ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 宗教法人幸福の科学2 > トピック一覧 > あなたの知らない地獄の話。

宗教法人幸福の科学2コミュのあなたの知らない地獄の話。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

天国に還るために今からできること
・著者 大川隆法
・定価 1,620 円(税込)
・四六判
・発刊元 幸福の科学出版
・ISBN 978-4-8233-0015-8
・発刊日 2018-08-01






「死後の世界は信じない」
「自分は大丈夫」――
そんな人ほど要注意!
リアルで新しい“地獄探訪記”。

9つの地獄界――その最新事情&脱出法を解説
▽孤独なサラリーマンが行く「土中地獄」
▽現代にできた「テロ地獄」
▽子供たちの「受験・餓鬼地獄」
▽欲望のままに生きた人の「畜生地獄」etc.


現代人の約半数が死後、
地獄に堕ちているという事実!
死んでから後悔しますか?
生きているうちに対処しますか?

まえがき
序章 あなたも行くかもしれない現代の地獄
第1章 地獄界入門
   小桜姫が語る「六つの地獄」見聞録
第2章 地獄界探訪
   睡眠中に体験した「現代地獄めぐり」
第3章 悟りの原点を求めて
   天国・地獄を分ける三つのチェック基準
終章 地獄を支える仏の涙
あとがき




第3章 悟りの原点を求めて
P255
 多くの人が暗闇のなかを手探りで生きている
 それから、真理に則った生き方をしてください。
 真理を知らない人は、暗闇のなかを手探りで生きているようなものです。それは、地震や雷、台風等で停電しているときに、「ロウソクは、いったいどこにあるのだろう」と思い、手探りで探しているような状態でしょうか。真理を知っている人から見たら、真理を知らない人は、実際には、明かりがないなかを手探りで生きている状態にある、気の毒な人たちなのです。

 したがって、「このロウソク一本を点けなさい。ロウソク一本を持ちなさい。これを持って部屋のなかを照らし、よく見てごらんなさい。」と伝える事が大事です。これが伝道です。一人ひとりの人の「心のロウソク」に灯を点けること、これが伝道であり、非常に大事なことなのです。

 本当は数多くの人が暗闇のなかを生きているのです。
 世界は明るいように見えますし、世界は美しいようにも見えますが、その実、無明の闇のなかを数多くの人が生きています。世界には約七十数億人が生きていますが、何十億人もの人が、今、本当は、無明の闇、明かりのない世界のなかを手探りで生きているのです。
 手探りで這い回っているような人が、自分のことを「ものすごいエリートだ」と思ったり、「大成功者だ」と思ったり、「ほかの人に説教をすることが出来る様うな人間だ」と思ったりして、たくさん勘違いをしています。そういう人たちに、「心に灯を点しなさい」と言って、明かりを一本渡してあげる必要があります。

 真理を知らずに一生を終わった人は本当に気の毒です。
 みなさんも、伝道をすれば分かると思いますが、油を塗った体が水を弾くように、何を言っても跳ね返ってしまい、真理が通らない人が大勢いると思うのです。こういう人は気の毒でしかたがありませんが、まったく話が通じない人、まるで鎧兜を身に着けているように真理が通らない人がいるのです。

 ただ、この世の中においては、いろいろな苦難・困難や災難、苦しみが、人生の途中で、家族も含めて起きることになっているので、目覚めのきっかけが必ず与えられます。「この世で不幸と思われるようなことであっても、実は、真理に辿り着くためのきっかけだった」ということは数多くあるのです。

 したがって、今は真理の話が通じなくても、やはり、時を待ってチャンスを与える事が大事です。
 また、今は実らなくても、献本したことが、十年後や二十年後に実こともあります。今、あなたが愛の心で人に接し、その人を助けようと思うことを、相手の方は、せせら笑っているかも知れませんが、その相手が三十年後に目覚めることもあるのです。

 自分自身としては「うまくいっている」と思ったのに、自分の子供の代で事件や事故などの不幸が起き、初めて宗教的真理に目覚め、悟りを持つこともありますし、死んでから初めて気がつくこともあります。

 したがって、きっかけを与えることは非常に大事です。
 伝道は善です。「善なる行為を行っている」と思ってください。

 実際は、暗がりのなか、暗闇のなかを、大勢の人たちがうごめいている状態なのですが、本人たちは幻を見ているかのように、違う世界を現実には見て生きているのです。

 この世は「一時の宿り」なのです。
 このようなことが「基本的な悟り」の部分です。



まえがき
 本書は、できるだけ各人に一冊は自分の繰り返し読むべき本として、身近に備えておいてほしい。余命が短い人は、必読書として学ぶべきであり、葬式を出した家族にとっても、生きている人たちが本書の内容を理解することが故人の供養と救済となる。
 この世はこの世で、新しい階級社会をつくっている。学歴や容姿、地位や財産、会社の知名度などである。しかし、そうしたものすべてを超越して、「天国と地獄」は厳然としてある。天国へ赴く人は、とりあえずよいとして、現代人の約半数は地獄行きといわれている。
 それはそうだろう。無神論や唯物論が真理だと思っている知識層がリーダーになっており、お寺や神社の聖職者も、原始人だと思われたくなくて、学校で教えるものだけが正しくて科学的だと逆洗脳されているぐらいだから。
 お盆が近い今、ぜひ本書を読み、ご先祖にも供えよう。

二〇一八年 七月十七日
      幸福の科学グループ創始者兼総裁 大川隆法


あとがき
 ここ百年余り、科学や医学にとってかわられて、宗教に救済力がなくなっている。マスコミにかかっては、あの世や地獄の話をすることさえ、詐欺商法の疑いをかけられるしまつである。
 しかし、新聞やテレビができる救済は、犯罪の追求や被害者のこの世的救済、社会福祉の美名のもと、唯物論的底上げをすることが限界である。「心」さえ、脳の作用や神経の作用にする議論が横行してはばからない。「生命」とはこの世の寿命のことらしい。
 宗教学者や評論家は、オウム教団の教祖以下が、死刑執行されても、「組織犯罪の問題で、組織を守るために必然的に追い込まれた。」とか、「すべての宗教には狂気がある。」とか大新聞の紙面を使って論じている。確固として、善悪があり、天国と地獄があることを知らないあわれさよ。
 まず、本書で具体的な地獄論を知ってほしい。知っておれば対策は立つものである。

二〇一八年 七月十七日
      幸福の科学グループ創始者兼総裁 大川隆法

コメント(51)

少女宅でわいせつな行為、容疑の巡査を書類送検
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0824/ym_180824_5526784204.html

8月24日(金)15時12分 読売新聞

 兵庫県警伊丹署地域2課の男性巡査(24)が18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、大阪府警に府青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は24日、巡査を停職3か月の懲戒処分とし、巡査は同日付で辞職した。

