ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > インコ大好き! > 愛鳥が食欲低下し食べなくなりま...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

愛鳥が食欲低下し食べなくなりました。

愛鳥が食欲低下し食べなくなりました。 2016年11月12日 02:34
mixiユーザーmixiユーザー
小鳥センター病院で入院させていますが、預けた後ネットでみましたがすごく評判悪いので不安です。
連れて帰りたくなりました。。

注射をやたら打つ、体重増えてるのに強制給餌をさしてる。亡くなった後も入院費やエアコン費用など治療費に加算されると書いてありました。

実際どうなのでしょうか?
私の子と同じ状態の子で元気になった人いるのでしょうか?

コメント(44件)

[5]2016年11月13日 05:47
>>[3]

不安な事や気になる事を先生に質問する事は失礼ではありませんし、大切な鳥を任せている側としては当然知る権利でもありますよ。
もし尋ねる事で先生が気分を害して怒ったり不機嫌になったり・態度が変わったり、あるいはつじつまの合わないような事を言い出すようであれば、残念ながら信頼出来る医師とは言いがたいかと思います。

また、これまでずっとお世話になっていて信頼出来る先生がおられるようでしたら、あるいはお住まいの場所であれば他にも鳥専門医はおられますので、そちらでセカンドオピニオンされてみるのは如何でしょうか?(最初に診て貰った鳥専門病院はどちらでしょう?)
病院を変える事も検討されておられるようでしたら、少しでも早くセカンドオピニオンされる事はお勧めしたいと思います。

残念ながら弱っている鳥さんを連れて行く事は出来ませんが、そちらの先生に、今回書いてくださった小鳥のセンターで言われた事された事・入院している事・今現在の様子と病院でされている事・検査結果待ちである事等々をお話して、先生のお考えを聞かせて貰う事だけでもかなり違う事と思います。
(勿論全く同じ見解・診断方針を持たれている医師はいませんので、多少は違うと思いますが)

余談にはなりますが、診察時間が過ぎたから〜という事で、今診ている鳥さんのレントゲンを後日に回すことがあるのかどうか・・・という思いはあります。
興奮・弱っていてレントゲン撮影が危険という事であれば分かるのですが・・・。
それもまた医師や病院の方針の違いなのでしょうか・・・?

いつも診て下さっている先生であれば、今、鳥さんが減ってしまった骨格・体重がどの位のものであるのか(まだもう少し余裕が有る・ギリギリ等々)、これまでの飼育環境や健康履歴などからも色々とアドバイスしてくださると思います。
あるいは「この先生なら〜」と納得出来るかどうかだけでも違いますよね。

先生が「こちらの病院でも治療・入院は出来ますよ」と言われたら、信頼出来る先生に改めてお任せする事も可能だと思います。
その場合も、直ぐに鳥さんを移した方が良いのか・血液検査の結果を待ってからの方が良いのか〜も相談できると思います。

最終的にどう選択されるかは【なずな】さん と鳥さんの様子次第ですが、小鳥のセンターだけでしか診て貰えない・本当にそこで良いのか?と迷われて悶々とされるよりは選択肢も広がり、出来るだけ後悔しない・納得の行く方法で鳥さんと一緒に闘病してあげられると思います。

もし病院を移る事を選択された場合、レントゲンや血液検査の結果なども持参出来るかどうか〜までは分かりませんが、その旨をお伝えする事は可能かと思います。
難しかったとしても、行って貰った検査やその結果伝えられた病名などが分かっているだけでも、病院を変えてからの治療のスムーズさはまた違ってきますよ。

ただ、先にも書きましたが、「病院を変えたい」と伝える事・相談や質問をした事で、先生の態度が豹変「病院を移すと後悔するぞ」と言った状態になる場合は、あまり良い先生とは言えないかも・・・ですね。
仮に病院を変えるのを止めたとしても、その事がきっかけで、医師の、鳥や飼い主さんに対する態度がガラリと変わった場合も同じかと思いますよ。

無理にでも、時には移動予定の先生を介してでも、鳥さんを移せるようにされる必要があるかも知れないですね。
http://www.birds-ah.com/syoukai.html・・・一例として、こちらの動物病院医師の「基本方針」「権利」を参考にされてみてください。

