ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > コストダウン > トピック一覧 > 派遣料金上げ広がる 秋の交渉...

コストダウンコミュの派遣料金上げ広がる 秋の交渉、待遇改善に弾み 事務やIT系、上昇目立つ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 本日(9日)の日経朝刊 第24面に記事掲載されました。

 派遣会社が顧客企業から受け取る派遣料金の上昇が勢いを増しています。
 秋の交渉では人手不足を背景に、派遣会社の大幅引き上げ要求を受け入れる顧客が目立ちました。
 人材難が深刻なIT(情報技術)系では、最大で1割近い上昇となった契約もあるそうです。

 派遣会社と顧客企業は3ヵ月や半年といった更新時期ごとに、派遣料金の交渉を行います。秋は春に次いで料金交渉が多い時期にあたります。

 上げ幅が特に大きいのがIT系の派遣料金で、スタッフサービスではシステムエンジニア(SE)やプログラマーの更新案件のうち、20%が引き上げで決着しました。料金の上昇幅は1時間当たり100〜300円(3〜8%)で、前年の100〜200円を上回ります。

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及で、金融や通信、エネルギーといった幅広い業界でIT系人材の需要が高まっています。

 事務職でも引き上げ決着が目立つ。人手不足で派遣の増員要請が難しくなっており、顧客企業は既存の人材をつなぎとめざるを得ません。首都圏の事務職派遣料金は1時間2,200〜2,400円程度。

 事務職派遣が中心のリクルートスタッフィングは、交渉対象の契約案件のうち5%が引き上げで決まりました。(例年は1〜3%)
 上昇幅は1時間当たり50〜100円の案件が多い。

 派遣料金の上昇は幅広い業種に及ぶ。テンプスタッフでは引き上げ決着した契約の上げ幅が平均80円と、秋としては近年で最高水準でした。

 昨年9月施行の改正派遣法で、有期雇用の派遣社員が同じ職場で働ける期間は3年間に統一されました。これを機に派遣社員の無期雇用に踏み切る派遣会社が増えており、それに伴う人件費負担も派遣料金の押し上げ要因となりそうです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

コストダウン 更新情報

コストダウンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済