 捜査関係者によると、巡査は2月、大阪府内の少女宅でわいせつな行為をした疑い。容疑を認めているという。
 巡査は1月、大阪市北区の商業施設前で少女に声をかけて連絡先を交換していた。少女の保護者が府警に相談して発覚した。




五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
【地獄の種類まとめ】あなたの知らない地獄の話【霊的世界のほんとうの話】
2018.08.09 | 死後・あの世への旅立ち, 霊的世界のほんとうの話
https://happy-science.jp/info/2018/38030/


人間の悪夢の数だけ地獄がある

「地獄」というと昔話のように聞こえますが、実際には、現代人が行くのは現代的な地獄で、「人間が考えつくかぎりの、悪夢の数ぐらいの地獄が現実にはあります」(『地獄の方程式』より)。
一人分だけの地獄もつくれれば、数が集まれば大勢でその地獄をつくっていくのだそうです。
この記事では、『地獄の方程式』を参考に、どのような考え方を持ち続けたら地獄に行くのか、その一部をご紹介します。あなたにも、こんな気持ちは隠れていないでしょうか?

地獄チェック
□ 「あの人がこんなことを言った」など、同じことをいつまでも言い続けてしまう
□ 人の失敗を見るとほっとする
□ 社会も、家族も、すべてが自分に対して不利に見える
□ 思わず「死にたい」と言ってしまう
□ 首や肩が凝る、背中や腰が重い
□ きつい言葉や誰かを中傷する言葉が次から次に出てくる
□ 人から傷つけられそうで怖い
□ 自分が今うまくいかないのは、過去にあった嫌な出来事のせい
□ 食欲をコントロールできない
□ いつも欲しいものがたくさんあって我慢できない
□ カッとなると自分でも統制できない怒りで疲れる
□ 努力しても報われない
□ 能力や才能は遺伝子や生まれで決まっている
□ がんばらずにお金がたくさん欲しい
□ 自分はもう十分にがんばったから、もう努力しなくていい
□ 気づくと異性のことを考えている
□ モテたい、ちやほやされていたい
□ 死んだら何もなくなるから、生きている間にうまいことやればそれでいい

◆参考◆
『地獄の方程式』(大川隆法著)

地獄に堕ちるのは悪人だけではない。あなたを”悪霊”に変身させる六大煩悩とは何か
→幸福の科学出版で購入する
→Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)
なぜ地獄に行くのか
心のなかで思ったことまで、人生のすべてが上映される
人は死ぬと身体がなくなり、「心のなかで考えていたこと」そのものになります。あなたの心をそのまま取り出したときに、それは天国にいる心でしょうか。それとも―?
あの世の世界は、自分の心に嘘のつけない世界です。その人の容貌も、その人を取り巻く環境も、その人の心の真実の姿を正確に反映してしまうのです。
人は死ぬと、数十年生きた自分の人生をスクリーンで見せられます。先に亡くなった人々や陪審員のような人たちなど、多くの霊人たちが見ている前で、本人が忘れていることや、心のなかで思ったことまで、洗いざらい映されます。
「私はどんな人生を送ったのか。自分は何者であるのか」を徹底的に見せられ、あの世での行き先を決定するのです。
地獄とは、犯罪者だけが行く、というような場所ではありません。その人の生き様と行ったこと、心のあり方を総合的に評価され、まるで水より比重の重い物体が沈んでいくように、魂の比重が重い人が「堕ちて」いくのです。
地獄の種類

病気のときに高熱に浮かされて見る夢のなかでは、命を狙われて追いかけられたり、穴に落ちたり、事故に遭ったりすることがありますが、そうしたとき、実は地獄の世界を垣間見ているといいます。
南極や北極のように寒くて暗い寒冷地獄や、昔話に出てくるような、木の葉っぱが全部カミソリになっていて体がズタズタに切り裂かれる刀葉林(とうようりん)の地獄だけでなく、現代人が赴く地獄は現代的な姿をしています。
病院のベッドで点滴につながれ、何度も手術を繰り返され体を刻まれていく地獄や、学校の先生の姿をした鬼に何度も試験に落とされ、延々としごかれる地獄も存在します。

ご紹介する地獄一覧
・等活地獄とうかつじごく
・自殺者が行く地獄
・無頼漢地獄ぶらいかんじごく
・餓鬼地獄がきじごく(餓鬼道)
・色情地獄(血の池地獄)
・阿修羅地獄あしゅらじごく(阿修羅道、阿修羅界)
・火焔地獄かえんじごく
・無間地獄むけんじごく(孤独地獄、無意識界)
・土中地獄どちゅうじごく
・すり鉢地獄ばちじごく
・焦熱地獄しょうねつじごく、炎熱地獄えんねつじごく
・畜生道ちくしょうどう(畜生地獄)
・黒縄地獄こくじょうじごく
・阿鼻叫喚地獄あびきょうかんじごく、大阿鼻叫喚地獄
等活地獄(とうかつ・じごく)
地獄のいちばん浅いところにある、殺し合って体をバラバラにしたり、粉々にしたりする地獄です。
等活地獄に堕ちた人は、赤鬼や青鬼のような獄卒に追いかけられて、頭を鉄杖(てつじょう)や鉄棒で叩きつぶされたり、刀で体を斬られたりして、地獄のなかで「死ぬ」のですが、どこからともなく涼風がふーっと吹いてくると、死んだ人がみんな、ふわっと生き返ります。
「等活」とは文字どおり、「等しく活(生)きる」ということです。みんな等しく活(生)き返って、また殺し合いがはじまります。
等活地獄は「殺生の罪」(命を奪う罪)によって行く地獄です。人を殺めたりすることがどれほどの罪かということを教えるために、殺されては生き返るということをいつまでも繰り返します。
参考:『他力信仰について考える』『悟りに到る道』

自殺者が行く地獄
等活地獄によく似ているのが、自殺者が行く地獄です。自殺者のなかには、自分が死んだことも分からない人が大勢います。ビルから飛び降り自殺をした人であれば、死んでからもビルの屋上に上っては、何回も何回も飛び降りをしています。「自分はぐちゃぐちゃになって死んだ」と思ったのに、しばらくすると生き返るため、また屋上から飛び降りるのです。
首吊り自殺をした人であれば、死んでからも、何度も何度も首を吊っています。それでも死ねないので、今度は地上に生きている人に取り憑いて、他人に首を吊らせるようなことをします。自殺者が行く地獄では、何度も何度も、死ぬ瞬間を繰り返し体験します。
参考:『他力信仰について考える』

