ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ゲーム > サンデーサイレンス革命 > トピック一覧 > まずデータとは

サンデーサイレンス革命コミュのまずデータとは

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

まず、データとは、仮定の上に成り立っているので、
全てを当たるようにする作業ではありません。
結果が分からないから、データを採ります。

例えば、18頭立てのレースでは、18番人気迄の馬が勝ちますと
言っても、間違った答えではありませんが、説明になっていません。
事実を述べるのは、データではなくて、
当たる答えと間違った答え(データ)を採用して、データの取捨をします。

目の細かい網を使えば、データは多く採れますが、
範囲が広くなり、そこから取捨するのが大変になります。
一番人気の馬を買えば、勝率が高いので
当たる確率が高まりますが、配当が低くなります。
勝率を33%にすれば、330円以上の配当がなければ負けになります。

負けて良い回数と、配当のバランスでプラスになれば良いんです。

細かくデータの解析をしても、細かく当てはめていく予想がなければ、
データの意味がありません。

コメント(4)

データとは、細かい砂と、荒い石を分けるフルイと考えれば分かりやすいかな。
抜け落ちるのは、ノイズと思って切り捨てる。
当然、ノイズの中には大穴もありますが、大穴を当てるのと、
当たりやすい比較的少ない馬の中から選ぶのと、収支のバランスですね。
現在、JRAでは1レース18頭が上限になっています。
1レースでの有力馬は、18頭の3分1の6頭くらいが、1着になるのが多いです。
後の12頭は、外して考えた方が時間の節約になります。(但し、単勝に関してです)
この6頭の内、また3分の1の1番人気、2番人気で50%ちょっとの勝率になります。
が、どの人気の馬を買っても、期待値は100は越えませんので、選ぶ他はありません。
馬によって、勝ち数の違いがありますが
だいたい名馬になると、当然勝ち数は多くなる訳ですが、
これはデビュー時期にも関係します。
デビューが遅れると、賞金の関係で、ハネラレル場合があります。
出走頭数が少なければ、たとえ未勝利馬でもダービーには出られます。
まあ、そんな愚挙をする調教師はいませんけどね。
つまり、賞金の多い馬は、条件に合わないと出走できません。
反対に賞金が少ない場合には、頭数が少なければ出られる場合があります。

3歳のクラシック戦線になると、自己条件か、重賞挑戦かで馬主、調教師の選択で、
勝ち数が多くなったり、少なくなったりする訳です。
早めに重賞を勝つと、身の丈に合わないと、1着になれないので、
全成績に勝ち数が少なくなる訳です。

重賞も勝っていないのに、勝ち数が少ない馬は、重賞でほぼ勝ちはないでしょう。
重賞レースでの狙い方

1、重賞勝ち馬か、未だ勝っていないか。

2、その年に重賞を勝っているか、勝っていないか。

4つのパターンがありますね。

1、重賞勝ち馬

1−2  未重賞勝ち馬

2、その年の重賞勝ち馬

2−2  未重賞勝ち馬(重賞勝ち馬も含む)

1頭を狙い打ちするなら、当然、確率は低くなりますが、リスクは低減されます。
本命と押さえの2頭狙いをするのも、リスクは高くなりますが、
当たる確率は高くなります。
まず、重賞勝ち馬は、6番人気まで買うのが基本ですね。
やみくもに、大穴狙いをしても当たるのは容易ではありません。
まあ、かなり自信があるのなら、買うのも手ですが。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

サンデーサイレンス革命 更新情報

サンデーサイレンス革命のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。