ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > お笑い > 医療者の笑える話 > トピック一覧 > 忘れられない患者さん

医療者の笑える話コミュの忘れられない患者さん

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


毎年夏の花火大会の季節になるとKさんのことを
ふと思い出します。その時僕はまだ20代後半で、
上司が主治医、僕が担当医という形で、
指示を仰ぎながら診療にあたっていました。

Kさんは、ホスピス病棟にご入院中の患者さんでした。
70歳を越えた、笑顔の素敵な女性で、
毎日、男女2人ずつのお子さんご夫婦と、多くのお孫さんたちが
入れ替わりお見舞いにいらっしゃっていました。

広めの個室は、お花や果物、小さなお孫さんが描いた絵やお手紙で
いつもいっぱいでした。

誰に対しても、とても穏やかに接していらっしゃいました。
ナースたちにも「あんなかわいらしいおばあちゃまになりたい!」と評判で
他の患者さんたちにも人気で、若い患者さんが、Kさんのお部屋で
泣きながら悩みをお話しているのを見かけたことがあります。

僕にも、大変丁寧に接して下さいました。
ご自分の病状を把握し、運命を受け入れていらっしゃるKさんに
「生涯最後の出会いがりん先生で、ほんとに嬉しい」と言って頂いたことは
僕の人生の宝ものです。また、ご家族には、僕のことを自分の孫の
ようだと話していたようでした。

その日は、町の花火大会でした。
ホスピス病棟は病院の高層階にあるのですが、
Kさんのお部屋からも、打ち上げ花火の音が聞こえるだけで、
花火は見えません。
その町で生まれ育ったKさんは、毎年欠かさず花火大会を見ていたそうです。

「今日は、子供たちも花火を見に行っていますから」

珍しく、お見舞いの方が来ておらず、Kさんは少し寂しそうでした。
ふと近くのお店に、花火セットが売っていたのを思い出し、
即行買いに行きました。

「Kさん、花火、しましょう」

驚くKさんを車椅子で連れ出そうとしていると、
丁度そこへ息子さんが一人でいらっしゃいました。
かくして、病院の庭で、小さな花火大会です。

線香花火に、火をつけて手にお渡しすると、
Kさんは少女のように笑っていらっしゃいました。

息子さん(50代後半)は、5本くらい束にして一度に火をつけて、
大きな玉をつくって、得意そうにお母さんにお見せしています。

打ち上げ花火の大きな音を耳にし、小さな線香花火に見入りながら、
多分、来年の花火大会を見ることはできないことをご存知のKさんが
あの時、何をお思いだったかは、わかりません。

秋が訪れようとする頃、Kさんは亡くなりました。
ご家族が集まり、諸々の手配を話し合っている時のことです。

「おふくろは、俺が連れて帰る」

「兄さんは遠いし、お母さん、私のこと一番かわいがってくれてたから、私が」

「いや、うちの子供たちが一番なついてたし」

ご家族が、一瞬顔を見合わせて、そして笑い出しました。
Kさんのお子さんたちは、みんな「自分が一番かわいがられている」と思っていたのです。
本当に素敵なご家族だなって思いました。

Kさんを見送って、病室を掃除していると、
ティッシュに包まれた線香花火の切れ端が、数本見つかったそうです。

「生涯最後の出会いがりん先生で、ほんとに嬉しい」。

素直に喜んだ僕ですが、Kさんは、他の出会いにも
きっと同じように感謝されていたのでしょうね。
でも、僕もKさん以外の患者さんも同じように大切にしてたわけですから、
おあいこです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

医療者の笑える話 更新情報

医療者の笑える話のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済