無頼漢地獄(ぶらいかん・じごく)
ここはまだ浅い地獄で、日没後のような薄暗い世界です。無頼漢という字のごとく、やさぐれ者たちがいます。アル中、人間として無軌道な生活や破綻状態の生活をするような人など、家庭を省みない人たちです。この地獄は、肉体的なことに関する恐怖心―いつ自分の生命が奪われるかが分からないという恐怖が支配しており、「他人はみんな自分を害そうと思っている」「自分は死ぬんじゃないか。迫害されるんじゃないか」という恐怖心を持っていた人は、この世界で、怒りに燃えた人に殺される恐怖体験を繰り返します。
『大川隆法霊言全集』第26巻(非売品)では、室町時代に生きた女性・小桜姫の言葉で、この地獄の様子が語られています。
近くには川が流れています。ちょっと悪臭のある川で、あまりいい気持ちはしません。
それもそのはず、浅瀬には人間の死体が何体も沈んでおり、なかには片手だけ虚空に伸ばしている死体もあります。
しかし、近付いてみると、この「死体だ」と思っていたものが、実はまだ水のなかでうごめいていることが分かりました。彼らはまだ生きているのです。
そうこうしているうちに、川の上流のほうから、ワーッという声が上がりました。見ると、20人ぐらいの人々が、2人の男女を追い掛けて、こちらに来ます。どうやら、橋のたもとの所で2人とも捕まり、荒縄で橋のたもとに縛り付けられてしまったようです。男も女も2人とも、擦り切れて泥まみれになった着物を一枚着たきりです。男の額の傷からは血が滴(したた)り落ちています。
と、そのとき、雷音のような声がとどろきました。追っ手のなかで、いちばん大きな男です。身長は、優に3メートルはあります。また、その腕の太いこと、小桜の太腿を2本合わせたぐらいあります。
かがり火に照らし出された男のその顔は、話に聞く赤鬼そっくりです。ないのは角ぐらいで、口からは確かに牙(きば)とおぼしきものが生えております。
この大男の号令で、川岸で5人の男どもが刀を研ぎはじめました。大きな青竜刀(せいりゅうとう)のような刀です。川でジャブジャブと刀を洗いながら、砥石で刀を研ぐのです。シャリン、シャリンという、とても嫌な金属音が、冷え冷えとした空気を通して伝わってきます。
そのかわいそうな男女は、赤鬼の奴隷のように、こき使われていたのですが、とうとう2人で逃げ出して、追い掛けてきた彼らに捕まってしまったのです。
それから、2人が青竜刀で切り刻まれて、川のなかに、死体のごとく投げ込まれたシーンは、ご想像に任せるとしましょう。
この男女は、江戸時代のころ、村の掟(おきて)に背(そむ)いて駆け落ちし、結局は心中してしまった男女だったそうです。
彼ら自身は、実際は、村人に追われて殺されたわけではありませんが、「追い掛けられて、村人に殺されるのではないか」という恐怖心でいっぱいだったために、その恐怖心が死後の世界でも続いており、こうしてまた、人殺しの好きな連中に捕まっているということでした。
参考:『悟りに到る道』『大川隆法霊言全集』第26巻(会内経典・非売品)
餓鬼地獄(がき・じごく)(餓鬼道)
現代人が非常に行きやすい地獄の一つに、「餓鬼地獄」があります。
骸骨のように手や足、顔が痩せ細り、おなかだけがポコッと出ている姿の人が大勢いるところです。
この地獄の人たちは、とにかく欲しくて欲しくてしかたがない気持ちでいっぱいです。「何かを自分に与えてほしい」という気持ちの表れで食べ物を欲しがりますが、いつまでも満たされることはありません。
おなかを空かせて岩山を這い上がり、やっと見つけたおいしそうな食べ物をいざ口に入れようとした瞬間にガスになってボッと燃え上がってしまったり、喉の渇きを我慢しながら砂漠を這い回り、やっとオアシスにたどり着いて水をガバガバッと飲もうとすると、その水が蒸発してなくなってしまったりします。
さらに、もっと気性が荒くなってくると、同じ餓鬼地獄に堕ちた他の地獄霊を食べてしまう人もいます。しかし、あの世では、実際には肉体はないので、「食べた」と思った相手がまたポコッと現れてきます。逃げられたと思って、もう一回、食べにかかっても同じで、いつまでたってもおなかは満腹になりません。
「他人からもらいたい」「人のものをパッと取っていきたい。奪いたい」という気持ちのつよかった人は、死後、このようになります。
「甘い汁を吸えるような話があったら、ガボッと噛みついて、自分のものにする」というような気持ちがあるかどうか。いつも満たされない気持ちで心が占められていないかどうか。そのような思いでいるならば、死後、餓鬼地獄に行くことになります。
参考:『発展思考』

色情地獄(しきじょう・じごく)(血の池地獄)
阿修羅地獄の近くにある「色情地獄」は、男女関係において著しく間違った生き方をした人が行くところです。
ここは有名な「血の池地獄」というところでもあり、男女の絡みを”永遠”に行っているのですが、その姿は非常に見苦しく、ぬかるんだ田んぼの泥沼のなかで、ミミズがたくさんかたまって戯れている姿に似ています。そこを「最高の世界だ」と思って生きている人たちが大勢いるのです。
浮気、不倫、三角関係や不特定多数との肉体関係などの複雑な関係をつくると、お互いに嫉妬心にあおられて心は地獄になります。ここも現代人が行きやすい地獄の一つで、男女の関係で道を踏み外す傾向が非常に強かった人が赴く世界です。



https://www.huffingtonpost.jp/abematimes/baby-0216_a_23363274/

日本は赤ちゃんを捨てる国?慈恵病院の「内密出産」で浮き彫りになる"望まない妊娠・出産"の実態
風俗や性的暴行で"望まない妊娠"をする女性たち

 日本で1年間に誕生する赤ちゃんの人数は約96万人。その一方、「望まない妊娠」などの理由で、年間16万8000件あまりの人工妊娠中絶が行われている。ここ数年、件数自体は減少傾向にあるものの、当事者である女性が周囲に相談できず、孤独な状態で赤ちゃんを産む例も少なくないという。昨年12月には、茨城県で両親とみられる男女2人が、生まれたばかりの赤ちゃんの遺体を自宅の畑に埋めた疑いで逮捕されるという事件も起きている。国の調査では、2015年度までの3年間に遺棄や虐待で亡くなった新生児の8割近くが、望まない妊娠によって産まれていたという実態も明らかになった。

 こうした状況を受け、昨年12月、親たちが育てることができない新生児を託す「こうのとりのゆりかご(通称赤ちゃんポスト)」で知られる慈恵病院(熊本市)が出産制度に関する新しい構想を明らかにした。それが病院に身分を明かさず妊婦検診に通い、出産ができる「内密出産」だ。

