ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ヴィクトール・E・フランクル > トピック一覧 > 『夜と霧』などを読んで思ったこ...

ヴィクトール・E・フランクルコミュの『夜と霧』などを読んで思ったこと・考えたことを語りましょう

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

われわれは、生活が順調にいっているときは、生きることに関して疑問を持つことはあまりないかもしれなませんが、ほとんどすべての人は、長い人生を生きていく中で、困難に突き当たるものだと思います。

それがどの程度の強度で体験されるかは、人それぞれでしょうが、そのとき、人は往々にして価値観の問いなおしを迫られると思います。なぜなら、順調なときの価値観では、困難なときの自らの生を肯定的にとらえることができないことがほとんどだからだと思います。

その困難が極端なものだったとき、その問いかけは非常に真剣なものとならざるを得ないでしょう。
楽しく生きることをよしとしてきた人間は、生きることにまつわるほとんどのことが苦しみとなるのを感じたとき、こう考えざるを得ないのではないでしょうか。
「生きていくことがこんなに不幸なことだとしたら、楽しいことよりも苦しいことの方が圧倒的に多いのだとしたら、生きることに意味なんてないんじゃないだろうか?結局、死んだ方がいいんじゃないだろうか?」

そして、この問いが、かつてないほど深刻に問われた場が、ユダヤ人の大量殺戮のための強制収容所であり、『夜と霧』にまつわる思想ができあがった現場だったのだと思います。
実際には、彼は収容以前から生きる意味についてのまとまった考えを持っていましたが、その考え方は、アウシュヴィッツをはじめとする極限的に悲惨な状況下で徹底的に検証され、そして彼は、この問いに、最終的に肯定的に答えました。
すなわち彼は、どんなに悲惨な状況下でも、生きる意味はあると答えました。

『夜と霧』は、比較的平易な体験記の文体をとっているけれど、この著作にはフランクルの思想全体がよく反映されていると思います。
それどころか、むしろ、この彼の命をかけた体験を描いた著作は、フランクルの人格とその思想が、流れ出し、具体的な形に結晶したものだと言えると思います。

本文冒頭で、彼は、「この本は事実の報告というよりもむしろ体験を描いたものである」と言っています。
実際、『夜と霧』の原題は、あえて訳すとすれば「ある心理学者、強制収容所を体験するEin Psychologe erlebt das Konzentrationslager」というものです。

彼は、一方では偏らない心理学的探究を提示したいと考えていたようですが、個人的なことを記述する必要も感じていました。しかし、これは、彼の思想と、彼の生きる姿勢を考えると、必然的なことだったと言えそうです。

つまり、彼はここで、従来の(彼の時代以前の)心理学がやりたかったのでもなければ、冷静に客観的・一般的な事実を提示したかったわけでもないのでしょう。
彼は確かに彼の言うとおり心理学者としてこの著作を書きましたが、それは従来の、フロイトに始まる精神分析学や、ヴントの行っていたような実験心理学とはまったく違った意味合いを持っています。特に彼は精神分析と、その流れをくむアドラーの個人心理学の伝統の中で生き、それに対して明確に批判を加えましたが、ここではそのような心理学を念頭に置いているのではないのでしょう。

彼がこの著作で行いたかったのは深層心理学なのではなくて、むしろ、身体と心理だけでなく、精神Geistの自由を有する存在としての人間についての心理学、すなわち「高層心理学」だったのでしょう。
彼が創始した精神療法であるロゴセラピー・実存分析をもじっていうならば、彼はロゴセラピストとして強制収容所を描写し、実存的な、すなわち個々の生における最も本質的なものを問題にしたかったのであり、そして、実際には、この書は、従来の心理学への強力なアンチテーゼを、最悪の悲劇を生き抜いた実体験の記録を通して提出する試みだと言えるのだと思います。

このような実存思想の書である『夜と霧』を読むことを通して、われわれひとりひとりが危機に向き合う際の糧となるものをそこから見出すことは、十分可能でしょう。そしてその糧は実際に『夜と霧』とフランクル思想には含まれているはずです。
なぜなら、この著作は、「他の誰かが生きる意味を見出す手助けをすることを生きる意味とした」フランクルの主著とも呼べるものであり、それは他の実存に自由と責任を訴えかけ、そこに目覚めさせることであり、そして実際にこの本は多くの人に勇気と希望を与え、読み継がれているからです。

このトピックでは、『夜と霧』を読んだ感想などをみんなでシェアできたらと思います。いろいろ僕も考えたことを書き込んでいくかも知れません。

長くなってしまいましたが、いろいろコメントをくださるとうれしいです。
よろしくお願いします。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ヴィクトール・E・フランクル 更新情報

ヴィクトール・E・フランクルのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済