ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 懐かしい物ふぁんくらぶ♪ > トピック一覧 > 戦え!超ロボット生命体トランス...

懐かしい物ふぁんくらぶ♪コミュの戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

トランスフォーマーシリーズのアニメ作品。米国版『THE TRANSFORMERS』シーズン1-2に相当する。米国では1984-86年、日本では1985年-86年にかけ初回放映された。

あらすじ
はるか昔、「トランスフォーマー」という超ロボット生命体が住む惑星・セイバートロンでは、サイバトロン(正義)とデストロン(悪)の二つの種族が惑星の覇権を巡り、戦争を続けていた。

この戦争の影響によって、セイバートロン星のエネルギーは枯渇しようとしていた。そのため、サイバトロンは総司令官コンボイの指揮の下、外宇宙へのエネルギー探索を開始。デストロンも破壊大帝メガトロンの指揮下で、これを妨害すべく追撃を開始。宇宙空間での戦闘中、双方の宇宙船が「とある惑星」の重力に引き寄せられてしまう[1]。両宇宙船はその惑星に不時着、彼らは全員機能を停止してしまうのだった。

それから400万年後、火山の噴火のショックで宇宙船の機能が回復。生命再生装置によりトランスフォーマーたちは「その惑星」のいたるところにあるエネルギーを蓄えられた物体の姿を借り、復活を遂げた。メガトロン率いるデストロンは「この惑星」の豊富なエネルギーに目をつけ、宇宙支配の野望を抱く。対するサイバトロンも、それを阻止せんと立ち上がった。

こうして、サイバトロンとデストロンは1985年の地球で、戦いを再開することになったのである[2]。


特徴

作画・描写
描写の特徴として、「変形の自然さ」が挙げられる。変形ロボットが登場するアニメにおいて、変形はバンクシーンが使用され、「1つのイベント」として描かれるのが常である。しかし、本作において変形はあくまでも「キャラクターの動作の1つ」として描かれている。オープニングでも、スカイワープに投げ飛ばされたマイスターが受身を取るために変形、車形態で距離を取り、勢いをつけ接近、再びロボットに変形し殴りかかるというシーンがある。合体戦士・合体兵士のトランスフォーメーション(合体)も同様だが、リーダー格の号令で合体開始、合体の最後に(唐突に飛んできた)装甲ギアがドッキングして完成などの(日本のロボットアニメ的な)演出も見られた(後に、変形が日常的な動作であるのに対し、合体は特別な動作であると後付け設定された。トランスフォーマーの合体及びデバスター参照)。

作画・演出上のミスが多く、以下のミスがあった。

キャラが突然入れ替わる
名前の呼び間違い
ある部隊の後ろにその合体形態がいる
背景が突然夜になる
捕らえられたキャラがなぜか自軍の基地にいる
紫、緑、オレンジ、黄色等のキャラクターリストにないジェットロン部隊(黄色のジェットロンは「サンストーム」として玩具も発売された)
扉などがTF並に巨大な人間の施設
キャラの色が変わったり、別軍のキャラがいる
しかし、ファンはそれらのミスも魅力として受け止めた。また、「パニック・ザ・クレムジーク」の回の珍妙な日本描写も話題を呼んだ。

デストロン軍団員の声には電子音的なエフェクトがかかっていた。

アニメーション制作は東映動画(現・東映アニメーション)が担当。実際の作画には多くの東映動画作品に参加していたスタジオNo.1も加わっていて、その参加回は「ダイナミックなアクション描写」「パースのかかった作画」といった同スタジオの特徴が見て取れる。また、No.1が参加した回はトランスフォーマーの変形も緻密ではないもののかなりロジカルに描いていて、玩具で行える変形パターンを想起できるものになっている。