 14日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、この「望まない妊娠」の実態、そして「内密出産」実現への課題を取材した。

■風俗や性的暴行で"望まない妊娠"をする女性たち
 今まさに望まない妊娠・出産に直面しているのが、もうすぐ高校生になる子どもを持つ、30代のミカさんだ。お腹の中には、来月産まれてくる新たな命が宿っている。

 昨年暮れ、胎動を感じて妊娠に気づいた。数年前から生活のために風俗の仕事をしていることから、妊娠の心当たりについて「風俗だと思う。それ以外に心当たりはない」と話す。病院を訪れたのはつい先日のこと。人工中絶ができるのは妊娠21週目までとされており、すでに妊娠30週目に入っているミカさんに選択肢はなかった。夫と離婚し、子どもとも離れて暮らしているみかさんは、赤ちゃんを特別養子縁組で第三者に託すつもりでいる。
阿修羅地獄(あしゅら・じごく)(阿修羅道、阿修羅界)
人を責めさいなんだり、人の悪口ばかりを言ったりしている人が行く地獄です。
自分が不満であるために、「とにかく、悪口を言ったり、人を傷つけたりすると、スッキリする」という気持ちで悪口を言い続けているタイプの人、また、世間の悪口、政府の悪口、人の悪口を並べたて、不幸を自分以外のもののせいにして自らを正当化するような人や、言葉で人をずいぶん傷つけているようなマスコミやジャーナリズムの人もこの阿修羅地獄に行きます。
この地獄には、昔の兵士や、過去の戦争などで殺し合った人たちもたくさんいます。
ただ、現代では戦争が少なくなってきていることもあり、この地獄に堕ちた人たちは、お互いに非難合戦をしたりしています。
やがて、あの世で弓矢の使い方を覚えたりして、お互いに殺し合うようになったりしますが、ここでも、殺しても殺しても相手が死なないため、”永遠”に相手を傷つけることを繰り返しています。これを、ほとほと嫌気がさすまで続けるのです。
さらに、この地獄の現代的な変形として病院が出てくることもあります。
昔は、鬼が出てきて、地獄の釜でグツグツ煮たり、鉄棒で叩き潰したり、釘を打ち込んだりすることが多かったのですが、現代では地獄も少し変わってきていて、阿修羅界のなかに病院のようなところがあるのです。そこに運び込まれて、集中治療室のようなところへ行くと、医者や看護師が出てきます。
医者はマスクをかけていますが、口が耳まで裂けています。患者は、「やめてくれ」と言って暴れますが、ベッドに縛りつけられ、解剖されて、殺されてしまいます。
阿修羅地獄では、残忍な殺され方を繰り返し何度も体験するようになります。なぜなら、その人の心の映像において、恐怖体験のみが展開しているからです。自分が恐れるものを引き寄せて、その映像ばかりを見るのです。
参考:『発展思考』『復活の法』

火焔地獄(かえん・じごく)
阿修羅地獄で止まらず、「火焔地獄」というところまで堕ちて、毎日、炎に焼かれて、阿鼻叫喚の生活を送る人々もいます。煩悩に身を焦がした人や、怒りの炎や嫉妬の炎で、人を焼き焦がした人が行く地獄です。
短気で、すぐにカッとくる人―何かを聞くと、すぐにカッときて、逆上し、見境がつかなくなる。そして、あとで我に返ったら、いったい自分は何をしていたのか、何のために怒っていたのかがわからない―このような人が大勢います。
「自分は短気だからだ」と説明をつけているかもしれませんが、それは必ず反作用を受けるのです。怒りの炎が、その心が、他の人を傷つけ、また、自分自身の仏の子としての本質をも傷つけているのです。
参考:『宗教選択の時代』
無間地獄(むけん・じごく)(孤独地獄、無意識界)
人の悪口を言う人たちのなかでも、極端に指導力のある人が行く地獄です。
言論人や思想家、先生、教祖など、大きな力を持って人々に影響を与えているような人、思想的に、あるいは宗教的に人々を間違わせ、狂わせた人々は、阿修羅地獄では止まらず、もっと下に行きます。地下一階ではなく、地下二階、地下三階と、もっと深いところに行くのです。そこは、「無間地獄」と言われる、非常に深い地獄です。独りきりになって、他の人と全然会わないようなところに隔離されるのです。
霊の世界は、殺人などの肉体的な間違いや物質関係での間違いよりも、「人の心を狂わせる」という罪を最大の罪としています。なぜなら、こういう人は、あまりに危険すぎるからです。
人々を扇動し始めるようになると、周りへの悪影響が大きいので、そういう人は、もっと深い地獄にストーンと堕ちていくのです。それだけ魂の比重が重いとも言えます。
さらに、主として無間地獄を中心に発生した、魔界というものがあります。これは、地獄の魔王たち、サタンたちが住んでいる世界です。地獄霊のなかで親分格の霊たちであり、地上で言えば、やくざの親分のような存在です。
参考:『発展思考』『幸福の科学とは何か』

土中地獄(どちゅう・じごく)
「土中地獄」は、その名のとおり、土のなかの真っ暗闇のなかに閉じ込められたまま、息も絶え絶えで窒息しかかった人が苦しんでいる地獄です。
モグラと同じように一人ひとりが自分の穴を持っており、互いの姿を見ることができません。目の前の、わずか1メートルぐらいの空間のなかで、息をしたり、手で土を掘ったりしていますが、穴が狭いため、向きを変えることもできず、足も膝を突いたままです。
土中地獄には現代のサラリーマンが多く、ネクタイ姿で白いワイシャツを着た人が真っ暗な穴蔵(あなぐら)で悶(もだ)え苦しんでいますが、それは「独りっきりにしてほしい」と心から願っているからです。
「職場では、面従腹背のイエスマン。残業や、度重なる出張、単身赴任などで、家庭は、まるで氷のようで、妻や子とも口もきかない」という長年の生活に疲れ果て、「嫌な上役や部下から逃れたい」「誰とも口をききたくない」「誰もいない暗闇でじっとしていたい」という気持ちでいっぱいの人々なのです。
自分の心が、本当は自由自在であることに気づき、独りで悩んでいることのばかばかしさに気づくまで、ここを出ることはありません。
参考:『大川隆法霊言全集』第26巻(非売品)
すり鉢地獄(すりばち・じごく)
直径100メートルはあろうかという阿蘇山の火口のような、大きなすり鉢状の穴がある地獄です。
すり鉢の底では熱湯が煮えたぎっており、ときおり、硫黄臭い煙が中央から立ち昇ってきます。溶岩がふつふつと湧いているようにも見えます。
すり鉢地獄では、何千人もの人が、まるで蟻のように群れを成して、この巨大なすり鉢から逃げ出そうとして崖をよじ登っているのですが、「われ先に」と思っている人ばかりで、自分の上をよじ登っている人の足首を握っては、引きずり下ろしています。
永遠にそれを繰り返しているので、いつまでたっても、一人もそこから抜け出すことができず、岩肌を石と共に、ごろごろと転落していきます。崖の傾斜そのものは、それほど急でもなく、みなで助け合えば、次々とこのすり鉢から逃れることができるのに、その「助け合う」ということが、何十年、何百年たっても分からないのです。
この地獄にいるのは、生きていたときに、愛もなく他人を蹴落としてきたエゴイストたちです。大会社の重役風の人や、学者風のインテリ顔をした人たちなど、受験戦争や出世競争で他人を情け容赦なく蹴落としてきた人たちが、そのツケをここで払っているのです。
参考:『大川隆法霊言全集』第26巻(非売品)

