ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > コストダウン > トピック一覧 > スマホ通信料 プラン選別 動...

コストダウンコミュのスマホ通信料 プラン選別 動画重視なら大手/格安も選択肢

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 本日(23日)の日経朝刊 第18面に記事掲載されました。

 通話だけでなく動画や音楽、ゲームなどを楽しむ手段としても利用する人が広がった携帯電話。機能が増えた分、料金もかさみがちです。各社はニーズの変化に対応した大容量プランや割安な通話料金プランを打ち出しています。自分にあった料金プランをどう見つければいいのでしょうか。

 家計が負担するスマートフォン(スマホ)や従来型の携帯電話(ガラケー)の年間利用料金は年々増えています。総務省の家計調査によると、2015年は2人以上世帯で前年比5%増の11万1,013円でした。遡って比較できる2000年(2万8,598円)の約3.9倍に達しました。スマホの普及とともに、動画など大量のデータを使うコンテンツの利用が広がっていることが押し上げました。

 携帯電話料金は主に2種類に分けられます。1つはスマホやガラケーで話す際にかかる通話料で「基本プラン」などとも呼ばれる。もう1つはインターネットに接続したり、電子メールを送受信したりする際にかかる通信料で「データ定額サービス」といわれることがあり、スマホやガラケーの利用者は各社の提示する通信料と通話料のプランから、それぞれ選んで組み合わせるのが一般的です。

 特に大切なのが通信料で、プランを選ぶ際は自分の用途を見極めることがポイントとなります。

 同じ5ギガバイトでも会社によって料金に差があることに注意が必要で、低価格を売りにしている格安スマホ業者は1,500円程度と通信大手の3分の1以下ですみます。安く提供できるのは大手から通信回線を借り、大がかりな設備を持つ必要がないためで、利用者は携帯電話番号などの情報が登録されたSIMカードを受け取って、スマホに差して利用する。

 携帯料金の節約を第一に考えるなら選択肢になりますが、ネット経由で購入し、自分で初期の利用設定をする必要があるなど導入時に手間がかかります。回線を借りているため、昼休みのオフィス街など特定の地域と時間帯に利用が集中すると、通信速度が遅くなる可能性もあります。

「スマホの月通信容量、1日平均どれだけ使える」

月容量 / すべて動画視聴なら / すべてサイト閲覧(ページ) / すべてメール送受信(通)

2 / 18分 / 233 / 139
5 / 45分 / 582 / 348
20 / 3時間 / 2,327 / 1,393
30 / 4時間30分 / 3,490 / 2,090

 注)各社への取材を基に作成。動画は標準画質で観るのに必要な容量を1分4メガバイト、サイトは1分でだいたい読める量を1ページ300キロバイト、メールは1通500キロバイトとして試算。値は概算。

「通信大手3社と主な格安スマホ業者の料金プラン例」

名称 / 通話料 / 通信料 / 個人向けプランの最大通信容量(料金)

NTTドコモ / 1700〜3200円 / 4200〜5000円 / 30ギガバイト(7200〜8000円)
au(KDDI) / 1700〜3200円 / 5000円 / 30(8000円)
ソフトバンク / 1700〜3200円 / 5000円 / 30(8000円)
OCNモバイルONE / 1550円 / 1450円 / 10(2300円)
IIJmio / 1530円 / 1520円 / 10(2560円)
楽天モバイル / 1550円 / 1450円 / 30(5450円)

 注)価格は税抜。通信料は5ギガバイト、通話料は1通話5分以内ならかけ放題のプラン。※IIJmioは6ギガバイト

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

コストダウン 更新情報

コストダウンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済