あまりお役に立てず申し訳ありません。
新たな情報などの書き込みがあると良いですね。
また、鳥さんの様子が凄く気になりますので、検査結果やその後の事など、何か変化がありましたら是非教えて頂けたら〜と思います。
[6]2016年11月13日 05:55
>>[3]
すみません、補足になりますが・・・。

今回医師があげられた病名の場合(特にオウム病)、人と鳥、どちらにも感染する病気になります。
もし病名が確定した場合で、飼い主さんにも風邪のような症状など、気になる長く続くものがありましたら、病院で診て貰う事もお勧めします。

こちらに関して、医師に聞き、なんと答えられるのか確認する事も一案化と思います。
「人にも移りますか?」「病院で診て貰った方が良いですか?」等々。
[9]2016年11月15日 03:19
>>[7]
ご自身でも色々と調べられた、不安に思われる事を直ぐに先生に確認されたり、〜と、本当に鳥さんの事を思われているのだなぁと思います。
先生にもなかなか質問しにくい事もあるでしょうに、直ぐに聞かれたり、病院についても少しでも情報収集を〜と思われているのが分かりますね。

病院に関しては、本当にお役に立てず申し訳なく思います。
口コミからしか知る事が出来ないので、アレコレと思い巡らし、「こういう事はどうでしょう?」と書く事しか出来ないのですが、それを直ぐに質問等で実行されて伝えて下さるので、とても助かります。

「こういう事を聞いてみては?」と、病院や先生の反応が比較的分かり易い点を確認してみるようお勧めさせて頂いているのですが、「こういう説明をしてくれました」というご報告を頂くので、私の想像と印象では、口コミほど酷くはないのかなぁ・・・と思ったりする部分もあります。

口コミだけの印象だと、「そういう事は病院に任せてください」「病気の事は医師が一番知っています」といった、冷たい対応をされると想像していたのですが・・・^^;。
仮にそういう態度を取られたのだとしたら、「口コミ通りですね。病院を変えた方が良いと思いますよ。」とも書けたのだと思いますが、意外(?)な対応と言いますか・・・。

mixiで書かれている口コミはご存知だったんですね。
失礼致しました。
もう色々とご覧になっているとは思いますが、ネットで「小鳥のセンター 池袋 口コミ」で検索されると、割と大きな口コミさんとがヒットしますし、良し悪し、色々な事が書かれていたと思います。

実際に病院へ行かれ、直に先生とお会いして対応や印象を感じるのは【なずな】さん ご自身ですが、これまで病院へ行かれ・お話や対応を見られて、小鳥のセンターの印象は如何でしょうか?
血液検査の結果と、その結果出た病名への本格的な治療が始まるまではもう少し日数があるかと思います。

必要以上に不安をあおる必要はありませんが、実際に鳥さんを預かって貰っている病院なので、「こういう事もあるんだ」「こういう事は聞いておこうかな」「こういう点は違うかも」と思える部分もあるかと思います。
お見舞いにも頻繁に行く事が出来るようなので、その都度、まだ不安な事や、口コミを読まれて「こういう事はどうなんだろう?」と思う事がありましたら、どんどん確認されると安心ですね。

そうして最終的にそちらの病院でずっとお世話になるか、病院を変えられるか決めれれると良いかと思います。
鳥さんの事を一番良く分かっている 【なずな】さんが、一番良いと思える選択をされて下さいね。

またあまりお役には立てませんが、「こういう事がありました」等々、私にも教えて下さると嬉しいです。
私も鳥さんの事が心配ですし、自分がお世話になっている病院以外の事も色々と知りたいので助かります。



[10]2016年11月15日 03:39
>>[7]
今病院でされている治療(?)に関してですが、我が家の鳥達とお世話になった先生の経験から書かせて頂きますね。

1日1回されている注射は、多分翌々が落ちているので栄養剤のようなものなのかと思います。
脱水症状にならないよう、輸液補給などをして下さっているのかも知れないですね。
(こちらも口コミでは「1日に複数回注射をされて〜」とか書かれていたので、意外でした^^;)