焦熱地獄、炎熱地獄(しょうねつ・じごく、えんねつ・じごく)
読んで字のごとく、この地獄では、大変な高熱で人々の肉体(と思われているもの)が焼けただれています。
火山の火口のようなところから硫黄の熱風が吹き上げ、とにかく熱くて熱くて、じりじりと焼き殺されるような地獄です。さらにすごい「大焦熱地獄」もあります。ゆらゆらと陽炎(かげろう)の立ち昇る砂漠を、腰に布一枚を巻いただけで、やせて骨ばかりのようになった男女が、水を求めてさまよっています。
この地獄を特色づけているものは、「渇望」という言葉です。人々に与えることを忘れて、「あれが欲しい」「これを手に入れたい」と、山のような欲望に振り回されて、求めることばかり考えて人生を送ってきた人々が行く世界です。物欲が強く、常に不足と不満ばかりを心に思って生きてきた人々の心が、「熱風の吹き付ける灼熱の砂漠」という心的風景をつくり出しているのです。
『大川隆法霊言全集』第26巻

畜生道(ちくしょう・どう)(畜生地獄)
ここにいる人たちは、もはや人間の姿をしていません。顔だけは人間で、体は、馬であったり、牛であったり、鳥であったり、蛇であったり、豚であったりと、さまざまです。
それぞれ自分の心性に合った動物の姿をしています。なかには、空を飛ぶコウモリのようになって、洞穴に逆さにぶら下がっている人もいます。猜疑心の強い人は蛇のような姿、欲望を抑えきれない人は犬のような姿、人を騙しつづけてきた人は狐のような姿になって、畜生地獄をつくっているのです。
ここにいるのは、「心のなかは外からは見えないから、どのような思いを持っていてもかまわない」と思って生きていた人々です。肉体を持っていたとき、その心が透き通しで、何もかも見通されてしまったならば、恥ずかしくて、とても人前には出られないような生き方をしていた人たちは、あの世の世界に還ると、心のなかをすべて見られてしまい、また、自分の心のままの姿になるということを知って、がく然とするのです。
そして、彼らの大部分は、何百年もこの地獄にいるうちに、自分をその動物そのものだと思い込んでしまいます。これが、実は、「動物霊の憑依」と言われている事実の真相なのです。
自分を蛇だと思い込んでいる地獄霊、自分を狐だと思い込んでいる地獄霊が、生きている人間に憑依しては、人間を苦しめているのです。霊能者が「現象」を行うときに、蛇のように身をくねらせる霊や、狐のまねをする霊が人間の言葉でしゃべったりするのは、それが、ほとんど、畜生地獄に堕ちた人間霊だからです。
参考:『永遠の法』『大川隆法霊言全集』第26巻(非売品)
黒縄地獄(こくじょう・じごく)
深いところにある地獄に、「黒縄地獄」というところがあります。
ここでは、焼けた鉄板のようなところに寝かされて、焼けた鉄のような黒い縄で印をつけられるのです。四方に刻みをつけられて、そしてそのとおりに、焼けるなかで体を切られていくのです。
黒い縄を使うのが昔からの伝統的なやり方だったのですが、最近は近代的になってきていて、外科医の病院の手術台のようなものが、かなり出てきはじめています。そして、天井からもまた熱い鉄のロープのようなものがぶら下がっていて、熱風が吹くたびに体のいろいろなところに焼きつける、そのような地獄です。

阿鼻叫喚地獄、大阿鼻共感地獄(あびきょうかん・じごく)
さらに深いところにある地獄として、「阿鼻叫喚地獄」があります。阿鼻叫喚、つまり泣き叫ぶような非常に苦しい地獄です。
この阿鼻叫喚にも程度があって、「阿鼻叫喚地獄」と「大阿鼻叫喚地獄」というところがあります。
大阿鼻叫喚地獄に堕ちる人で典型的なのは「五逆の罪」を犯した人です。「五逆」とは次の五つです。
一、父殺し。
二、母殺し。
三、阿羅漢以上の資格を持ったお坊さん、キリスト教的にはシスターや神父など、仏神に近いところをめざして修行している僧侶を殺すこと。
四、仏陀を傷つけること。
五、仏陀のつくった教団を混乱に陥れること(これを犯した場合を「和合僧破壊の罪」と言います)。

この五つの罪のどれかを犯した者は、大阿鼻叫喚地獄に堕ちるのです。
これ以外にも、修行者でありながら盗みをしたり、修行者でありながら強盗や強姦のようなことをしたり、修行者でありながら、自分が悟っていないのに悟ったと称して人びとを惑わしたような者もここに入ります。
こうした非常に深い罪を犯した者が、大阿鼻叫喚地獄というところに入ります。ここに入った人は千年以上は絶対に出てこられません。
そこでは、ありとあらゆる地獄の苦しみがあります。そこに入った人というのは、生皮を剥がされ、その後、焼けた土の上に寝かされて、燃えるような、銅や鉄を熔かしたようなものを体の上にかけられているのです。
その後、金鋏(かなばさみ)のようなもので口を開けられ、そのなかに、またドロドロに熔けた銅のようなものを流し込まれ、それが肛門のほうから出てくるという、こんな恐ろしい苦しみを味わっている人もいます。
過去、宗教を迫害してめちゃめちゃにしたような人たちが、そのような罪のなかに置かれています。こういう地獄が、深いところにあるのです。
参考:『悟りに到る道』


地獄に堕ちないために今からできること
死んだら終わりだ、死んだら無になる、などと言うのは簡単ですが、果たしてそれは本当でしょうか?
実は、地獄にいる多くの人は、自分が地獄にいるとは思っていません。
現代は、死後の世界を信じていない人や、死んだらどうなるか知らない人がほとんどなので、「自分には意識があるから、まだ生きている。ちょっと変な場所に来てしまっただけだ」と、死んでいることにすら気づいていないのです。
『あなたの知らない地獄の話』(大川隆法著)では、「もしも」死後の世界があったときに「知らなかった」では済まされない、驚きの事実が書かれています。
この世で役に立つ知識はいろいろありますが、「死んでから」役に立つ知識を、あなたはどれだけ知っていますか?
嘘つきの堕ちる地獄について教えてください!