また、アニメではキャラクターのデザインが変えられたり、パーツが省略されている場合が多いが、スタジオOX版で玩具を元にディテールアップされて描かれている。

主題歌
オープニングテーマ『TRANSFORMER 〜トランスフォーマー〜』
歌: 下成佐登子、作詞: 大津あきら、作曲: 筒美京平、編曲: 鷺巣詩郎
エンディングテーマ『Peace Again 〜ピース・アゲイン〜』
歌: 下成佐登子、作詞: 大津あきら、作曲: 筒美京平、編曲: 鷺巣詩郎

日本語版制作スタッフ
演出:田島荘三
翻訳:平田勝茂
効果:新音響
調製:近藤勝之
録音スタジオ:コスモスタジオ
VTRスタジオ:サウンドシティ・ビデオ
プロデューサー:諸橋健一(ムービーテレビジョン)
配給:ムービーテレビジョン
制作:コスモプロモーション

サブタイトル
31話と69-72話は関東地区では未放映。73話と74話は国内未放映であったがLDに収録された際に吹き替えが行われた。カッコ内はアメリカでの放映順。

(1). 地球への道 / More Than Meets The Eye:PART 1
(2). ルビークリスタルの秘密 / More Than Meets The Eye:PART 2
(3). 地球脱出! / More Than Meets The Eye:PART 3
(4). スペースブリッジ作戦 / Transport to Oblivion
(5). メガトロンの帰還 / Roll For It
(6). SOS!サイバトロン / Divide & Conquer
(8). ダイノボット誕生! / SOS Dinobots
(10). 謎の巨大隕石 / War of the Dinobots
(14). 地球消滅計画 / Countdown to Extinction
(16). セイバートロン星の掟 / Heavy Metal War
(17). フランケンシュタイン・スパイク / Autobot Spike
(18). ソーラーエネルギーを盗め! / Changing Gears
(21). リジェの裏切り / Traitor
トランスフォーマー誕生!(総集編)
(22). イモビライザー / The Immobilizer
(24). アトランティス浮上! / Atlantis Arise!
(26). ナイトバードの影 / Enter the Nightbird
(30). 対決!!ダイノボット PART I / Dinobot Island 1
(31). 対決!!ダイノボット PART II / Dinobot Island 2
(32). マスタービルダー / The Master Builders
(29). インセクトロン・シンドローム / The Insecticon Syndrome
(27). 二人のコンボイ / A Prime Problem
(19). スチールシティ / City of Steel
(33). ネガベイターを奪え! / Auto Berserk
(34). ミクロの決死隊 / Microbots
(35). メガトロン地球征服作戦 PART I / Megatron's Master Plan 1
(36). メガトロン地球征服作戦 PART II / Megatron's Master Plan 2
(37). ダイノボットの逃亡 PART I / Desertion of the Dinobots 1
(38). ダイノボットの逃亡 PART II / Desertion of the Dinobots 2
(40). タイムトラベラー / A Decepticon Raider in King Arthur's Court
(41). ゴールデンラグーンの秘密 / The Golden Lagoon
(42). スカイゴッド / The God Gambit
(43). 戦士トラックス / Make Tracks
(45). サバイバル作戦 / Quest for Survival
(46). オメガ・スプリームの秘密 / The Secret of Omega Supreme
(47). ギャンブル惑星モナカス / The Gambler
(54). 令嬢より愛をこめて / The Girl who Loved Powerglide
(48). パニック・ザ・クレムジーク! / Kremzeek!
(50). トリプル・チェンジャーの反乱 / Triple Takeover
(44). チルドレン・プレー / Child's Play
(53). アルファートリンを探せ! / The Search for Alpha Trion
(56). ベクターシグマの鍵 PART I / The Key to Vector Sigma 1
(57). ベクターシグマの鍵 PART II / The Key to Vector Sigma 2
(49). 変身の泉 / Sea Change
(55). ホイスト ハリウッドへ行く / Hoist Goes Hollywood
(58). 突撃エアーボット / Aerial Assault
(60). ヨーロッパ横断特急 / Trans-Europe Express
(61). 恐怖のコスミックルスト! / Cosmic Rust
(28). デバスターを倒せ! / The Core
(39). ブロードキャスト・ブルース / Blaster Blues
(51). ターゲットはコンボイ / Prime Target
(52). ブロードキャストVSサウンドウェーブ / Auto Bop
(62). スタースクリーム軍団 / Starscream's Brigade
(63). ブルーティカスの攻撃 / The Revenge of Bruticus
果てしなき戦い(総集編)
ダイノボット島の死闘(総集編)
巨人兵デバスター(総集編)
おわりなき死闘(総集編)
(65). ブルーティカスの復活 / B.O.T.
(59). ひきおこされた戦争 / War Dawn
(64). マスカレード / Masquerade
(7). スカイファイヤーの再生 / Fire in the Sky
(9). インカの秘宝 / Fire on the Mountain
(15). インセクトロンの謎 / A Plague of Insecticons
(23). トランスフォームをとめろ! / The Autobot Run
(11). 破滅の日 PART I / The Ultimate Doom 1 Brainwash
(12). 破滅の日 PART II / The Ultimate Doom 2 Search
(13). 破滅の日 PART III / The Ultimate Doom 3 Revival
地球最大の危機(総集編)
セイバートニウムを求めて(総集編)
スタントロンVSエアーボット(総集編)
コンバットロンの反逆(総集編)
(20). サイバトロンの逆襲 / Attack of the Autobots
(25). コンピュータの反乱 / Day of the Machines