鳥さんはリンゴをほんの少し自力で食べてくれているとの事。

「もし鳥さんが自分で少しでも食べる気力があるのであれば、そちらを優先させた方が良い」と伺った事がありました。
食べる気力が有る=生きようとしている、という事だそうです。
強制給仕だけにしてしまうと、鳥さんが自分で食べようとしなくなってしまうので、その日の鳥さんの食べる気力や量によって給仕の回数や量を調節して下さっているのかも知れないですね。

リンゴ以外にも餌が入っていたそうですね。
こちらは餌入れに入っていたでしょうか、床にまかれていたでしょうか?
床にまかれている方が、食欲の無い鳥さんでも拾い食いの習性があり食べようとし易いのですが、如何でしょう?
先生によっても方針が違うので必ず〜とは言えないとも思いますが・・・。

鳥さんが大好きな餌などはあるでしょうか?(粟穂など)
もし先生の許可が頂けるのであれば、大好きな餌が入っていると少し食べてみよう、と言う気持ちになってくれるかもしれないですね。
リンゴもお好きなのかな?

強制給仕で与えているのはフォーミュラー(流動食)でしょうか?
こちらだと種餌と違って流動食(お湯で溶いたもの)なので、水分が多く柔らかい糞にはなると思います。
流動食だと糞が柔らかい事も想定内、悪い菌や未消化のものが出なければ大丈夫かと思います。
少しでも体に栄養が吸収されてくれると良いですね。

血液検査の結果、はっきりとした病名が分かれば、その病気に対する治療法も分かりますね。
きっと回復してくれると願っています。

病院へ行かれるのも大変だとは思いますが、どうぞご自愛下さいね。


[11]2016年11月15日 03:44
>>[8]
今更出申し訳ないのですが、当方、白内障でパソコン画面をあまりよく見る事が出来ない等の波があります。
誤字脱字等、多々有り読みにくいかと思いますが、どうぞご了承下さいませ・・・。
[17]2016年11月15日 21:03
>>[13]
医師に質問をしたいする事はなかなか勇気がいる事だと思いますが、鳥さんのために不安に思われる事を聞かれている【なずな】さんは凄いなぁと思います。

病院に関しては、私も色々とお話を伺い、口コミほど悪くはないのかと思いました。
池袋と川口で違うのか、対応が変わったのか〜は分かりませんが、親切丁寧に受け答えして下さり、安心されたのではないでしょうか?
私も色々と知ることが出来て感謝しています。

>注射に関して:
必要最低限の回数と内容だと知り安心しました。
小さな体で調子の悪い鳥さんには、必要なものとは言え少しでも負担が少ないほうが良いですものね。

>強制給仕:
流動食ではなく、ペレット等をブレンドされたものを与えて下さっているんですね。
糞は柔らかい方が負担が少ないんですね。
環境変化もあり多少のストレスで何便気味なのかもしれませんが、先生がきちんと診ておられるので大丈夫なのでしょうね。

鳥さんはリンゴが大好きなんですか♪
鳥さんの食欲が無いときは、とにかく食べて貰う為に、何でも食べてくれるものを与えるように〜と私も医師から指導を受けました。
「食事内容の改善は、食欲体重が戻ってからすればいいのよ」という事でした。
きっとリンゴを与えているのも、鳥さんが食べてくれるからなのでしょうね。

ケージ内に置かれている餌は色々なものが用意されているんですね。
どれか鳥さんがその時の食欲・気分で食べてくれる物があれば〜という、バイキング(?)形式でしょうか。
そういう工夫もあるんですね。

鳥さんが頑張ってくれた事と、病院で集中して栄養補給をして下さったお陰で、少し体重が増えてくれたとの事。
強制給仕も止めて様子を見られる位にまでなった事、嬉しく思いますね。
このまま少しずつ自分でも食べてくれて、それで体重もまた増えてくれるようになると安心ですね。

>費用に関して:
入院・給仕・注射(処置)・レントゲン・検査となると、やはりそれ位かかってしまうのかも知れないですね・・・。
入院代に関しては病院やその病院が有る地域によって設定が違うこともあるようです。