大川総裁か、ストライクフリーダム
嘘をついているのはどっちなのでしょうか?

不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。


あわせて教えてください
「死後の世界はないと思う」と考えている方でも、「もしも」死後の世界があった場合に後悔することがないように。どうか死後の世界と、地獄に落ちない生き方について知っていただきたいと思います。
“本書は、できるだけ各人に一冊は自分の繰り返し読むべき本として、身近に備えておいてほしい”(まえがきより)
『あなたの知らない地獄の話。』(大川隆法 著)

9つの地獄界―その最新事情&脱出法を解説
▽孤独なサラリーマンが行く「土中地獄」
▽現代にできた「テロ地獄」
▽子供たちの「受験・餓鬼地獄」
▽欲望のままに生きた人の「畜生地獄」
死んでから後悔しますか?
生きているうちに対処しますか?
>>[13]

地獄チェックの質問にほとんどチェックが付くストフリさんは、まるで水より比重の重い物体が沈んでいくように、地獄へ堕ちていくのですね(笑)

自爆コピペ?自虐コピペ?

なに(笑)
>>[022]


死んでから後悔しますか?

生きてるうちに対処しますか?


地獄行きに執着しているから関係ないですか?
目には目を。「リベンジ女」たちの怖い行動
亀山早苗 2018/09/12 19:55
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/目には目を。「リベンジ女」たちの怖い行動/ar-BBNdOzn?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

citrus All About Navi, Inc. All Rights Reserved.
■自分だけ離婚したのが悔しくて


ダブル不倫で燃え上がり、「互いに離婚して再婚しよう」と決めたのが7年前。サヤコさんが40歳のときだった。当時、ひとり息子が10歳になったばかり。5歳年上の相手は子どもが中学に入ったばかりだった。サヤコさんは、もともと夫婦関係がよくなかったことに加え、彼に急かされたためすぐに離婚して息子とふたりの生活へ。


「ところが彼はいつまでたっても離婚しないわけですよ。彼の子が中学を卒業して高校に入るまで待ったけど、離婚話は進んでいると言うばかり。これは絶対に妻に話していないと思ってせっついたけどのらりくらり。頭に来て、彼の奥さんに手紙や証拠写真を送りつけてやりました」


妻は怒って、彼に離婚を要求してきたという。養育費や慰謝料などがとんでもない額になりそうだと彼は頭を抱えた。


「そんなの知ったこっちゃありません。彼が『どうしたらいいんだ』と言ってきたので、『私もあなたとは別れる』と宣言してやりました。離婚してから5年も待った私の身にもなれってことですよ」


彼はどうやら離婚して苦労している様子だが、サヤコさんは新たな恋をしつつ、息子と仲良く暮らしている。


■不倫のあげくポイと捨てられ……


4年前、一回り年上の既婚男性と恋に落ちたアカリさん(36歳)。「必ず離婚する」という彼の言葉を信じていたが、3年間つきあったあげく「妻に疑われた」とあわてふためいた彼に「ゴミのようにポイと」捨てられた。彼は妻が社長、その父親が会長を務める会社の専務。


「そもそもそういう立場で不倫をするのが間違いですよね。私は彼がクビになるだろうと思っていたし、それでも添い遂げるつもりだった。だけど彼はしょせん自分の身がかわいいだけだった。ふざけるなと思いました。だから彼の妻やそのお父さんに直に会ってすべてぶちまけたんです」


もちろん、アカリさんはもう彼とつきあう気などなかった。妻もその父親も真摯に話を聞いてくれたという。


「その後、彼は平社員に降格されたそうです。ただ、離婚はしてないみたい。彼にとっては離婚するよりつらい道かもしれませんね」


とはいえ、アカリさんの心の傷も大きかった。本気で彼を愛し、彼が働けないなら自分で食べさせていく決意までしていたのだから。とても「次の恋へ」などという気持ちにはなれないそうだ。





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
>>[26]

地獄チェックの質問にほとんどチェックが付くス トフリさんは、まるで水より比重の重い物体が沈 んでいくように、地獄へ堕ちていくのですね(笑)

自覚ありますか?(笑)(笑)
>>[27]

捨て石ですからね。

そりゃ「わざと」ですよ。(笑)
大阪・警官発砲:不審車両2台には盗品のナンバープレート
2018/09/12 23:51
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/大阪・警官発砲不審車両%ef%bc%92台には盗品のナンバープレート/ar-BBNeui3?ocid=spartandhp#page=2

毎日新聞 逃走車とぶつかって壊れたパトカー=大阪市生野区勝山北3の生野署で2018年9月12日午後0時53分、柴山雄太撮影

逮捕された男の体内から覚醒剤の成分が検出

 大阪市生野区の路上で不審車両2台を追跡中のパトカーに車を衝突させたとして男が逮捕された事件で、2台には盗品のナンバープレートが付けられていたことが捜査関係者への取材で明らかになった。逮捕された男の体内からは覚醒剤の成分が検出されたことも判明。男は警察官に拳銃で撃たれ重傷を負って治療のため入院しているが、大阪府警は今後、覚醒剤使用の疑いもあるとみて調べる。
 公務執行妨害と殺人未遂などの容疑で府警に現行犯逮捕されたのは、住所・職業不詳の末次透容疑者(41)。

 府警によると、2台の車は12日未明、追跡してきた府警生野署のパトカーに猛スピードでバックして衝突するなどして妨害。衝突した黒の車に巡査部長が拳銃を2発発砲、運転席にいた末次容疑者が右肩と左脚を負傷した。

 もう1台のシルバーの車には巡査長が5発発砲。運転席の男は、巡査長が応援を呼ぶために目を離した隙(すき)に車を放置して逃走。現場は住宅街の袋小路で、男は南側の柵を乗り越えて逃げたとみられる。

 捜査関係者によると、2台はいずれも盗難車とみられる。ナンバープレートは盗品を付け替えたり、偽造したりしたもので、シルバーの車は盗難届が出ていた。生野区内では今年1月以降、車上荒らしなど車を狙った事件が急増。シルバーの車は現場周辺を何度も行き来するなど不審な動きをしており、パトカーが警戒中だった。

