数字が読めない選手達。こう言った選手達がどれだけのパフォーマンスを来季見せてくれるかという事は、直接的にマリナーズのチーム力に大きく関わって来るでしょう。若手の躍進が見られた時にマリナーズは本当に強くなると思います。
[115]2017年01月22日 22:17
やっぱりズニーノに頑張って欲しいなー
ポイジーまでは無理かもしれないけど、あと足らないのは打撃のconsistently だけだし
[116]2017年01月23日 01:43
Yordano Ventura 1991-2017

またも事故・・・・残念ですね。RIP.

ログインすると、残り81件のコメントが見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

シアトルマリナーズマニアックスのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

シアトルマリナーズマニアックス