ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 懐かしい物ふぁんくらぶ♪ > トピック一覧 > 大草原の小さな家

懐かしい物ふぁんくらぶ♪コミュの大草原の小さな家

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

(原題:Little house on the Prairie)はNHK総合テレビで1975年から1982年まで毎週土曜の18時台に放映されたドラマ(その後も数回に渡って再放送が繰り返し行われた)。NBC製作(1974年 - 1982年)。日本語版の台詞の翻訳は森みさ。

原作はローラ・インガルス・ワイルダー(1867年2月7日-1957年2月10日)による一連の半自叙伝的小説シリーズ。原作シリーズは『大きな森の小さな家(Little House in the Big Woods)』に始まり全9作を数えるが、テレビシリーズでは第3作の『大草原の小さな家(Little House on the Prairie)』以降を描いている。西部開拓時代のアメリカを舞台にしており、インガルス一家はウィスコンシン―オクラホマ―ミネソタ―サウスダコタと移り住む。ローラが生まれたウィスコンシン州を後にオクラホマへ移り、その後ミネソタへ向けて旅立つまでの話がまず2時間のパイロット版として制作され、続いてミネソタのウォルナットグローブという町を主な舞台とした連続ドラマが、9シーズンに渡り制作された。

新・大草原の小さな家
新・大草原の小さな家(原題:Little house: A New Beginning)は、1982年から1983年まで上述の『大草原の小さな家』シリーズの続編として制作されたテレビドラマである。制作は同じくNBC。日本での初回放送は1991年。当時NBCとしては大草原の物語は8シーズンで終わりにするつもりだったが、一部のファンの要望に応える形で彼らの「その後」を描くことになり、物語の中心が「インガルス家」から「ローラとアルマンゾのワイルダー家」に移された、題名も違う別シリーズとしての本作品が制作された。しかしながら前シリーズの象徴的存在であった父さんや母さんがほんの数回しか出て来ないことや、大人になったローラにキャラクターとしての魅力が以前ほど無かったことなどから視聴率は低迷し、わずか1シーズンでキャンセルされてしまう。現在では『大草原の小さな家』シリーズの第9シーズンとして扱われる場合がほとんどである。


2時間スペシャル
はからずもシリーズの最終回となってしまった第9シーズンの最終話はごく平凡な内容のエピソードで、9シーズンも続いた人気シリーズのフィナーレを飾るにはおよそ似つかわしくない代物であった。そこでNBCは3本の2時間スペシャルを最後の花道として、大草原の物語に永遠に別れを告げることとした。1作目は『きのうの日々(原題:Little House: Look Back To Yesterday)』と題されて1983年の秋に放映された。続いて放映されたのは3番目そして最後に撮影された『最後の別れ(The Last Farewell)』で、1984年のイースター(復活祭)期間中に放映された。シリーズとしてはこれが事実上の最終回で、ラストではウォルナットグローヴの町はダイナマイトで破壊されてしまい、視聴者に文字通り”最後の別れ”を印象づけた。そして、2番目に撮影された『この愛すべき子ら(Bless All The Dear Children)』は、長年シリーズを支えてくれたファンへの感謝の気持ちを込めたクリスマス特番として、1984年の冬に放映された。日本での初回放送は1991年で、年末特番として3夜連続で放映された。なお放送順は撮影順と同じで、『最後の別れ』が最後に放映された。


原作との違い
テレビシリーズということでかなり脚色されており、原作とはいささか趣を異にしている。このことから、原作を愛好する者からの批判もかなりあったのだが、テレビシリーズがきっかけで原作を手にした者も多く、また原作もテレビシリーズも両方好きだという者も多い。

テレビドラマ化される際、先住民(いわゆるインディアン)の問題をどう扱うのか、アメリカ本国では特に大きな話題になったと言われている。原作ではキャロライン・インガルスが先住民に対し好感情を持っていないと見られる描写が多く(それが当時のアメリカ人の一般像)、そのままドラマ化するのかどうかが興味の対象だった。実際には第1話にほんのわずか先住民との邂逅が描かれるが、以後のストーリーに先住民に関するエピソードはほとんど登場しない。その一方、黒人差別に関するストーリーは何話か存在する。

最初の方のシーズンでは原作に基づいた話が基本であったが、第5シーズンあたりから物語の内容が原作とは離れていった。しかしその物語の根底にあるものは原作と通じるところがあり、原作とは別のものとして十分に楽しむことが出来る。たとえば、第5シーズンで一家は一旦ウイノカという大きな町に移住し、その数回後にウォルナットグローブに帰って来るのだが、これは原作にはない。しかし、実際のインガルス一家は、ウォルナットグローブで農業に失敗したために、都会に移って知人のホテル経営を手伝っていたことがあった。その頃の暮らしは実際のインガルス家にとっては、都会の騒々しさに辟易したり、また旅の途中で生まれて数ヶ月の長男を失くしたりしたためにあまり幸せなものではなかったらしく、原作には全く出て来ないのであるが史実である。


登場人物(出演者)
インガルス家(第1〜第8シリーズの中心)

