ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 気になる mixi ニュース 保存版 > トピック一覧 > 太陽系で最も遠い天体=公転周期...

気になる mixi ニュース 保存版コミュの太陽系で最も遠い天体=公転周期1000年超か−米研究所など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5424743&media_id=4
2018年12月18日

太陽系で最も遠い天体を発見したと、米カーネギー研究所などの研究チームは18日までに発表した。直径約500キロの氷の天体と推定され、太陽からの距離は地球−太陽間の距離(約1億5000万キロ)の約120倍。100倍を超える天体が見つかったのは初めてで、太陽の周りを回る公転周期は1000年超の可能性がある。

 研究チームは11月に米ハワイ島にある日本の国立天文台のすばる望遠鏡を使ってこの天体を発見。今月、南米チリにある望遠鏡でも確認し、国際天文学連合(IAU)に仮称「2018VG18」として認められた。愛称は「ファーアウト」という。

 太陽系外縁部の天体は暗く、観測しにくいが、近年は望遠鏡の性能が向上して次々に見つかっている。2005年には大きさが冥王星並みの天体「エリス」が発見され、IAUが翌年の総会で冥王星を惑星から除外し、エリスなどとともに新設の「準惑星」に分類するきっかけになった。ファーアウトは冥王星より3倍も遠いという。 

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

気になる mixi ニュース 保存版 更新情報

気になる mixi ニュース 保存版のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。