因みに我が家のオカメのケースですが、給仕(数回)・点滴(数回)の入院4日間で約3〜4万でした。
1日の入院代は数千円との説明でしたが、それに処置代などがかかるとやっぱり高くなりますね^^;。

>病院について:
最終的には病院を変えられるそうですね。
どちらの病院へ移られるのでしょうか?
確かそちらも鳥専門医でしたね。

それまでのカルテを頂ける〜というのはとてもあり難い事ですね。
きっと病院を変わられてもスムーズに治療の引継ぎをして貰えるのではないかと思います。
検査結果で分かる病気も、治療法は色々とありますので、きっと長期になっても完治してくれると願っています。

色々と大変な中情報を有難うございました。
きっと小鳥のセンターについて知りたいと思われている方もまだおられる事と思います。
実際に病院へ行かれて感じた印象はとても貴重ですよね。
有難うございます。

ほとんどお役には立てていませんが、また何かありましたら是非教えて下さいね。
[18]2016年11月15日 21:03
>>[13]
医師に質問をしたいする事はなかなか勇気がいる事だと思いますが、鳥さんのために不安に思われる事を聞かれている【なずな】さんは凄いなぁと思います。

病院に関しては、私も色々とお話を伺い、口コミほど悪くはないのかと思いました。
池袋と川口で違うのか、対応が変わったのか〜は分かりませんが、親切丁寧に受け答えして下さり、安心されたのではないでしょうか?
私も色々と知ることが出来て感謝しています。

>注射に関して:
必要最低限の回数と内容だと知り安心しました。
小さな体で調子の悪い鳥さんには、必要なものとは言え少しでも負担が少ないほうが良いですものね。

>強制給仕:
流動食ではなく、ペレット等をブレンドされたものを与えて下さっているんですね。
糞は柔らかい方が負担が少ないんですね。
環境変化もあり多少のストレスで何便気味なのかもしれませんが、先生がきちんと診ておられるので大丈夫なのでしょうね。

鳥さんはリンゴが大好きなんですか♪
鳥さんの食欲が無いときは、とにかく食べて貰う為に、何でも食べてくれるものを与えるように〜と私も医師から指導を受けました。
「食事内容の改善は、食欲体重が戻ってからすればいいのよ」という事でした。
きっとリンゴを与えているのも、鳥さんが食べてくれるからなのでしょうね。

ケージ内に置かれている餌は色々なものが用意されているんですね。
どれか鳥さんがその時の食欲・気分で食べてくれる物があれば〜という、バイキング(?)形式でしょうか。
そういう工夫もあるんですね。

鳥さんが頑張ってくれた事と、病院で集中して栄養補給をして下さったお陰で、少し体重が増えてくれたとの事。
強制給仕も止めて様子を見られる位にまでなった事、嬉しく思いますね。
このまま少しずつ自分でも食べてくれて、それで体重もまた増えてくれるようになると安心ですね。

>費用に関して:
入院・給仕・注射(処置)・レントゲン・検査となると、やはりそれ位かかってしまうのかも知れないですね・・・。
入院代に関しては病院やその病院が有る地域によって設定が違うこともあるようです。

因みに我が家のオカメのケースですが、給仕(数回)・点滴(数回)の入院4日間で約3〜4万でした。
1日の入院代は数千円との説明でしたが、それに処置代などがかかるとやっぱり高くなりますね^^;。

>病院について:
最終的には病院を変えられるそうですね。
どちらの病院へ移られるのでしょうか?
確かそちらも鳥専門医でしたね。

それまでのカルテを頂ける〜というのはとてもあり難い事ですね。
きっと病院を変わられてもスムーズに治療の引継ぎをして貰えるのではないかと思います。
検査結果で分かる病気も、治療法は色々とありますので、きっと長期になっても完治してくれると願っています。

色々と大変な中情報を有難うございました。
きっと小鳥のセンターについて知りたいと思われている方もまだおられる事と思います。
実際に病院へ行かれて感じた印象はとても貴重ですよね。
有難うございます。

ほとんどお役には立てていませんが、また何かありましたら是非教えて下さいね。
[22]2016年11月17日 02:48
>>[19]
鳥さんの転院お疲れ様でした。