(農業他)父さん―チャールズ・インガルス(1836-1902、マイケル・ランドン、柴田吃А
(ネリーのレストランの給仕他)母さん―キャロライン・インガルス(1839-1924、カレン・グラッスル、日色ともゑ)
(長女/盲学校の先生)メアリー・インガルス(1865-1928、メリッサ・スー・アンダーソン、石川弘美)
(次女/学校の先生)ローラ・インガルス(1867-1957、メリッサ・ギルバート、大草原の小さな家佐藤久理子、新大草原の小さな家玉川紗己子)
(三女)キャリー・インガルス(1870-1946、リンゼイ&シドニー・グリーンブッシュ、冨永み〜な)
(長男…病気で夭折)チャールズ・インガルス
(四女)グレイス・インガルス(1877-1941)
(養子)アルバート(マシュー・ラボートー、坂上忍)
(養子)カサンドラ・クーパー(ミッシー・フランシス、土方結香)
(養子)ジョナサン・クーパー(ジェイソン・バトマン、菊地英博)
ワイルダー家(第9シリーズの中心)…結婚後のローラの家庭

(農業)アルマンゾ・ワイルダー(ディーン・バトラー、古川登志夫)
(妻/下宿屋)ローラ・インガルス・ワイルダー(メリッサ・ギルバート、大草原の小さな家佐藤久理子、新大草原の小さな家玉川紗己子)
(長男)病気で夭折
(長女)ローズ・ワイルダー
(アルマンゾ側の姪/養子)ジェニー・ワイルダー(シャナン・ドハーティー、藤枝成子)
※終わりの方では下宿屋を始め、モンタギューさんやアイゼア、結婚後のウィリー・その妻と一緒に暮らしていた。

(アルマンゾの姉/学校の先生)イライザ・ジェイン・ワイルダー(ルーシー・リー・フリピン、京田尚子)
ケンダル家…結婚後のメアリーの家庭

(夫/弁護士)アダム・ケンダル(リンウッド・ブーマー、松橋登)
(妻/学校の先生)メアリー・ケンダル(メリッサ・スー・アンダーソン、石川弘美)
(長男)火事で夭折
エドワーズ家(第3シリーズまで重要な脇。ビクターのみ第9シリーズレギュラー)

(農業)アイゼア・エドワーズ(ビクター・フレンチ、金井大)
(妻/郵便局窓口係…後に離婚)グレイス・エドワーズ(ボニー・バートレット、此嶋愛子)
※3人養子をとっていたが、その3人は実の兄弟であった。離婚後はグレイスが引き取った。

オルソン家(全シリーズにわたり重要な脇。第9シリーズにおいてもレギュラー)

(商店経営)ネルス・オルソン(リチャード・ブル、草難幸二郎)
(妻)ハリエット・オルソン(キャサリン・マグレガー、中村紀子子)
(長女/レストラン・ホテル経営)ネリー・オルソン(アリソン・アーングリン、竹内美香)
(長男)ウィリー・オルソン(ジョナサン・ギルバート、前田浩一)
(養子)ナンシー・オルソン(アリソン・バルソン、渕崎ゆり子)
ダルトン家…結婚後のネリー

パーシバル・ダルトン(スティブ・トレイシー、安原義人)
(妻)ネリー・オルソン・ダルトン(アリソン・アーングリン、竹内美香)
ガーベイ家(第4シリーズから第8シリーズまで重要な脇)

(農業)ジョナサン・ガーベイ(マーリン・オルソン、石田太郎)
(妻/盲学校の手伝い)アリス・ガーベイ(ハーシャ・パラディ、野口ふみえ)火事で死亡
(長男)アンディー・ガーベイ(パトリック・ラボートー、難波克弘)
カーター家(第9シリーズで重要な脇)

(馬車の修理屋)ジョン・カーター(スタン・アイヴァー、若本規夫)
(新聞記者)セーラ・カーター(パミラ・ロイランス、幸田直子)
ジェブ・カーター(リンゼイ・ケネディー、浪川大輔)
ジェイソン・カーター(ディヴィッド・フリードマン、中村幸介)
町の人々

(牧師)オルデン(ダブス・グリア、巌金四郎)
(開業医)ベイカー(ケビン・ハーゲン、穂積隆信)
(盲学校の先生)ヘスター・スー(ケティ・レスター、片山真由美)
(製材所経営者)ハンソン(カール・スウェンソン、寄山弘)
(学校の先生)ビードゥル(シャーロッテ・スチュワート、高林由紀子)
(学校の先生)プラム(レスリー・ランドン、鶴ひろみ)

撮影こぼれ話
キャリー役とグレイス役に関しては、撮影当時、低年齢の為、カリフォルニア州の州法に基づいて、双子を起用した。双子が交互に撮影に参加し、一人当たりの負担を減らすという手法がとられた。
メリッサ・ギルバートとジョナサン・ギルバートは、姉弟であるが、互いに養子であるため血縁関係ではない。
マシュー・ラボートーとパトリック・ラボートーは、兄弟であるが、血縁関係ではない。
スティブ・トレイシーとアリソン・アーングリンは、私生活においても仲がよく、自分達の全撮影分が終了後、二人は結婚した。しかし、スティブ・トレイシーがエイズにかかり、アリソン・アーングリンはエイズ撲滅運動に参加するようになった。

2005年版
2005年3月から4月にかけて、スタッフ・キャストを変えて、ABCの製作、全3話で放送されている。

オープニング
http://www.youtube.com/watch?v=bhHrOgOkXZw

Little House on the Prairie
http://www.youtube.com/watch?v=edzb-vHnpuI

(✪ฺܫ✪ฺ) よく見てました、アメリカの「サザエさん」みたいな番組でしたねw長寿番組でしたし。
お父さんがかっこよかったんですよね〜

外部リンク
The official historic site of the Little House on the Prairie
http://www.littlehouseonprairie.com/

Laura Ingalls Wilder Memorial Society
http://www.liwms.com/

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

懐かしい物ふぁんくらぶ♪ 更新情報

懐かしい物ふぁんくらぶ♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済