アニメ未登場キャラクター

サイバトロン / Autobots

ダブルチェンジャー / OmniBots
自動車と、そこから武器や翼の展開する戦闘マシンに変形。この時期のトランスフォーマーと同じくダイアクロンの流用。日本ではロボットポイント通販商品。

オーバードライブ / OverDrive
フェラーリ512BBに変形。
バイナルテックではS2000に変形。ホンダは人型ロボットの開発に一日の長があったため、納期の最短記録をマークしている。
カムシャフト / DownShift
A60型トヨタセリカXX / スープラに変形。
国内ではカムシャフトとダウンシフトの名前が入れ替わっている。
ダウンシフト / CamShaft
SA22C型マツダサバンナRX-7に変形。
AlternatorsではアキュラRSXに変形。

ジャンプスターター / JumpStarters
ダイアクロンのアタックロボの流用品。プルバック走行し跳ねて自動変形。

トップスピン / TopSpin
ジェット機に変形。
ツインツイスト / TwinTwist
ドリル戦車に変形。

デラックスビークル / DeluxeVehicles
タカトクトイスの玩具。倒産後、金型は別メーカーに買い取られ製作されハスブロが販売。アメコミ版では「レッカーズ」なるチームに所属し活躍。

ロードバスター / RoadBuster
ジープ風装甲車に変形。元は「特装機兵ドルバック」のランド・キャリバー。
ホワール / Whirl
ヘリコプターに変形。「特装機兵ドルバック」のオベロン・ガゼットが元になっている。

トケイボット / WatchBots
ニューミクロマンシリーズのウォッチロボの流用。腕時計としても使用可能。ベルトから取り外して変形可能。[要出典]

オートセプター / Autoceptor
自動車に変形。日本ではロボットポイント通販販売。
ディセプター / Deceptor
飛行機に変形。

デストロン / Decepticons

デラックスインセクトロン / DeluxeInsecticons
タカトクトイスの玩具、「機甲虫隊ビートラス」の流用。

ランサック / RanSack
バッタに変形。
バラージ / Barrage
カブトムシに変形。
チョップショップ / ChopShop
クワガタムシに変形。
ヴェノム / Venom
セミに変形。


後期OP


(´・ω・`)この手のアニメはまともに見てませんでしたw
二本のトランスフォーム系アニメのほうが面白かったしねw

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

懐かしい物ふぁんくらぶ♪ 更新情報

懐かしい物ふぁんくらぶ♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済