小鳥のセンターも口コミで見聞きいていたよりは良い対応だったようですが、やっぱりご自身が一番納得と信頼をして預けられる病院が一番ですよね。
新たしい病院探しも大変だったと思いますが、まずは無事に転院出来て安心しました。

レントゲンは通常だと引き継いでくれる病院へ渡してくれるんですね。
転院もなかなか無い事だと思うので、お話は凄く参考になります。
人間の転院と同じなんですね。
情報を有難うございました。

・・・再度レントゲンを撮る事は鳥さんにも大変だとは思いますが、これからきちんと診て頂くためにはどうしても必要になってしまいますね。
それでももう病院を替わる事無くずっと診て貰えるので、少し気持ちは楽でしょうか・・・。

ただ、改めて診て頂いた結果、あまり鳥さんの状態がは良くないそうですね・・・。
凄く痩せておられたとの事でしたが、体重はどの位になってしまったのでしょうか・・・?
給仕で少しだけですが体重が増えてくれたと伺っていましたが、それでもやっぱり元々あった時の体重に比べるとかなり痩せてしまったのでしょうか・・・。

小鳥のセンターでは少し食欲が出てくれて強制給仕を止めた〜と伺っていたので、少し回復してくれたのかと思っていたのでちょっとショックですね・・・。
固形物を強制給仕されていたとも伺っていましたが、きちんと消化・吸収されていなかったのでしょうか。

そうなると便の様子も新派になってきますね。
軟便とのことでしたよね。
未消化の餌が糞に混じって出ていたりすると、消化されていなかった事になりますね・・・。
移転された病院ではそのう・糞の検査結果が如何だったでしょうか?
ちょっと気になります。

肌の色が悪いという事は、貧血を起こしているという事でしょうか?
だとすると脱水症状やふらつきなどもありますよね・・・。
とても心配な事が色々と出て来てしまいましたが、今の鳥さんの状態をしっかりと新しい病院で見つけ・様子を把握して下さったので、きっと改めてきちんとした注射や給仕などしてくださると思います。

今度は信頼出来る病院での治療になりますね。
これから少しずつ鳥さんも先生方も頑張ってくれると思います。
私も是非、応援させて頂きたいと思います。

病院を転院されるまで気持ちも落ち着かなかった事と思います。
血液検査の結果が分かるまでの不安だとは思いますが、これまでお見舞いに行く事も大変でしたので、ゆっくり休まれて下さいね。
信頼出来る病院にめぐり合えて良かったです。
[24]2016年11月18日 02:33
>>[23]
毎日のように病院へ行かれ、お疲れ様です。

痩せている事など心配な事もありますが、信頼出来る先生にお願いできて少し気持ちは落ち着かれたでしょうか?
心配していた食欲は、鳥さん自身で一生懸命食べてくれているようで、注射・給仕無しとの事。
鳥さん頑張っていますね。

ほんのひと時ですが、退院できてきっと安心もしたのでしょうね。
【なずな】さん がいつもお顔を見せてくれているのできっと安心もしているのでしょうね。

貧血・脱水症状も心配ですが、先生が把握して下さっていることはとても心強く思います。
レントゲンの結果は如何だったでしょうか?

こちらに随時書かれる事も大変かと思いますので、無理されず出来る時に教えて下さいませ。
いつもお疲れ様です。
[27]2016年11月19日 02:46
>>[25]
改めてきちんと検査等して頂き、色々と体の不調・病気が見つかったんですね・・・。
鳥さんにも【なずな】さんにも不安な事だらけだと思います。

・・・ただ、ここまで色々な検査項目・結果が分かるなんて凄いと思いました。
糞・そのう・触診検査に加え、レントゲン・血液検査、そうして白血球の数値・感受性検査・・・。
本当に鳥専門で色々な検査機器や経験が豊富な先生ですね。

我が家でこれまで飼っていた鳥達では、鳥の調子が悪かったという事もありますが、これまで血液検査をして貰った子は1羽もいませんでした。
レントゲン・エコー位まででしょうか・・・。
バリウムもして貰った事はありません。

