ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > コストダウン > トピック一覧 > 中古スマホ盛況、個人間の売買も...

コストダウンコミュの中古スマホ盛況、個人間の売買も活発に  2台目、ゲームや音楽に 業務用端末、企業が売却

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 本日(2日)の日経夕刊 トップに記事掲載されました。

 中古スマートフォン(スマホ)市場が盛り上がっています。通信に必要な格安SIMの普及や「2台持ち」の増加を背景に、大手通信キャリアに縛られず価格が手ごろな端末を入手するニーズが高まっています。需要の増加に応じて中古取扱店は買い取りを強化。フリーマーケットサイト上の個人間取引も活発になっています。

 「中古だけど思ったよりきれい。型落ちになって値下がりする時期を狙って買いました」

 都内の会社員、清水舞子さん(29)は、3年前から中古スマホを愛用。通常の通信回線は契約せず、モバイルWi―Fiルーター経由でネットに接続する。通話は別に持つ従来型携帯(ガラケー)に任せて料金を節約している。

 使っているのは米アップルが2014年に発売した「iPhone6」だ。他社製の安価な新品端末と迷ったが、「iPhoneブランドが決め手」(清水さん)となり中古スマホの購入を選んだ。対話アプリのLINEなどに使っている。

 中古スマホの売買が拡大している。全国の店舗で取り扱うゲオホールディングス(HD)は、2015年度に買い取り(故障端末を含む)・販売台数がともに100万台を突破。17年度は130万台を見込む。

 ブックオフコーポレーションは2016年度に加盟店を含め約50万台を買い取った。

 ウェイブダッシュ(http://www.wavedash.co.jp/)が運営するスマホのフリマサイト「ムスビー」(http://www.musbi.net/)は、取引高が過去3年で3割伸びた。

 3月設立の中古取扱店の業界団体、リユースモバイル・ジャパン(http://rm-j.jp/)のまとめによると4〜6月に会員8社が全国約1700店舗で販売した中古携帯電話は45万台にのぼった。

 調査会社のIDCジャパン(http://www.idcjapan.co.jp/top.html)の調査では、同期間の国内携帯電話出荷台数は711万台で、その6%にあたる中古携帯が流通したことになる。従来は中古携帯は自宅で保管されるかキャリアの下取りに出されることが多く、市場に出るものは少なかった。

 市場拡大のきっかけの一つが、格安SIMとスマホがセットになった格安スマホに移行する消費者の増加だ。ゲオHDは中古スマホ購入者のうち「格安SIMで使う人が4割程度いる印象だ」(ゲオモバイルアキバ店店長の林野下譲氏)。

 調査会社のMM総研(https://www.m2ri.jp/)によると、格安回線の契約数は2017年3月末に810万件と前年同期と比べ5割増えた。中国・華為技術(ファーウェイ)や台湾・華碩電脳(エイスース)の安価なSIMフリースマホが人気を集める一方、iPhoneなどなじみ深い端末を中古で使う人も増えている。

 普段使いの端末と2台持ちしてゲームや音楽鑑賞などの特定用途に使うユーザーも多い。昨年夏に位置ゲーム「ポケモンGO」がリリースされた際は、中古スマホの販売が大きく増えた。子どもに初めて持たせる端末として選ぶ人も多いという。

 都内の大学生、井立雄太さん(20)は、仮想現実(VR)コンテンツを楽しむため、サムスン電子の「Galaxy S6」を中古で購入。新品購入した普段使いのiPhoneと2台持ちしている。

 中古スマホの売れ筋は2万円弱〜3万円程度の商品。都内の中古取扱店では、iPhoneの傷が少ない状態なら、「6」が2万9千円前後から、「5s」が1万7千円前後から並んでいる。新品時の価格の半額以下だ。ファーウェイやエイスースの新品端末と競合する価格帯にある。

 ゲオHDが関西大学の宮本勝浩名誉教授と実施した調査によると、機種変更後に使わずに保管されている機種変更前の「埋蔵携帯」は1兆7013億円にのぼる。各社はデータ消去の徹底などの施策で、こうした端末の持ち込みを促す。

 ジラフ(http://jiraffe.co.jp/)は9月にオープンする中古スマホのフリマサイト(https://smama.jp/)で、動作チェックや修理、データ削除といったサービスを提供。個人間売買のハードルを下げて流通を促す。近年は企業がスマホを社員に支給したり、業務用端末に用いたりするケースも増えている。

 中古スマホ店のイオシス(https://iosys.co.jp)は「企業からのスマホ持ち込みが増えている」。

 中古スマホの価格は各店の在庫やキャリアの販売施策で日々変動する。調査会社、MMD研究所(https://mmdlabo.jp/)の吉本浩司所長は「価格の透明性が高まれば、中古スマホ市場はさらに拡大しそうだ」と話す。価格面の透明性向上も普及の鍵を握りそうだ。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

コストダウン 更新情報

コストダウンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済