ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > D-STARやってる人の集まり > トピック一覧 > ケンウッドの新型ハンディ

D-STARやってる人の集まりコミュのケンウッドの新型ハンディ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

アメリカのデイトンハムペディションでケンウッドの新型デジタルハンディが発表

【追記:プロモーション動画】<デイトン・ハムベンション2016>JVCケンウッドはD-STAR+APRSハンディ、八重洲無線はFT-891を参考出品!!

http://www.hamlife.jp/2016/05/21/hv2016/

以下転載

2016年5月20日、米国オハイオ州デイトンで世界最大規模のアマチュア無線イベント「デイトン・ハムベンション2016」が開幕した。会場で初お披露目となった新製品、参考出品の情報を速報しよう。



★JVCケンウッド
 D-STAR方式のデジタルモードとAPRS機能を搭載した、144/220/430MHz帯のハンディ機(型番は表示なし)が参考出品された。
 同社は過去、D-STAR対応のモービル機をOEM供給を受けて発売したことがあるが(2007年6月「TMW-706/S」を直販サイト限定で発売)、独自設計のD-STARハンディ機はこれが初となる。


 防水・防塵設計がなされた本体は、黒を基調にしたカラーリングで大型のTFTディスプレイを搭載。本体内にGPSレシーバーを内蔵、D-STARによる通信のほかAPRSに準拠した位置情報やメッセージの送受信などが行える。またアナログFMモードの送受信にも対応。
 さらに各種の電波型式に対応した広帯域受信機能を搭載(SSB/CWが快適に受信できるIFフィルタも装備)。本体にはマイクロSDカードスロットやマイクロUSB端子を設け、Bluetoothにも対応している。

転載終わり

無論日本市場向けは、220MHzはアマチュアバンドに割り当てられていないので、144/430MHz機になる予定

アイコム以外でD-STAR方式を採用のハンディ
記事中にあるように過去にアイコムよりOEMでD-STARハンディ出して居たが、今度のモデルはケンウッド自社設計モデル
まぁ、APRS機能はケンウッドの売りの一つなので、充実したAPRS機能にD-STARモードで運用出来てなおかつカラー表示も注目かと。。。

日本では、たぶん今年のハムフェアで参考出品で展示されるかも知れない

ケンウッドとアイコムは無線機に際して業務&技術提携している関係上
アマチュア機でデジタル機を出すとしてもD-STAR以外には選択肢が無い訳で、日本でも発売されるとアイコム以外の初のD-STAR機となるだろう

八重洲のC4FMは、アマチュア機では他社が採用すると言う話は今のところ無いので、今後の進展が気になるところ

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

D-STARやってる人の集まり 更新情報

D-STARやってる人の集まりのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済