ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > こどもの教育 > トピック一覧 > 全ての学校科目を無くす

こどもの教育コミュの全ての学校科目を無くす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

フィンランドでは世界に先駆けて、全ての学校科目を無くすことになったという記事を見つけました。
すごいことですね。もっと詳しく知りたいと思います。

この全ての学校科目を無くすということについて情報交換して、日本ではどう考えたらいいのかというようなことを意見交換して行きたいと思います。

見つけた記事 (英語ですが) の URL は、
https://www.enlightened-consciousness.com/finland-will-become-the-first-country-in-the-world-to-get-rid-of-all-school-subjects/
です。

コメント(11)

日本語に翻訳しながら、一年ちょっと前の英語のニュースを紹介しているブログがありました。
ここです。
https://medium.com/@maseumita/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%A6-%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%8B%E3%82%89-%E6%8E%88%E6%A5%AD-%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%9F-5d75e794f12
一部を、コピーします。

“There are schools that are teaching in the old-fashioned way which was of benefit in the beginning of the 1900s — but the needs are not the same, and we need something fit for the 21st century.“

「これまで学校は1900年代の始めに通用した昔ながらの教育を行ってきました。しかし私たちは21世紀に適応すること必要であり、何が必要なのかは変化する。」
記事の雰囲気を見る限り、人工知能やロボットの力が強化される時代を乗りきるための教育システムが必要と言った感じですね。
>>[3]
コメントありがとうございます。
そういう見方もできるかも知れませんね。

この記事では、こんな説明をしていますが。

" Instead of individual subjects, students will study events and phenomena in an interdisciplinary format. For example, the Second World War will be examined from the perspective of history, geography, and math. And by taking the course ”Working in a Cafe,” students will absorb a whole body of knowledge about the English language, economics, and communication skills.

個々の科目に代わり、生徒・学生は分野の垣根にとらわれることなく、経験したり遭遇したりする出来事や現象に取り組むようになる。

例えば、第2次世界大戦は歴史や地理、数学の視点から調査される。「ノマド」のようにカフェで活動することで、生徒・学生は英語、経済、コミュニケーション能力に関するおおよその知識を吸収します。"
>>[4]

新時代は戦争も授業の題材となると言う意味でしょう。

いずれにしましても日本らしい授業とは何かを考える方が先です。そうでなければそれぞれの国らしい授業のことをいくら聞きかじろうとも理解なんてできません。
>>[5]
早速のお返事ありがとうございます。

日本らしい授業とは何か
について、謎多き後背地さんのお考えがありましたら、是非お聞かせください。
>>[6]

授業ではありませんが、個人的には日本の成人年齢を13歳にすることが必要だと思いますね。それが今の各種の情勢を見た上で日本語話者の総意として設定されるのが必然的な水準でしょう。もちろん成人年齢が13歳と言うことになれば教育のあり方も検討されることになると思います。

もしもこの日本の成人年齢13歳法制化が否定される場合、次に出てくる意見が日本の教育は戦争を賛美せよと言うところになるのも仕方ないかなと言う気はいたします。個人的には戦争賛美とかと言う話を振られたところで今さらねえとは思うところではありますが、実際には安倍政権で進められている教育方針ではあるようです。そして、日本を13歳成人制の国にしようと言う意見には猛反対しそうな人達も、日本の教育による戦争賛美と言う動きを食い止めることができずにいるようですね。

それ以上の教育制度につきましては、この場で開陳できるような意見を持ち合わせているわけではありません。
>>[7] は、
For example, the Second World War will be examined from the perspective of history, geography, and math.
のところを、戦争賛美につながる話と読まれているんですね。
僕と全く反対でした。
そのことが確認できてよかったです。
>>[5] のお考えがわかりましたので、改めて、ちょっと反論的なことを書かせて頂こうと思います。

the Second World War will be examined from the perspective of history, geography, and math.

この文章に対して、「新時代は戦争も授業の題材となると言う意味でしょう。」と書かれたのだと思いますが、第二次世界大戦のことについては、今までも、どの国でも授業で習っていたのではありませんか ?

ただ、それは単なる歴史として習っていた。歴史はただ丸暗記するだけだった。しかし、これからは、歴史としてだけではなく、歴史に地理や数学 (おそらく政治や経済のようなもの) など多面的な視点を加えて、総合的に検証するような学び方にして行こうということなのだと、僕はこの文章を読みました。

このように読んでみると、これは戦争の馬鹿らしさに気づき、なぜそんなことになったのかということまで掘り下げて、戦争を起こさないようにするには何が必要かというようなことを考える場になるのではないでしょうか ?



>>[8]

その英文はあくまでもフィンランドの教育哲学を英語に翻訳した内容です。
一方、私の言う戦争賛美とは、日本の授業の内容を指しています。

Hiroさんは日本の国語の試験で満足な点数を取れない状況で、日本の教育制度のあり方について論じようとされていますよ。
>>[10]

なんどもお手数をお掛けしました。

「新時代は戦争も授業の題材となると言う意味でしょう。」という[5]番でのご意見と、戦争賛美について書かれた[7]番でのご意見とは、まったく関係のない話であったということですね。

ご説明ありがとうございました。
早合点だったようで失礼しました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

こどもの教育 更新情報

こどもの教育のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済