ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > コストダウン > トピック一覧 > 電力値下げ 大阪夏の陣 関電...

コストダウンコミュの電力値下げ 大阪夏の陣 関電が概要発表 大ガスも対抗へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 本日(7日)の日経朝刊 第14面に記事掲載されました。

 関西電力は昨日(6日)、高浜原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に伴い8月1日に実施する電気料金引き下げの概要を発表しました。

 昨春の電力小売り全面自由化以降、大阪ガスなど新電力に顧客を奪われてきた関電は反転攻勢に出るが、大ガスも値下げで対抗します。原発再稼働が電力市場の活性化を誘発する格好で、関西が全国の値下げ競争の先行例となりそうです。

 関電の値下げ幅は家庭向け料金が平均3.15%、主に企業向けは同4.90%、全ての顧客向け平均は同4.29%となります。月使用量が260キロワット時の標準家庭では、支払額が6721円で180円安くなります。月27万キロワット時を使う工場では約22万円負担が軽くなると試算します。

 火力発電用の燃料費削減分や修繕費の圧縮などで、2018年3月期で計877億円の値下げ原資をひねり出しました。

 関電は東日本大震災以前は発電に占める原発比率が5割と大手電力の中で最も高かった。そのため原発停止に伴う影響も大きく、2012年3月期から4期連続の最終赤字を計上。2013年と2015年に2度の値上げを迫られました。

 さらに昨春の電力自由化で関西では関電が事実上、一方的に顧客を奪われました。新電力が割安な料金を打ち出すなか、関電はいったん再稼働した高浜3、4号機が司法判断で運転停止し、値下げを断念したからです。

 岩根茂樹社長は「今日、本当の意味で自由化競争時代に入るためのスタートが切れた」と話しました。ただ、大ガスも家庭向けで3%程度の値下げする方向。同社は4人以上の家族世帯で関電の一般的な料金に比べて最大5%安くしており、対抗値下げで料金差を維持したい考えです。

 一方で関電は今秋以降、大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働も控えます。出力が高浜より大きい大飯が動けば今回よりも大幅な値下げを実施する可能性もあります。

 経済産業省の認可法人によると、2016年度の電力契約切り替え率は全国で5.4%にとどまります。だが値下げで顧客に切り替えを促す例も増えてきました。

 東京電力ホールディングスの小売事業者、東京電力エナジーパートナーは8月から中部地方で3〜5%値下げし、中部電力より安い水準とします。関電も6日、首都圏での値下げも検討すると表明しました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 参照:

 関西電力 プレスリリース
 「電気料金の値下げについて」
 http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2017/0706_2j.html

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

コストダウン 更新情報

コストダウンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済