ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > コストダウン > トピック一覧 > イスラエル、水技術で稼ぐ 10...

コストダウンコミュのイスラエル、水技術で稼ぐ 10年で輸出額3倍、新興企業が台頭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 昨日(14日)の日経夕刊 第3面に記事掲載されました。

 国土の6割が乾燥地帯のイスラエルが持つ水技術が注目されています。海水を飲料水にする技術などを世界に輸出。2016年の輸出額は推定22億ドル(約2400億円)と、10年前の約3倍に拡大しました。7月にインド政府と水技術の協力で合意するなど、人口増や異常気象で水不足に悩む新興国を中心に拡販を狙います。

 7月、テルアビブ近郊のビーチに、インドのモディ首相とネタニヤフ首相の姿があった。そこに海水を飲料水に変える小型装置を載せた自動車が接近。できたての水が注がれたグラスに口をつけると、モディ氏は「我が国には飲料水がなく苦しむ人が多い。素晴らしい技術だ」と称賛した。

 両首脳は防衛などに加えて、水・農業分野で協力する覚書を締結。民間レベルでも、インド投資会社サン・グループが、大気中の水分から飲料水を生成する技術を持つイスラエル企業、ウオータージェンと提携するなど、イスラエルの水技術への期待は高い。

 世界では2025年までに28億人が水不足に陥るとみられています。乾燥地帯が多く、湖や地下水を水源にしてきたイスラエルも水の確保が長年の課題でした。

 だが、イスラエルは2005年以降、地中海沿いに淡水化施設を設置。現在、飲料水の8割が海水から作られており、「水不足は解消された」(経済省のオデッド・ディストル氏)といいます。家庭排水を浄化し、農業用水にするなど効率的な水の利用も推進しています。

 イスラエルの水技術を支えるのは、現地スタートアップ企業。世界では年間20%以上の水が水道管の漏洩で失われているとされますが、イスラエルには、衛星を使って漏洩を発見する技術や、クラウドを使って水道網を管理する技術を持つスタートアップも存在します。

 オーストラリアや英国の自治体の水道管理を担う企業も登場。淡水化や水の効率利用などのノウハウや技術は今や、世界150ヵ国以上に輸出されています。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

コストダウン 更新情報

コストダウンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済