鳥さんのバリウムってどんなものなのでしょうか・・・?
人のように何かを飲ませるのでしょうか?
して貰った事がないので想像がつきません・・・^^;。

勿論、我が家の鳥達にそういう検査が必要無かったという事なのですが、もし血液検査をして貰っていたらそれ程の結果が分かったのかな、と思ってしまいます。
良い病院に出会えましたね。

・・・話がそれてしまいましたが、色々な状態が分かり、いよいよこれから治療になるんですね。
感受性検査と言うものがある事は初めて知りました。
再度の血液検査になるそうで鳥さんも大変だとは思いますが、これで効果のあるお薬が分かってくれることを願っています。

センターでの血液検査の結果は出たのでしょうか?
始めに言われていた、考えられる菌や病名は如何でしたか?
もしセンターでそのまま治療をされていたらどうなっていたのか・・・と思います^^;。

強制給仕も始まったそうですね。
鳥さんも検査や体力が戻らなくて辛い事と思いますが、きっと先生が一生懸命原因と治療法を探してくれますよね。

【なずな】さんも、センターからずっと病院へ行ったり来たりの疲労と、鳥さんを心配する心労があると思います。
どうかお体を大事にされつつ鳥さんのお見舞い等されて下さいね。
いつもご報告を有難うございます。

[30]2016年11月20日 23:35
>>[29]
毎日お見舞いに行かれ、お疲れ様です。
鳥さんが、面会に来てくれると名前を言われるそうで、とても嬉しいのでしょうね。
【なずな】さんが来てくれる事を心待ちにされているのでしょうね。

感受性検査は中止されたとの事。
検査には有る程度の量が必要なんですね。
残念ではありますが、鳥さんの貧血を治す事が一番ですし、鳥さんの体の事を気遣って下さっているからこその先生の判断ですよね。

あとは小鳥のセンターからの血液検査結果を待つだけでしょうか・・・。
こちらの結果が出て病名が有る程度特定出来るだけでも、これからの治療の参考になりますよね。
どんな結果が出るのか待ちたいと思います。

鳥さんも頑張って自力で食べてくれているとの事で、少し安心ですね。
食べようとする気持ちがあるだけまだ頑張ってくれているのだと思います。
そうして先生の強制給仕と2人三脚で少しずつでも体重が戻って来てくれると良いですね。

因みにこちらの先生がされている強制給仕はフォーミュラー(流動食)でしょうか?
センターのような固形物でしょうか?

【なずな】さんも先生任せにされるのではなく、鳥さんの体に良さそうな物を調べたり、一生懸命されているんですね。
本当に鳥さんの事を大事にされている事が分かります。
リンゴとカボチャ、沢山食べてくれたそうで、良かったですね。
大好きなお母さんからの差し入れに、鳥さんも喜ばれたのではないでしょうか。

貧血や体重減少の原因となる病気が何か心配ではありますが、鳥さんも先生も 【なずな】さんもそれぞれ頑張っておられますので、きっと良くなって行く事と思います。
気をつけて病院へ行かれてくださいね。

いつもご報告を有難うございます。
[32]2016年11月23日 03:12
>>[31]
こんにちは。
その後鳥さんの様子は如何でしょうか?

毎日飼い主さんが来てくれて、鳥さん思いの先生もおられて・・・。
いつもと違う心細さはあるかも知れないですが、安心してお任せできますね。

小鳥のセンターと今お世話になっている病院での検査結果が気になりますね。
病気が無いに越した事はありませんが、原因があればはっきりと出て治療法も決まってくれた方が安心でしょうか。
ハッキリすると良いですね。

強制給仕はフォーミュラーなんですね。
奥まで入れて飲ませる方法でなくて良かったです^^;。
こちらの給仕方法は私も無理ですね・・・。

流動食だと消化も良い事と思います。
センターでは直接奥に固形物を入れていたのでしょうか・・・?
なかなか固形物を強制給仕と言うのは聞いた事が無いもので???です。