 一方、毎日新聞は発砲当時、現場近くで撮影された動画を住民の男性(39)から入手した。車のクラクションが鳴り続ける中、「バーン」という銃声が断続的に響く様子が記録されている。男性は「暴力団の抗争事件かと思い、怖かった」と話した。【柴山雄太、土田暁彦、竹田迅岐】
上原多香子が再婚&妊娠 コウカズヤ氏が報告「家族を守ります!」 576
2018年10月10日 14:19 ORICON NEWS
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&id=5325064&from=home
上原多香子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の上原多香子(35)との交際が一部週刊誌で報じられていた演出家のコウカズヤ氏が10日、自身のSNSを更新し「私は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました」と報告した。

 コウ氏は「直接ご報告させてもらってる方もいますが、まだご報告できていない方にこの場をお借りしてご報告させてください」の書き出しで、結婚と上原の妊娠を報告。「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております! 家族を守ります!」と決意を新たにした。

 続けて「もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!」と伝え「どうか、どうか、どうか! 我々家族を暖かく見守っていただけたら幸いです。何卒、よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 コウ氏は一部週刊誌で上原との交際が報じられており、『デイリー新潮』が、この日、上原が妊娠していることを伝えていた。

 上原は2012年8月にヒップホップグループET-KINGのTENNさんと結婚。14年9月25日にTENNさん(本名・森脇隆宏)は35歳の若さで亡くなった。



「不倫疑惑」上原多香子に前夫・TENNさん実弟が証言「自殺の理由は多香子さんにある」
2017.8.12
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/170812/ent1708122505-n1.html

事実なら“ゲス”どころの話では済まない


 またSPEEDだ。今井絵理子参院議員(33)の騒動も冷めやらぬ中、今度は上原多香子(34)に不倫疑惑が持ち上がったのだ。しかも、それが夫の自殺の原因だったかもしれないとなると…。
 2014年9月に死去したET−KINGのTENNさん(享年35)の実弟が、10日発売の「女性セブン」で、TENNさんが上原に宛てた遺書を公開した。

 同誌によると、遺書には「子供が出来ない体でごめんね」「許してください」「きっと阿部力となら乗りこえられると思います」「次は裏切ったらあかんよ」などと書かれていたという。
 ここで出てくる阿部とは俳優の阿部力(つよし、35)。上原とは14年に舞台で共演しており、交際に発展したとみられる。同誌は、TENNさんがスマートフォンに保存していたという上原と阿部のキス写真やLINEの内容も掲載。

 実弟によると、TENNさんは上原のLINEの記録から阿部との不倫を知ったとみられる。LINEには、上原が離婚を望んでおり、阿部と子供をつくりたいという内容がつづられていた。TENNさんは検査の結果、子供がつくれない体質だったという。

 TENNさんの自殺について、メディアは当時、“夫婦格差”などが理由ではと推測していたが、実弟は「遺書を見て、自殺の理由は多香子さんにあることはすぐにわかりました」と語っている。
 そして上原だが、TENNさんの死後も、その名字である「森脇」姓を名乗っていたが、今年5月に舞台で演出家のコウカズヤ氏(40)との交際が発覚すると、籍を抜いて上原姓に戻している。



五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
上原多香子の再婚・妊娠に非難轟々 「全然祝えない」「元旦那さんとご遺族に言えますか」
10月10日(水)19時45分 BIGLOBEニュース編集部
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1010/blnews_181010_1248654231.html

画像はコウカズヤ氏のTwitterスクリーンショット

女優の上原多香子の再婚と妊娠を演出家のコウカズヤ氏が10日に公表。しかし、上原の前夫に関する一連の報道から、Twitterやニュースサイトのコメントでは「祝福できない」といった否定的な声が多数あがっている。

コウカズヤ氏は10日にTwitterで、「私は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました」と報告した。続けて、「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!家族を守ります!もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!」と宣言。最後に「どうか、どうか、どうか!我々家族を暖かく見守っていただけたら幸いです」と呼びかけた。

上原の前夫であるヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさんは2014年に自殺。遺族側は2017年に週刊誌を通してTENNさんの遺書を公開し、自殺の原因は上原の不倫にあると主張。遺書には、「子供が出来ない体でごめんね」との謝罪や、「きっと阿部力となら乗りこえられると思います」「トントンとお幸せに」といった言葉が並んでいた。上原はこの後に芸能活動を休止している。

これまでの経緯から結婚と妊娠という話題にも関わらず、ネットには祝えないといった声や上原に対する批判が殺到。また、TENNさんは子供ができないことを悩んでいたとされることから、公表に踏み切ったことに対しても否定的なコメントが寄せられている。

「全然祝えない。まあ、子ども欲しかったなら良かったですね」
「祝福はできません。暖かく見守ってほしいなら、金輪際、妻子の話題は載せないでいただきたい」
「亡くなられた元旦那さんとご遺族に言えますか?」
「お子さんができて嬉しいのはわかりますが、ご遺族は相当傷ついているのではないですか?」
「“我々家族”の事しか考えられないのですね。“念願の”とかいちいち書く必要ある?」
「あなたが発信した為に、TENNさんのこと、思い出してしまいましたよ」

「声高に家族を守ると宣言することではなく、自分の家族の罪や過ちを黙って一緒に引き受けて非難にあえて甘んじて耐えることではないでしょうか?」
「黙って家族内で幸せを噛み締めているのが一番なのにそれにも気付けないなんて」

一方では、「辛い思いもいっぱいあったと思いますが、これからは二人で幸せになって」と祝福する声や、「子供は親を選べないので全力で守ってあげてください」「子供には罪はないからそっとしてあげては欲しいとは思う」と子どもを思いやる声も寄せられている。






五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
日本も終わっているよね。

http://m.mixi.jp/view_news.pl?guid=ON&id=5334242&media_id=4&mhome=1&position=2

酔った女性に性的暴行の疑い=慶大2年の男逮捕−神奈川県警

(2018/10/16 22:00 時事通信社)

酔った状態で判断能力がない女性に性的暴行をしたとして、神奈川県警神奈川署は16日、準強制性行の疑いで、慶応大2年渡辺陽太容疑者(22)=東京都港区元麻布=を再逮捕した。同署によると、「酔っていたので思い出せない」と容疑を否認しているという。
逮捕容疑は9月29日午前4時5分~25分ごろ、横浜市西区の路上で会った酒に酔った状態の女子大生(19)=川崎市高津区=を付近の雑居ビルに連れ込み、性的暴行をした疑い。
(時事通信社)



五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
>>[39]

大げさな。
別に名前や住所を教えろ。と言っている訳ではないのですがね。
既婚か未婚か。

それだけ。
>>[41]

>既婚か未婚か。

ちょっとした心理テストですよ。

答えるのに何の抵抗も無い人と、物凄い拒否反応が出る人。

この「差」は一体何なのでしょう。(笑)

実は「心」を知るヒントはこういった「心理テスト」にあるようです。
>>[045]

>足りない頭必死で使って、せいぜい想像が当たることを祈ってますよーー。
(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)