寒さが厳しくなってきましたので、お体に気をつけつつお見舞いに行かれて下さいね。
[36]2016年11月26日 03:36
>>[35]
こんにちは。
小鳥のセンターから検査結果の連絡があったんですね。
どの感染症でもなくて安心しました。
もしそのまま小鳥のセンターで入院する事になっていたら、その後どんな治療をされたのでしょう^^;。
そう思うと、今の病院へ移って良かったですね。

鳥さんはなかなか体重が増えないそうですね・・・。
消化吸収がきちんと出来ないのでしょうか・・・。
先生が給仕して下さっており、鳥さん自身も食べてくれているので、少しずつで増えて行って欲しいです。

【なずな】さんも奥まで入れる強制給仕の方法を教わったんですね。
凄いです。
あの小さな喉に入れるのはさすがに私もした事が無く・・・。
指導をしっかりされる先生は流石ですね。

PBFDの可能性も疑って注射での治療をされる事になったそうですね。
どんな原因にも対応される、とても信頼出来る先生で良かったですね。

インターフェロンの注射は、名前は聞いた事が有りました。
でも実際に治療をされている方は知りませんので、良かったらこれからも注射について・先生からのお言葉など、色々と聞かせてくださいね。

腫瘍にも効果が有るかもなんですか。
我が家には以前腫瘍の子がいたので、もしかするとその時にこういう注射方法が確立していれば少しでも違ったのかなぁなんて思います。
他の方もきっと気になっていると思いますので、良かったら色々と教えて下さいね。

今の所鳥さんの体調不良の原因や退院の見通しはまだ経っていないのでしょうか・・・。
ゆっくり先生の下で治療と給仕をされつつ、退院に備えて体力をつけて欲しいです。
【なずな】さんも気をつけて病院に行かれて下さいね。

いつもご報告を有難うございます。
[42]2016年12月01日 02:51
>>[41]
こんにちは。
鳥さん、退院されたんですね。
慣れ親しんだお家に帰ってくる事ができて鳥さんも安心されているのではないでしょうか・・・?
【なずな】さんも給仕や体重測定等、色々とお世話が有りますが、やっぱり愛鳥が家にいてくれる事はう嬉しいものですよね。

まずは一時退院おめでとうございます。

ウィルス検査の結果も出たそうですが、マイナスだったとの事ですね。
これで一通り、考えられる検査と結果が出たところでしょうか?
何が原因だったのか〜は分からないんですね。

原因が分からない事は疑問でもありますが、一通り検査して貰う事が出来た事は良かったですよね。
あとは自宅でのお世話と先生との連携ですね。

今は鳥さんも時分で食べてくれるようになったり、皮膚の色も少し血の気が出てこられて貧血の方も良くなってきているみたいで嬉しいです。

【なずな】さんが、鳥さんの為に色々と調べて積極的に先生と連携を取られているので、鳥さんもきっと心強い事と思います。
参考にされた際とも教えて下さり有難うございます。
PBFDに関しては気になっている方も多いと思いますので、参考になるのではないでしょうか。

紫外線ライトを使っての日光浴は我が家でも重宝しています♪
とても幅広い選択肢(出来ること)があり、先生も一緒に考慮してくれて、本当に鳥に詳しく優しい先生ですね。

慣れたお家で【なずな】さんの元での生活に戻り、貧血が良くなってくれて、最終的な検査が出来るように願っています。
本当に【なずな】さんの熱心さには感服いたします。
[44]2016年12月07日 03:04
>>[43]
毎日、目が覚めると愛鳥がいてくれるというのは良いものですよね。
鳥さんもきっと 【なずな】さんがおられるので安心されているのでしょうね。

体重はゆっくり・少しずつでは有るみたいですが、食欲があるのは安心ですね。
お給仕も温かいとよく食べてくれるようで♪
一生懸命食べている姿が目に浮かびます。

今もまだ1週間に1回のペースで病院に通われているとの事ですが、お見舞いよりは気持ちもどこかホッとされているのではないでしょうか?
また体重が増えて・貧血が治った時に、血液検査で何か分かると良いですね。
いつもご報告を有難うございます。

追伸:紫外線ライトは半年に1回の交換が必要なんですか!?
知りませんでした。
情報を有難うございます。

ログインすると、残り29件のコメントが見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

インコ大好き!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

インコ大好き!