天変地異は当たっただろ?
仮装の若者、軽トラ横転させる
ハロウィーンの東京・渋谷
2018/10/28 11:33
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1028/kyo_181028_4633806950.html

 28日午前1時ごろ、ハロウィーンで仮装した若者らが、東京都渋谷区のセンター街で軽トラックを取り囲み、横転させた。けが人はいなかったが、車の一部が破損。トラックの男性運転手が被害届を提出し、警視庁渋谷署は器物損壊容疑で捜査している。

 渋谷署によると、軽トラックがセンター街を走行中、若者ら数人が荷台に乗り込み、取り囲んだ。運転手が警察に通報しようと、車を離れたすきにひっくり返し、現場から立ち去った。性別などは分かっていない。

 渋谷の繁華街では27日夜から28日朝にかけ、女性が胸を触られたり、スカート内を盗撮されたりする被害も相次いで発生、5人が逮捕された。
今井絵里子が交際宣言した橋本元神戸市議に有罪判決 政治資金を”交際費”に私的流用?自民党幹部が激怒
AERA dot.2018年10月29日15時08分
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dot/nation/dot-2018102900017

 元SPEEDのメンバーで自民党の今井絵理子参院議員が「交際宣言」をしていたお相手、元神戸市議の橋本健被告が詐欺罪に問われた裁判で10月29日午後、懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決が神戸地裁で言い渡された。

 起訴状によると、橋本被告は、11年から14年度の政務活動費について市政報告の制作費など架空の領収書を添付し、虚偽の収支報告書を作るなどして、計690万円を騙し取ったとされる。これまで、神戸市長や同議会などからも幾度となく、自らの責任で政務活動費の不正使用をきちんと説明するように求められていた橋本被告。

 この日、判決が言い渡されても表情を変えることはなかった。そのまま、会見もせず、報道陣から逃げるように姿をくらましてしまった。

 昨年7月に週刊新潮で今井議員との不倫疑惑が報じられ、政務活動費の不正受給問題も発覚。同年8月に市議を辞職していた。

 新幹線のグリーン車で手をつなぎ、ホテルで同じ部屋に宿泊するシーンまでが明らかになった2人。その後、今井氏との対談が掲載されている市政報告を2016年の参院選前に配布。その費用を政務活動費で支払うなどしていたことで、市議を辞職にまで追い込まれた。その後、神戸市議会などから刑事告発され、検察に起訴されていた。

 橋本被告は、政務活動費の疑惑が報じられると架空の領収書を作成した印刷業者に「口裏合わせ」を依頼するなど犯行の隠ぺい工作にまで行っていたことが明らかになった。

 検察側は公判で、橋本被告の対応に「悪質な犯行であり強い非難に値する」と厳しく指摘。

 さらに騙し取った690万円の政務活動費の使途について、検察は「東京への交通費、宿泊費など私的に使っていた」とも明らかにした。今井氏との交際費に流用した疑いが出ている。

 他にもキャバクラやガールズバー、ゴルフなど私的な遊興費にも使っていたと指摘した。

 橋本被告は、法廷で全面的に検察側の主張を認め、「反省しています」と涙ながらに、情状を訴えていた。

 だが、自民党の神戸市議は怒り心頭でこう語った。

「橋本被告は、辞職の際も他の市議に謝罪文を渡しただけで逃亡しましたわ。いくらきちんと説明、謝罪と言っても『やめるので』というばかり。橋本被告は、歯科医であり社会的に責任ある立場。法廷では泣いて謝っていたが、遅すぎます」

 一方、自身のブログで10月3日、<現在、私今井絵理子は元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いさせていただいております。昨年末に橋本さんの離婚が成立をしたとのご報告や、事件についての説明と謝罪など、年明けから連絡を取りあっておりました。交際については様々なご批判等あるかと思いますが、それらは全て覚悟しております>と交際宣言した今井氏。

<犯してしまった罪は心から償い、もう二度とこのようなことを起こさないように、再起に向けて歩みを進めてほしいと思います>とつづっていた。

 自民党幹部は今井氏についてあきれつつ、こう怒る。

「橋本被告は、政務活動費の不正についても説明も謝罪もできず、同じ自民党の神戸市議たちを苦しめている。政務活動費の不正は刑事的犯罪。市議、歯科医という立場で社会的な責任も果たせない男と不倫かと疑われるような交際を堂々と言ってのける今井さんってどんな神経なのか。とんでもない人を自民党は議員にしてしまったもんだな…」

 2人の前途は多難なようだ。(今西憲之)


五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
男性刺され死亡、容疑で27歳女逮捕 東京・立川
2018年11月10日03時49分
https://www.asahi.com/articles/ASLCB13WBLC9UTIL052.html


現場周辺には規制線が張られた=2018年11月9日午後11時33分、東京都立川市西砂町5丁目、滝口信之撮影

 包丁で男性を刺して殺害しようとしたとして、警視庁は、いずれも自称で東京都江東区塩浜2丁目の会社員斎藤ありあ容疑者(27)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、10日発表した。「付き合っていた男性の右首を刺した」などと容疑を認めているという。男性は30代くらいの外国人で、搬送先で死亡が確認された。同庁は交際を巡るトラブルがあったとみて、容疑を殺人に切り替えて調べる。

 組織犯罪対策2課などによると、逮捕容疑は9日午後8時ごろ、東京都立川市西砂町5丁目の住宅で、男性の首を包丁で刺すなどして殺害しようとしたというもの。住宅にいた関係者が斎藤容疑者を取り押さえた。死亡した男性は米軍関係者との情報もあり、同課が身元確認を進めている。
 現場は米軍横田基地近くの住宅街。



五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
交通事故相次ぐ…3人死亡 愛媛
NNN24 2018/11/11 22:46
https://www.msn.com/ja-jp/news/video/交通事故相次ぐ…%EF%BC%93人死亡-愛媛/ar-BBPzKqu#page=2

愛媛県で、交通死亡事故が相次いだ。西条市では、軽乗用車に女性2人がはねられ死亡し、四国中央市では軽トラックが壁に衝突し、運転していた男性が死亡した。

11日午後2時50分ごろ、西条市小松町新屋敷の市道で、軽乗用車が道路脇にいた女性2人をはねた。この事故で、近くに住む曽我部幸子さん(86)と大野ミ子コさん(86)が死亡した。

警察は、軽乗用車を運転していた西条市のパート従業員・曽我部かんな容疑者(22)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の原因を調べている。

また、四国中央市川之江町では、11日午前11時ごろ、軽トラックがコンクリートの壁に衝突し、運転していた近くに住む西川志信さん(67)が死亡した。

ログインすると、残り23件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

宗教法人幸福の科学2 更新情報

宗教法人幸福の科学2のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済